■きりたんぽ

国分寺駅南口を西の方に行ったところにある秋田料理のお店。赤BEKO亭くいしん坊の近く。今は別のお店ですが、以前ヴィンチェレがあったビルの地下です。ランチに入ってみました。

ランチは3種。まぶし丼、稲庭うどんとある中、地鶏しょっつる丼(800円)を選んでみました。稲庭うどんって、秋田発祥のうどんだったんですね。
サラダ、味噌汁、お漬物、冷奴付きです。しょっつる丼は、しょっつる鍋のスープを野菜炒めのあんかけにしたもの。チンゲン菜、白菜、ニンジン、しいたけなど、さっぱりした中華丼みたいな感じです。タルタルみたいなソースがかかった地鶏の唐揚げが上に乗っているので、一度よけてからよく混ぜていただきました。あんかけはしょっぱくはなく、野菜がたっぷりご飯のボリュームもたっぷりで、おいしくいただきました。

地下なので、知っていないと気付かなそうです。掘りごたつ式のテーブルとカウンターで、お店はわりときれいな感じでした。年配のご夫婦で切り盛りされているみたいですが、地元が秋田の方なのでしょうね。常連のお客さんもわりと年齢層高めな雰囲気。静かにランチをしたい時にいいかなと思いました。冬に、夜きりたんぽ鍋をいただくのもよさそうです。
[MAP]
(Mu-To)
Kiritanpo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■名物スタ丼 サッポロラーメン

国立の富士見通りにあるスタ丼発祥のお店。スタ丼は国立発祥と聞いて、旭通りにあるお店が最初なのかと思っていたら、元祖はこちらでした。
もともと1971年にこちらの「サッポロラーメン」がオープン。店を始めたオヤジさんが若者に安くてお腹いっぱいになるものを、ということでスタ丼が生まれたそうです。その後、旭通りと国分寺にお店ができて3店舗に。オヤジさんが亡くなった後、弟子の方が旭通りのお店国分寺のお店をチェーン店化して「本家すた丼屋」「伝説のすた丼屋」になりました。こちらの「サッポロラーメン」の方は別の弟子の方が引き継いでお店を続けているという状況のようです。

お店はいかにも昔のラーメン屋さんという感じ。赤いカウンターのテーブルがそれらしいですよね。
当然、名物のスタ丼(550円)をいただきました。旭通りのお店国分寺のお店と比べてみると、豚、ネギが炒められているのは同じでも、わりとシンプルに見えます。ご飯の盛りは一番多いかも。
豚バラにニンニクの効いたあっさり目の醤油ダレが染みて、ご飯と一緒にかき込むとこれがうまい。タレに秘密があるのでしょうかね。スタ丼のお店も広がっていますが、チェーン店化されるのもわかります。玉子が一緒についているのもうれしいです。ご飯と玉子、肉が混ざったところが一番いい感じになります。ご飯がやや固めの炊きあがりで、私の好きなタイプでした。もやしの味噌汁もちょうどいい組み合わせです。

550円でお腹いっぱいになりました。デカ盛りチャレンジがあるみたいで、クリアした一橋の学生さんの色紙などがたくさん貼ってありました。国立の三大名物(デカ盛りの店?)と呼ばれるものがあるらしく、こちらのお店と、あと2つはロージナ茶房深川つり舟だそうです。
[MAP]
(Mu-To)
Sutadonganso

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■あまた食堂

国分寺駅南口から南西にちょっと下ったところにあるカフェのような食堂。ビルの2Fにあって見晴らしもよく、店内もおしゃれな感じです。ランチに入ってみました。

ランチはいくつか種類がありますが、イチオシっぽい塩麹と甘酢生姜のチキン南蛮(880円)を選択。おいしいチキン南蛮を研究してたどり着いたのがこの味なのだとか。
確かにタルタルのふわふわ感がいい感じです。ほんのり塩麹の味に、生姜と甘酢の効いたタレ。確かにチキンに合っておいしいです。
ご飯も結構たっぷりあって、どんどん進みます。お漬物、サツマイモ、白和えの付け合わせも手作り感があっていいですね。お味噌汁はアラからとった出汁で、こちらもおいしかったです。

カフェで食べるおいしい定食、という感じでした。かなり人気があるみたいで、12時少し過ぎあたりに行ったのですけれど、瞬く間に満席になりました。女性が多い印象。食べログには不掲載のお店のようです。
[MAP]
(Mu-To)
Amatashokudou

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■バーンキラオ

国立旭通りのタイ料理屋さん。有名店で、天下市の屋台で買ったりしたことはあったのですが、私は初めての来店。嫁さんはランチ、夜とも何度か来ているらしい。今回は人気のランチバイキング(1人1080円)です。

開店すぐくらいに行ったのですが、すでにお客さんが入っていました。お店はやや狭めですが、料理をすぐ取りに行ける良さはありますね。
早速の一皿目。生春巻、シャキシャキレタスにプリッとした皮とエビがおいしいです。生春巻って手間がかかってる分、リッチな感じがしますね。その上のビーフンも辛くなくやさしい味。手羽の唐揚げも人気の一品で、カラッと揚がったお肉がおいしいです。その左は汁パッタイみたいなもの。ちょい辛。その手前の鶏とニンニクの芽の炒め物も、ちょい辛、やや甘めのソースでした。
左のスープはトムヤムクンですが、これがエビの出汁がすごく出てておいしい。辛みは結構ありますが、うまみがグッと出ていてスープとしてはちょうどいい感じ。タイ料理屋の本気のトムヤムクンという感じがしました。

続いて炭水化物系。パッタイは以前も天下市で食べてますけど、かなり甘く感じる味ですね。それからチャーハン。器に入っているのはグリーンカレーです。いわゆるさらっとしたタイカレーですが、タケノコが煮込まれていて、ほんのり酸味とかなりの辛味。さらっとしている分、喉に直接来る辛さでした。オレンジジュースで緩和します。
三皿目は、手羽とパッタイ、チャーハンをおかわりして、料理の入れ替えで出てきた豚肉とタケノコ炒めをいただきました。これもそんなに辛くなく、ご飯に合う味でした。
デザートはタピオカココナツミルクにココナツソフトクリーム、タイティーと一緒に。ソフトクリームが冷たくて甘くて、ココナツの味もちょうどよくおいしかったです。

つい食べ過ぎてしまいましたが、タイ料理のバイキングって割と珍しいですよね。料理も本格的でおいしいので、平日のランチタイム、満席でした。子供が辛いものが苦手なので来るタイミングが難しいのですが、また来たいと思います。後で知ったのですけど、ぐるなびにランチでも使える10%オフクーポンがあるようです。
[MAP]
(Mu-To)
Baankirao1 Baankirao2 Baankirao3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■アンの工房 いちごタルト

立川幸町のケーキ屋さん。こちらはシュークリームが鉄板で、皮がサクサク、クリームもおいしく、サイズも大きめでいいのですが、今回はケーキを買ってみました。

私は、いちごタルト(335円)。定番ですけど、イチゴとカスタードの組み合わせが好きなんですよね。最近だとア・ビアントのを買いました。アントルメのタルトフレーズも好きです。
こちらのものは、タルト生地がざっくりした食感で、その上にまったりしたカスタードとスポンジ、ジュレに包まれたイチゴという組み合わせ。タイプ的にはタカノのイチゴのパイに近いのかな。プレミアム感はないけれど、満足できる味です。

嫁さんはミルクレープ(335円)。間にスライスされたイチゴが入っているのと、下の方にプリンみたいな層があるのが特徴です。こちらもリーズナブルなわりに、手作り感があっておいしいケーキでした。

ケーキとしては200円以下のものもありますが、300円前後くらいのものが一番お得感があるかなと思いました。よくこの時期にセールをやっている印象。武蔵村山の天然素材を使ったジェラートで有名なヴェルデのアイスも扱っていました。
[MAP]
(Mu-To)
Annkoboichigotart

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■創笑

国分寺駅北口の串揚げのお店。ジャポリボタニカの2Fです。もともと吉祥寺のハモニカ横丁にあったのが数年前に移転してきたそうです。創笑と書いて、そらと読みます。サシ飲みで入ってみました。

お通し(399円)はタコの酢の物。夜7時まではグラスドリンクが421円均一らしいです。ビールでカンパイしつつ、コブサラダ(ハーフ 518円)からいただきました。スクランブルエッグとケチャップがちょっと独特ですかね。
串揚げが自慢ということで、串揚げおまかせ10本(1080円)。1本108円はいいですね。はんぺん、ナス、うずら、イカ、シイタケなどいただきましたが、カラッと揚がった薄い衣があっさりめのソースにぴったり。特にナスとか、シャキシャキ感があっておいしかったです。それから人気メニューという牛タン5時間煮込み(756円)。タンがトロトロになっていて、ネギとマヨによく合ってこれもおいしかったです。

串揚げ追加でエビと豚バラ。食べたいもの選んで食べられるのが串揚げのうれしいところですよね。単品1本118円もリーズナブルな感じです。さらに人気メニューを聞いて頼んだのが、イカの海賊焼き(734円)と風呂吹き大根のカツレツ(604円)。海賊焼きはワタの味が濃くてお酒向きの味でした。風呂吹き大根の方は、出汁の味がじゅわっと染みた大根とカラッとしたカツが不思議な組み合わせ。ワサビマヨに合って面白い味でした。最後は、ほぼ焼きうどんという感じのソース焼きちゃんぽん(734円)でシメ。

比較的リーズナブルにいろいろいただけて満足でした。国分寺の串揚げというとうさぎ亭が有名ですが、こちらも気軽に入れてよさそうです。窓側は駅前も見晴らせていい感じ。北口にもう1店舗あり、南口にも新店舗ができるらしいです。
[MAP]
(Mu-To)
Sora1 Sora2 Sora3 Sora4 Sora5 Sora6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ア・ビアント

国立さくら通りにあるケーキ屋さん。近くに味の民芸一本堂があります。今回初めて使ってみました。

お店やケーキのラインナップは白十字みたいな、昔ながらの雰囲気を醸し出しています。手作りでいろんな種類を用意している感じです。今回は苺のタルト(389円)と半熟チーズ(124円)を買ってみました。

苺のタルトは、たっぷりの生クリームとカスタードに苺、ラズベリー、ブルーベリーが乗ったケーキ。下は周りがパイ皮になっているタルトです。苺と生クリーム、カスタードの組み合わせが、定番、想像通りですがおいしいです。パイ皮でナポレオンパイみたいな雰囲気もあります。丁寧に作られている感じがしますね。
半熟チーズは、チーズスフレみたいな、割と軽めの一口ケーキでした。

イートインスペースもありました。スタイル的に、年齢層高めな方に人気がありそうなお店だと思いました。
[MAP]
(Mu-To)
Abientot

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■でんえん

国分寺の有名な名曲喫茶。アド街ック天国でも紹介されていましたね。駅から行くとムタヒロ2号店のちょっと前あたりです。カフェ巡り的に来てみました。

蔵を改造したお店で、暗く落ち着いた店内。国立に以前あった邪宗門を思い出しました。入口は狭いですけど、案外奥に席があります。
ケーキセット(800円)をいただいてみました。コーヒーはほんのりした苦み。わりとオーソドックスなタイプです。自家製レアチーズケーキは、甘さ控えめなクリームと、クッキーを砕いたタルト生地が、いかにも手作りなやさしいお母さんの味という感じ。ブルーベリージャムの組み合わせもちょうどいいです。

クラシックが流れる店内。そんなに大音量ではなく、本を読んだり、のんびりぼーっとしたり、という過ごし方が向いていそうです。店主をされている奥様は90歳を越えてらっしゃるということで、元気に頑張っていただきたいですね。
[MAP]
(Mu-To)
Denen1 Denen2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■カフェ コクブ

国立駅から北方面、国分寺第二小学校やトトロの木の近くにある、カフェ兼スタジオのお店。嫁さんがママ友ランチをした時のことを書いておこうと思います。

ランチは、パンのランチとごはんのランチの二択のようです。嫁さんはごはんのランチで、この日のおかずはスペアリブ。サラダ、スープなどがついて1100円です。手作りの感じがいいですね。スペアリブの味もよかったようです。

見た目が、外国の田園地方の家みたいで気になりますよね。スタジオが併設されていて、パーティーとかコンサートもできるようです。この辺りはカフェ等があまりないので、ゆっくりすごせる場所があるのはいいですね。
[MAP]
(Mu-To)
Cafekokubu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■パブロヌード

パブロのチーズタルト、今までミディアムとレアがありましたが、レアがなくなってパブロヌード(800円)にリニューアルされたということで、ららぽーと立川立飛のお店で買ってきました。

なんと今度のタルトはヌードの名のごとく、周りのパイ生地がなくなっています。サイズは若干小さくなっていますが、値段もちょっとお安く。器になっている紙をはがして切ってみると、ふわふわのクリームだけでなんとか立っている状態です。とろとろ感はレアの時と同じくらいかな。少し冷蔵庫に入れてから切っているので、買ってきてすぐの状態ならもうちょっとトロッとしているかもしれません。
クリームの味は前と変わらずおいしいです。クリームで勝負ということで、パイ生地をなくしたのは、ある意味潔いのですが、味としてはアプリコットのソースが目立ちすぎるようになってしまって、ちょっとバランスが悪くなった気がします。やはりチーズタルトなのにとろとろ、というところが重要で、クリームだけだと味の複雑さとして物足りない感じになるのですかね。

その点、小さいタルトの方がバランスはいいかもしれません。パブロミニのプレーンは以前試していましたが、抹茶(230円)も食べてみました。クッキータルトにふわっと、トロッとしたクリーム。抹茶の味もしっかりしていておいしいです。
このサイズだと、フロ・プレステージュのミニョンタルトやミニョンショコラもあります(各216円)。FLOはルミネ立川、国分寺セレオ、西国分寺nonowaと店舗が多いですね。プレーンの方は味がベイクに似てる気がしますが、ふんわりというよりはチーズの味がしっかり。サイズはやや大きめ。ショコラも固さがわりとしっかりしていて、チョコの味も濃いです。

ミニタルトの比較で言うと、パブロはふんわりしたクリームの柔らかさ重視、FLOは固めでチーズの濃さ重視、BAKEは両者をうまく調和させていてバランスが絶妙、というイメージですかね。

パブロは11月にリッチバージョンも出すらしいので、そちらにも期待したいと思います。あと、ららぽーとの1Fで銀だこや餃子屋さんが入っていた場所にフレッシュネスバーガーができるみたいで、そちらも楽しみです。
[MAP]
(Mu-To)
Pablonude1 Pablonude2 Pablonude3 Pablonude4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«■はないち