■おこわ米八 和風焼肉弁当

nonowa国立WESTのパッサポルトだったところがお弁当屋さんのおこわ米八になりました。国分寺や立川にもあって、以前国分寺マルイの地下で松茸おこわを買ったことがありました。

今回は和風焼肉たっぷりおかず弁当(897円)を買ってみました。おこわは少しずつですけど3種類選べて、栗、鯛、タケノコご飯にしました。栗とか鯛とか、少なくとも1個ずつは入るようによそっているみたいですね。
ご飯はもちもちしてどれもおいしいです。出汁が染みてる感じの味がいいですよね。栗ご飯は定番という感じですが、鯛ご飯はホロホロっとした鯛の身と、これまた出汁の染みた菜の花のさっぱりした塩味がおいしいです。タケノコご飯もタケノコがいっぱい。蕗も大きいですね。
牛バラの焼肉も柔らかくておいしいです。わりといいお肉。下にきんぴらが隠れています。上のピンク色のものは、柴漬けに見えてザワークラウトでした。煮物、特にサツマイモもおいしかったです。
ボリュームはやや少な目ですが、いろいろ食べられてどれも味がよく、満足できるお弁当でした。

nonowa国立では、以前に続いておぼんdeごはんで魚のランチ(1080円)をいただいたのですが、このフライの味が結構よかったです。あんかけの味がなかなか絶妙です。
あと今回は雑穀ひじきご飯にしたのですけれど、これふりかけがかかっているみたいでおいしいですね。ご飯だけでパクパクいけます。おぼんdeごはんは、チェーン店なのに手作りの定食屋さんみたいで、味がしっかりしている印象があります。

新しく出来るお店もあれば、撤退するお店もあり、我が家的には4月末でパオパオがなくなってしまったのがちょっと残念です。安売りの時ばかり買っていたのを反省…。ともあれ、今回米八でnonowa国立でポイントが貯まるJREポイントカードを作ってもらったので、これからいろんなお店で貯めていこうと思います。
[MAP]
(Mu-To)
Yonehachiniku Obondegohansakana

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ペーパーウォールカフェ すみっコぐらしブックカフェ

nonowa国立EASTの本屋さんの隣、ペーパーウォールカフェで5月いっぱいまで、すみっコぐらしブックカフェをやっているということで、すみっコぐらし好きの娘がお友達と行ってきました。
以前、立川のコトブキヤ本店の隣にあるカフェで、同じくすみっコぐらしコラボの喫茶すみっコをやっていた時も行っていました。

店内はすみっコの人形があちこちにあったり、ステッカーが貼られていたり。外の見えるカウンター席も人形がたくさんですね。娘が頼んだのはコラボメニューのしろくまとぺんぎん?のフルーツいっぱいパンケーキ(1200円)です。
パンケーキにしろくまとぺんぎん?の絵が描いてあります。ふわふわホイップクリームにマンゴー、キウイ、ベリーなどが乗っています。パンケーキは結構おいしかったようです。キウイがちょっと酸っぱかったと言っていましたが。
当初はコラボメニューにステッカーが付いていたそうですが、早々になくなってしまったようです。

娘たちもお店の雰囲気をたっぷり楽しめたようです。本屋さんのペーパーウォールの方でグッズを買ってきていました。すみっコファンがあちこちから集まっているのでしょうかね。娘たちの行った土曜日のおやつタイムは、席は埋まっているものの行列するほどではなかったようですが、日曜日のお昼時に通りがかった時は外まで続く行列になっていました(日曜日は大学通りで別のイベントがあったせいかもしれません)。
こういうイベントをやってくれるのも楽しいですね。私は前回から長いこと来てないですけど、駅直結なのでイベントなども気軽に寄れそうです。
[MAP]
(Mu-To)
Paperwallsumikko1 Paperwallsumikko2 Paperwallsumikko3 Paperwallsumikko4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■讃香製麺所 釜バター明太うどん

お昼を食べ損ねて、国分寺に着いたのが3時過ぎ。駅ビルとかチェーン以外だと、案外この時間にご飯を食べられるお店が少ないですね。讃香製麺所がやっていたので、久々に入ってみました。

注文は釜バター明太うどん(並 380円)。出汁醤油をかけていただきます。ふわっと香るバターに明太子を混ぜると、ちょうどいいねっとり感のマイルドな味になりました。ネギと天かすも適度に混ぜるとさらにいいです。うどんはコシがしっかり目ですね。並だとボリュームはやや少な目かな。
かなり久々でしたが、前回も似たの食べてましたね。玉子とバターの違い。ミーツ国分寺にもうどん屋さんができましたが、こちらの方が安いので価格的に住み分けはできそうです。さすがに6年前からは少し値段は上がってますが。

国分寺駅南口のランチと言えば、笑人の別メニューも試してみました。この日は豚ステーキをチョイス。こちらは1000円でドリンクが付いて、ライス、サラダがおかわり自由なのがいいですよね。ドリンクは白ぶどうソーダ、サラダはシーザーサラダとコブサラダをいただきました。
豚ステーキですが、脂の甘みがおいしくて肉の味もしっかりしていました。焼き加減もいい感じ。辛味噌を少し付けていただくと、どんどんご飯が進みます。グリルのお店らしいランチだと思いました。

[讃香製麺所 MAP]
[笑人 MAP]
(Mu-To)
Sanukamentai Wattonteki1 Wattonteki2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ダバクニタチ

国立駅北口の南インドカレーのお店。マゴメラボの隣です。ゴールデンウィークの谷間の平日にランチで行ってきました。

私はダバミールス(1400円)、嫁さんはキーマカレーのランチ(950円)です。
インド料理屋さんもいろいろありますが、国立で言うとマナカマナみたいな、バターチキンやほうれん草のカレーをナンに付けて食べるのは北インドの料理で、ムガール帝国の宮廷料理として発展したらしい。こちらのミールス(定食)は南インドの料理で、写真上側の器は右から、トマトと胡椒、パクチーのラッサムスープ、本日のカレー1(ジャガイモと豆、シメジのクートゥ)、本日のカレー2(塩チキン)、ナスや豆など野菜カレーのサンバル、キュウリとダイコンのサラダです。ご飯は+100円でインド米にできますが今回は日本米。上に乗っているのが豆のおせんべいパパド。手前にあるのが、豆の揚げ物ワダ、ココナツヨーグルトのタレ、チャトニとマンゴーのピクルスです。

ラッサムスープはパクチーの味が効いていてベトナム料理みたいな味わい。少し酸味があります。サンバルもカレーと言うわりにスープみたいにさらっとしていて、辛味もそんなにありません。一番ご飯に合うのは、塩チキンですね。こちらもスープカレーみたいな感じですが、チキンがほろほろっと柔らかく、すごくうまみが出ていました。南インドのカレーはさらっとしたものが多いのですかね。クートゥだけはどろっとしていて、こちらも辛味のない豆のシチューみたいな味でした。実はマンゴーのピクルスが一番辛かったかも。揚げ物もヨーグルトソースがぴったりでおいしかったです。パパドのパリパリ食感と塩加減もいいアクセントでした。

嫁さんのキーマカレーもあまり辛くなかったです。こちらはインド米のバスマティライスで全体的にさっぱりした味わい。スパイスの効いた挽肉とライス、さらに砕かれたパリパリのパパドとタマネギの酢漬けアチャールがちょうどいい組み合わせで、おいしいキーマカレーでした。

南インド料理ということで、特徴があって面白いですね。お店もカフェみたいなおしゃれな雰囲気です。席数は少な目。11時の開店時に行ったので待たずに入れましたが、さすが話題のお店らしくすぐ行列が出来ていました。平日だけど休みの人が多い日だったからかもしれません。国立らしいお店と言うか、人気ぶりや特徴でくにたちサイゴン桜を思い出しました。南インド料理と言えばビリヤニが有名ということで、日曜日にやっているらしいので、今度はそれを食べに来たいと思います。
[MAP]
(Mu-To)
Dhabakunitachi1 Dhabakunitachi2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■FLO 黄桃と苺のプリンタルト

ゴールデンウィークは少し出かけたりしたものの、最終日はいつものららぽーと立川立飛で過ごしました。

5/6はFLOの日ということで、フロ・プレステージュにて限定商品の黄桃と苺のプリンタルト(1080円)を買ってみました。毎月6,16,26日に限定商品が出るようです。
プリンタルト、久々に食べましたが、タルトの上にプリンがそのまま乗ったようなプルプルの食感。甘さもちょうどよく、黄桃と苺の爽やかな酸味、甘みも加わっておいしいです。ケーキほどしっかりしていないですが、軽いおやつにいい感じです。チーズタルトとかに比べても、価格的にお得感がありますね。

タルトを買いつつも、ららぽーとアプリのゴールデンウィーク限定クーポンでラージサイズ・トッピング付きのフローズンヨーグルトが500円(通常790円)と聞いて、ピンクベリー好きの我が家としては買わずにおれませんでした。
最近は、ゆずフレーバーのフルーツトッピングが好きなんですが、こちらはTachikawaトッピングという名前で、オリジナルフレーバーにイチゴとバナナ、チョコ、マシュマロ、ワッフルクッキーという組み合わせでした。もちろんこちらもおいしいですが、やはりチョコやマシュマロよりフレッシュなフルーツが合いますね。

休みの日は遠出も楽しいですが、近所で甘いもの食べてのんびりするのもいいものです。
[MAP]
(Mu-To)
Flopuddingtart Pinkberrytachi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■あぶりゃんせ百干 春の海鮮丼

国分寺セレオのレストラン街にある和食、定食のお店。ニュートーキョー系列みたい。同じフロアにある中華料理の華琳もそうみたいですね。すごく昔に入って以来かも。久々にランチに入ってみました。

いただいたのは春の海鮮丼(1480円)です。春らしいところは、たっぷりの生シラスと桜エビですね。生シラスはニュルっとした食感。桜エビの皮も固くなくて、プチプチした歯ごたえが新鮮な感じです。中トロがいい感じのとろけ具合でおいしかったです。鯛も新鮮。こちらはお魚が得意みたいですね。
切り干し大根と小松菜のおひたしも味がよく染みていました。

やや高めに感じますが、ゆっくり定食をいただけました。他に日替わりなどもう少し安いランチもありました。
ミーツ国分寺が出来て、セレオのレストラン街はどうかなと思いましたが、お昼時、結構混んでいました。ミーツの方もゆったりしたレストランはそんなにないですからね。そのあたりはそれぞれ住み分ける形になりそうです。
[MAP]
(Mu-To)
Hyakkankaisendon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■R star

国立富士見通りのカフェ。こちらの場所はスコールカフェの時代が長かったように思いますが、業態変更などを経て、今はアールスターというお店になっています。際系列のお店です。

アメリカンスタイルのカフェっぽい感じですが、メニューは中華にハンバーガー、パスタなどいろいろあります。この日はお肉のイメージだったので、目玉商品っぽい本格的なハンバーガー、スペシャルナイアガラチーズバーガー(1490円)にしてみました。
出てきたハンバーガーは、ナイアガラの名の通り、チーズが滝のようにドロドロっと流れています。しばらくすると固まってしまうのかなと思いきや、低温でもとろけているチーズみたいです。
とろけていることによって、お肉とチーズがよくなじみます。パティも香ばしく焼かれて、お肉の味がじっくり味わえます。とろけるチェダーチーズとお肉、トマト、タマネギ、サウザンアイランドみたいなソースとこんがりしたバンズ、まとめてガブリといくとコクのあるうまみがじゅわじゅわっと感じられておいしいです。
時々ピクルスをつまむとさっぱりしてちょうどいい感じ。ポテトもカラッと揚がっていました。

少し高めにも感じますが、本格的なハンバーガーが食べられるのはうれしいですね。中華とか、いろんなおつまみも頼めるので、カフェバー的な使い方であれこれ選びたい時の飲み会などによいようです。
[MAP]
(Mu-To)
Rstar

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■椿屋カフェ

ミーツ国分寺3Fのカフェ。ダッキーダックや、ぱすたかんの系列店らしい。店員さんがメイド服みたいなのを着ていて、店内も大正・昭和時代的なレトロな感じです。平日のランチに入ってみました。
ランチは、それぞれ値段は違いますがパスタやカレーなどがあり、サラダまたはスープ、コーヒーまたは紅茶がセットになっています。今回は白鱚とタケノコのジェノベーゼのランチ(1230円)にしました。

最初にいただいたのはレタスのサラダ。ドレッシングもいい感じです。下に刻んだ大根が入っていました。ジェノベーゼのパスタは、汁気が多いタイプですね。水菜もたっぷり乗っています。タケノコも固すぎずちょうどいい柔らかさ。ふっくらした鱚の淡泊な味と、タケノコ、バジルの香りが春っぽいさわやかな味わいでおいしいです。春と言うより、段々暖かくなって初夏の陽気になりつつありますが。五右衛門のジェノベーゼと比べると少し薄味な感じでした。

食後はサイフォンで入れたコーヒーをいただきました。写真に白く映りこんでいるのは天井の照明です。喫茶店らしくコクのあるコーヒー。苦みはあまりなく、少し酸味を感じます。量もわりとたっぷりあって、淹れたてアツアツをおいしくいただけました。

4Fのchawanは行列だったのですが、こちらはすぐ入れました。タイミングが良かっただけかもしれないですけど。ミーツは2Fにスタバもあり、駅直結だからかカフェ多めですね。
チェーンの喫茶店としては、高倉町珈琲コメダ珈琲店星乃珈琲店などありますが、こちらのコーヒーは割と好みの味でした。
[MAP]
(Mu-To)
Tsubakiyacafe1 Tsubakiyacafe2 Tsubakiyacafe3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■咲菜

nonowa国立WESTのお弁当とお惣菜のお店、さかなと読むようです。オープンした時は千惣(ちそう)という名前だったと思いますが、ブランド名を変えたようです。お弁当を買ってみました。

嫁さん用に鮭のり弁当(523円)。私は豚ロースしょうが焼き重(637円)です。
鮭のり弁はわりとオーソドックスな感じですが、鮭も厚みがありますし、鶏の唐揚げにだし巻き玉子も。海苔の下には昆布の佃煮が敷かれていました。

豚ロースしょうが焼きは豚肉がすごく分厚いです。生姜の味はそんなに強くないですが、甘めのタレがたっぷりついて、ボリュームがすごいですね。見た目のインパクトで選びましたけど、味もおいしかったです。だし巻き玉子とお漬物付き。こちらのお店はだし巻き玉子が目玉なんでしょうかね。ジューシーでおいしかったです。シンプルなお弁当でしたが、満足感がありました。

こちらのお店は、揚げ物とかお惣菜の種類がいろいろあり、日替わり弁当なども人気のようです。お昼時、結構混雑していました。
[MAP]
(Mu-To)
Sakanabento

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■しゃぶしゃぶ温野菜 食べ放題コース

国分寺駅北口、西武バスの停留所のところにあるしゃぶしゃぶ温野菜で飲み会をやりました。そう言えば、かなり前には国立にもお店がありましたね。牛角の系列店らしい。幹事におまかせだったのですけれど、食べ放題(3218円)にキャンペーンで割引価格の飲み放題(1058円)を付けた形だと思います。

2つに分かれている鍋に、片方は具の入った鍋、もう一方はしゃぶしゃぶ用のスープを選ぶスタイルらしい。今回の場合、幹事さんが先に選んでるわけですが、一つは金のもつ鍋と豆乳だし、もう一つは担々肉鍋と牛テールの和牛だしになっていました。
お肉は、豚カルビ、牛カルビ、牛肩ロース、豚ロース、牛もつなどから選べます。鶏つみれやウィンナー等もあり。お野菜の方も、キノコ、白菜、ニンジン、モヤシ等と当然一通りあります。ヘルシーメニュー的には湯葉も。あとおつまみの種類も豊富です。とりあえず出てきたのは、枝豆とキムチ、肉チャンジャ、がつポン酢、うずらの味玉、梅肉と軟骨など。
うずらの味玉とか、がつポン酢とか、ありそうで普段なかなか食べない感じのおつまみがちょっと気分変わっていい感じです。お鍋の方ですが、もつ鍋も担々肉鍋もおいしかったです。ぷるぷるのモツから出てくる脂とか、豆腐、ニラと肉味噌、ピリ辛のスープの組み合わせとか、うまみが出てくる感じでよかったです。まさにビールにぴったり。お酒はよくあるチェーンの居酒屋風ではありますが、ハイボール、梅酒などいただきました。

しゃぶしゃぶのお肉は、まあそれほどいいお肉ではないですけれど、豆乳で食べたり牛スープで食べたり、いろいろ変化が付けられますし、お腹いっぱいなので満足です。シメには、もつ鍋のスープに一風堂監修のとんこつラーメンを投入しましたが、ピンとした麺が歯ごたえもよくおいしかったです。ミニカレーもいただきましたが、そんなに辛くなく、これはまあ普通という感じでした。デザートも選べるみたいですけど、今回は雪見だいふく。皮が桃味?

ということで、久々に温野菜に来ましたけど、食べ放題メニューはおつまみも鍋の種類もバラエティがいろいろあってなかなかいいと思いました。今回は麺にしましたが、ご飯を入れてチーズリゾットにしたりもできるようです。お肉のレベルはそれほど高くないかもしれないですが、食べ方の工夫で楽しませようとしているのでしょうね。
[MAP]
(Mu-To)
Onyasaicourse1 Onyasaicourse2 Onyasaicourse3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«■クラフト クニタチカ