■香川一福

立川の讃岐うどん屋さん。香川に本店があり、東京神田に進出したお店がミシュランのビブグルマンに載ったということで有名です。ミシュランガイドに載ったお店のうどんということで食べに来てみました。

ぶっかけ、釜玉、天ぷらのトッピングなどいろいろありましたが、甘辛のつゆが魅力的な牛肉うどん(中 750円)にしてみました。食券を買ってカウンターで受け取る半セルフ方式です。
まずはお出汁のつゆから。鰹節がふわっと香るやさしい味という感じ。麺はやや細めですが、コシがしっかりしています。牛肉はバラ肉で牛丼の上に乗っているような甘辛の味付け。煮込まれたタマネギもたっぷり入っています。味が濃すぎず、牛肉うどんとしては上品な感じがしますね。
途中から青ネギを増量、天かすと生姜も入れて少し味を変えてみましたが、さっぱりした感じが加わっておいしかったです。天かすも油っぽすぎない感じでした。

おいしいうどんでしたけど、ミシュランに載ったポイントまではなかなか分からないですね。カレーうどんも人気みたいです。
回転が早いようで、お客さんは入っていますけど、すごく混んでいる感じではありませんでした。この辺りは近くに蒙古タンメン中本天下一品もあり、さすが低価格グルメの街立川という感じです。
[MAP]
(Mu-To)
Kagawaippuku

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■浜木綿 牡蠣の四川麻婆豆腐ランチ

五日市街道沿いの中華料理屋さん、浜木綿。久々にランチに来ました。
浜木綿と言えば花珠ランチと冬の牡蠣です。牡蠣の宮保炒めもかなりおいしいのですが、今回は初トライで牡蠣の四川麻婆豆腐ランチ(1188円)にしてみました。

ランチは、ご飯に玉子とキノコのスープ、さらに棒棒鶏とキクラゲの小鉢も付いてきます。こちらの棒棒鶏、ゴマダレにナッツがたっぷり入っておいしいんですよね。
牡蠣は宮保炒めと同じような感じで揚げられたものが麻婆豆腐に絡まっています。ふっくらした牡蠣が豆板醤のタレにあっておいしい。麻婆豆腐は、お肉も豆腐もたっぷり入っていて、ご飯が進みます。結構辛いですけど、辛すぎるというほどではなく、なかなか絶妙な辛さ。食欲が進むちょうどいいポイントという感じです。
さすが浜木綿の牡蠣は鉄板ですね。宮保炒めもいいですが、麻婆豆腐も捨てがたいです。

お昼の時間帯、結構混んでいて少し待つ感じでした。さすが人気があります。名古屋を中心に展開する浜木綿ですが、以前は関東はここだけと思ったら、横浜の青葉台にもあるようです。
[MAP]
(Mu-To)
Hamayukakimabo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■おぼんdeごはん

nonowa国立Westのレストラン。駅にあるのでいつでも行けると思って、却ってなかなか行かなかったお店です。カフェ&ミール エンの系列店みたい。ランチに入ってみました。

ランチはお肉やお魚、丼のランチなどがあり、お肉ランチ(1080円)を選びました。この日は、豚肉と冬野菜のトマト七味定食です。ご飯は、白米と五穀ひじきご飯、キヌア入りご飯から選べて、キヌア入りご飯にしてみました。ご飯とお味噌汁はおかわり自由です。

まずサラダなんですけど、ドレッシングがすりおろしタマネギの甘さがよくおいしいです。ハルダイニングのドレッシングにちょっと味が似ていました。小鉢がいろいろ付いているのもうれしいですね。お豆の使われているポテトサラダと、刻んだキャベツの酢漬け。お漬物もシソの味が効いていてよかったです。

メインですが、軽く揚げた豚肉にトマトの味が加わったエビチリみたいなソースがかかって、これがナスや舞茸などの野菜にぴったりあっておいしいです。ご飯が進む味です。さてところで、写真の1枚目と2枚目に違うところがあるのですがどこでしょう。
実は、お肉を1個食べたところで「すみません、焼きネギを入れ忘れてました~」ということで途中で投入になりました。ネギも甘みがあって、ピリ辛のソースに合うので間に合ってよかった。
キヌアご飯も食感がよく、健康的な感じでいいですね。お味噌汁も鰹節の味がしっかり出ていておいしかったです。

メニューがいろいろあり、おかずが豊富で健康的なところがいいですね。お店も明るくてカフェのようにのんびりすることもできそう。駅にこういうお店があると、近くの会社に出張するサラリーマンのグループとかには便利だと思います。遠くにいかずに、それぞれが好きなものを選べて、食べた後少しゆっくりしてもいい感じですし。いつもよくお客さんが入っているのがよくわかりました。
[MAP]
(Mu-To)
Obondegohan1 Obondegohan2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■口福堂 柿安 いちご大福

ららぽーと立川立飛で買い物の帰り、口福堂でいちご大福(259円)を買いました。こし餡とつぶ餡、あとショコラというのがあったのですが、こちらはこし餡です。
この前ふと食べたくなって、某コンビニで売っていたのを買ったのですが、これがちょっと残念な味でした。桜餅の時はセブンイレブンのが結構いけたのですけど、いちご大福はお店によるレベルの差がかなり出るように思います。

口福堂のいちご大福は割とおいしいです。お餅と餡子とイチゴですが、イチゴがフレッシュか、という点と、お餅と餡子が水分の多いイチゴにちゃんと合うようにできているか、というのがポイントなのかなと思いました。
いちご大福は1985年頃に出来たようですが、確かにその頃から見かけるようになった気がします。和菓子の中でも味に変化があって、食べた満足感があるところがいいと思います。

別の日ですが、おはぎがいろいろ108円ということで、ずんだおはぎ(108円)などを買ってみました。
緑色がすごく鮮やかです。ずんだって、もっとねっとりしたものをイメージしますが、こちらのはサラッとしています。ずんだの味はやや弱めで、きな粉みたいな感じ。中には餡子の入ったもち米のおはぎが隠れていて、ずんだとの組み合わせが爽やかでおいしい味でした。
きな粉のおはぎも食べ比べたのですが、こちらはやや塩が効いていますね。あと餡子の入っていないおはぎです。一番定番ですが、こし餡のおはぎが餡子が滑らかで満足感の高い味でした。

口福堂、なかなかコストパフォーマンスが良くていい感じです。
[MAP]
(Mu-To)
Kofukudoichigo Kofukudozunda

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■裏紅葉 黒トリュフの油そば

国分寺駅北口、つけ麺屋の紅葉にやってきたら、火曜から土曜のお昼限定で別ブランド、裏紅葉として油そばをやっているということで、今回は油そばにしてみました。

黒トリュフのまごわやさしい油そば(並 700円)です。「まごわやさしい」は、使っている素材、マメ、ゴマ、ワカメ、野菜、魚、シイタケ、芋の頭文字らしい。麺は太麺と平打ち麺が選べますが太麺にしました。

結構どっさり具材が乗っている感じですね。まずはそれぞれの味を楽しんで下さいということだったので、手前の黒トリュフとタルタルからいってみましたが、トリュフの香ばしさとタルタルと麺が不思議と合いますね。マイルドな中に立ち上がってくるコクのような感じ。
その後、具材を一気に混ぜて、挽肉、ナッツ、海苔、水菜にネギ、魚粉、メンマにゴマ、お芋、一緒にいただいてみました。挽肉とマヨネーズが中心のマイルドな味ですが、紅葉らしい、食べ応えのある麺によく絡んでおいしいです。刻みタマネギを加えると、さらにバランスがよくなります。
マヨネーズ系のまぜそばとして、以前立川にも出店していた日の出ラーメンを思い出しましたが、トリュフを使っていることもあってか、それよりは少し上品な感じがします。いろいろこだわりが感じられて、オリジナリティもあるおいしいまぜそばでした。

私の行った時間帯は紅葉と同時営業で、つけ麺は火曜以外は昼、夜食べられるようです。月曜定休。最近来ていませんでしたが、またつけ麺も食べたくなりました。
[MAP]
(Mu-To)
Uramomiji

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■もうまてん

国立の富士見通り沿いを結構下った先にある、牛すじのトマト煮込みが目玉のカフェ。スーパーさえきの2F、ソウル家の奥です。
ランチは牛すじのトマト煮込みのパスタかリゾット、またはご飯付きのセットの3種類ということで、リゾットのランチ(990円)をいただいてみました。

お皿の縁にきんぴら、ポテサラ、ニンジンとダイコンのピクルスが乗っています。
リゾットはチーズがたっぷり使われている感じで、トマトの味とマッチしておいしいです。煮込まれた牛すじも、すじは歯ごたえがありますがお肉の所は柔らかく、うまみがある感じ。これも結構たっぷり入っていました。煮込んだプチトマトもいい味を出しています。オレガノ、バジルのアクセント、さらにピクルスを合間合間に挟むと、味の変化も楽しめます。自慢と言うだけあって、なかなかおいしいリゾットでした。
ドリンク付きで食後にコーヒーをいただきました。

さえきの2F、入口は若干さびしい感じですが、こちらのお店は明るくて、おしゃれなカフェらしい内装でした。駅から離れてる場所ではありますが、お客さんも結構来ていて、目玉の牛すじ煮込みとくつろげる雰囲気が人気なのかなと思いました。
[MAP]
(Mu-To)
Momaten1 Momaten2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■オリーブハウス

国分寺の駅ビル、セレオのレストラン街にある洋食レストラン。カレーで有名な新宿中村屋の系列店です。ずっと前からあるのに来ていませんでした。ランチに入ってみました。

中村屋と言えば、インド独立運動の志士ボースが伝えたというカレーです。ちょっと高いですけど、インドカリー(1512円)をいただいてみました。
洋食屋さんらしく、ルウが別の器で来るスタイルです。いわゆる日本のカレーよりはちょっとさらっとしていますが、インド料理屋さんのカレーとも違いますね。ただスパイスの味はしっかりしています。結構辛いけど、辛すぎるほどではありません。じっくり煮込まれた骨付きチキンが入っていて、ルウの味もご飯に合います。

また福神漬の味がかなり良くて、本当にカレーの味にぴったり。一緒に食べるとちょうどよくおいしいです。食べている時に気づいたのですが、ルウの器が分かれているのは、先にかけてしまうとご飯が汁気を吸いすぎてしまうからなのですね。食べる前にかけるのがいいみたいです。

お昼時、お店は結構混んでいました。価格帯はやや高めに思いますが、ちょっといい洋食を食べたくて来る人が多いのかなと思いました。
[MAP]
(Mu-To)
Olivehouse

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■Monthly Sweets はらロール+カフェ

国立駅2月のマンスリースイーツは、はらロール+カフェです。国分寺セレオや立川ルミネに入っていますけど、マンスリースイーツ国立には初登場。豆乳を使ったロールケーキ、定番のはらロール(1080円)と、季節のフルーツロール(540円)を買ってみました。

はらロールは、甘さ抑え目で相変わらず安心できるおいしさです。スポンジの弾力とミルキーなクリームが特徴ですかね。昔の写真を見て気づいたのですが、以前はローソンのプレミアムロールケーキみたいにスポンジは周りだけで真ん中にクリームが詰まったタイプだったんですね。

フルーツロールも少しもらってみました。イチゴとメロンの爽やかな甘みとジュレがロールケーキに合っていました。ただ、前回国分寺セレオのお店で食べた桃ロールのフレッシュ感がすごかったので、それよりは若干インパクトが落ちる感じ。好みもあるかと思いますが、フルーツの組み合わせが大事なのかなと思いました。

バレンタイン向けのチョコロール等もありました。マンスリースイーツは今年初利用。ちなみに1月は2回目のブーケで、3月は3回目の北匠庵のようです。
[MAP]
(Mu-To)
Monthlyhararoll

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■BAKE チョコチーズタルト

焼きたてチーズタルトで有名な立川駅構内のBAKEにて、バレンタインデーに向けて2/14までチョコチーズタルトを売っているということで買ってみました。

プレーンは216円ですが、チョコチーズタルトは248円です。家にはお土産にボックスでプレーンを買いつつ、その場でチョコを1ついただきます。
滑らかなチョコのクリームがトロトロです。チョコの味がしっかりしつつも、濃すぎずにマイルドな甘さです。タルトは二度焼きで固めですけど、ほんのりした甘みがちょうどよく、こちらはカカオの味もしてクリームにぴったりです。
チョコのタルトはカスタードマニアにもありますけど、さすがBAKEは安定のおいしさという感じでした。

駅構内で手軽に買えるのはいいのですが、食べるスペースを用意してくれると嬉しいのですけれどね。
[MAP]
(Mu-To)
Bakechoco1 Bakechoco2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■お料理 結い

国分寺駅から殿ヶ谷戸公園の裏側方面に行ったところにある、国分寺街道沿いの和食のお店。ランチは釜飯を出しているいうことで古めの小料理屋風のお店をイメージしていたら、ちょっとモダンな感じの内装にきれいなカウンター、椅子席、座敷席があるちょっとした個室料亭みたいな感じのお店でした。板前さんが料理を作ってくれるお店です。

釜飯はいろいろ種類があって選べるのですが、鶏五目釜飯(1058円)にしました。さらに、せっかくなのでお刺身や小鉢のつくセット(1080円)を付けてみました。
釜飯は目の前で炊くスタイル。お店の方が時間を計ってくれますが、蒸らしもあるので少し時間がかかります。
お刺身は、説明してもらったのに種類は忘れてしまったのですが、すごく新鮮でおいしかったです。またナスの揚げ浸しの出汁がすごくおいしい。上に乗っている鰹節の香りもよくて、上品なお味でした。お漬物もしっかり漬かっています。

出来上がったら釜飯をよく混ぜていただきます。出汁の味がじんわりしておいしいですね。鶏肉もぷりっとした食感です。他の具材はキノコ、ニンジン、コンニャクなど。釜飯は出来上がった直後に、まずお刺身で一杯。余熱でおこげができたところで、香ばしさを楽しみながら一杯。そして最後にお漬物でさっぱりと一杯、という感じでおいしくいただきました。ナメコ汁も釜飯によく合っていました。
最後にまた温かいお茶をもらって、デザートに杏仁豆腐をいただきました。こちらもすこし固めの食感がよかったです。

ゆったりランチをするのにはいいですね。お料理のクオリティが高いのでセットがオススメです。釜飯と言えば国立にも萬月がありますけれど。駅からちょっと遠いので、あまりサラリーマンがランチに食べるという感じではないかなと思いました。平日だったのですけれど、予約して会食されている方がたくさんいました。ちょっといい料理屋さんとして使われているみたいです。
[MAP]
(Mu-To)
Oryoriyui1 Oryoriyui2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«■ぐぅ 鯛茶漬け