■たとぱに おいしい日曜日

国立駅北口から立川方面、北区商店街のところにある自然素材のインテリアを扱うお店、たとぱに。こちらで「おいしい日曜日」というイベントがあるというのをツイッターで教えていただいて来てみました。以前にも、くにたち ゆる市というイベントをやっていた時に来たことがあります。

この日に売られていたのは、soma herbというお店のハーブティーと、谷保のWill Cafeの焼き菓子です。
ハーブティーはいくつか試飲させていただいて、No.6 Gentle Touchというブレンド(1100円)を買ってみました。お腹を労わるハーブティーとのこと。
紅茶のような感じで淹れてみました。見た目はジャスミンティーみたいですが、ミントの爽やかな香りがふわっと立ち上ります。飲んでみると最初は結構スパイシーで、これはフェンネルの味なんでしょうかね。後からカモミールの香りも来て、それなりにパンチもありつつ比較的飲みやすいハーブティーかなと思いました。

ウィルカフェの焼き菓子は、Mixクッキー(300円)とカボチャとクリームチーズのスコーン(150円)、秋の果物のタルト(430円)です。
クッキーは少し硬めで優しい素朴な甘さの味。キャラメルナッツが乗っているのが特にいい感じです。形もかわいいですね。
カボチャとクリームチーズのスコーンは、少し柔らかめの生地の中にラム酒の香りのするレーズンとクリームチーズが入っていました。生地のカボチャ感はそんなに感じなかったのですが、このラムレーズンとクリームチーズの組合せが最高においしいです。スコーンに良く合います。サイズは小さいのですが、これはまた食べたくなる味です。
秋の果物のタルトは、甘く煮たイチジクと杏、リンゴのタルト。パイ生地の上のタルトの土台は柔らかめです。これが甘く煮たフルーツによく合いますね。3つの果物の優しい甘さがちょうどよく混じり合って、すごくバランスのよいおいしいタルトでした。
どれも丁寧に作られている感じがするおいしい焼き菓子でした。

今回イベントをきっかけに来て、今まで行ったことがなかったお店のものを体験できました。こういう小さなお店同士のつながるイベントは、国立らしくていいですね。新しい体験のきっかけになって良いと思います。
昨日で期間は終了してしまいましたが、PayPayの30%還元にも対応していてお得に買えたのも嬉しかったです。
[MAP]
(Mu-To)
Tatopanioishii1Tatopanioishii2Tatopanioishii3

| | コメント (0)

■大学通りの桜 2021

緊急事態宣言は解除されましたが結局まだまだ落ち着かず、今年もコロナ禍での桜の季節となってしまいました。
大学通りが一番フォトジェニックになる季節。昨年の満開は3/25くらいでしたが、今年もほぼ同じになりました。都心が3/22に満開で、そこから2,3日後というのも例年通りです。

写真1枚目は、よく晴れた23日の朝。まだ満開手前ですが、青い空に桜の花と三角屋根の駅舎がよく映えています。2枚目も晴れていた24日の昼。この日はお昼時、結構人通りがあって、暖かい中、みなさん桜を見ながら写真を撮るなどしていました。
25日は会社の行きと帰りに、駅のホームから桜を眺めたり、ライトアップされた夜桜を見たりしました。朝は少し曇り加減。木の下から眺めるとほぼ満開かなと思いましたが、遠目に見るとあと一歩の感じもしますね。
夜桜のライトアップは2018年にも見ていますが、桜の花が幻想的な感じになってきれいですね。夜のお花見もいい感じでした。

最近大分暖かくなり過ごしやすくなってきました。早く街もにぎやかに過ごせる状況になって欲しいなと思います。
(Mu-To)
Sakura210323_1Sakura210324_1Sakura210325_1Sakura210325_2
Sakura210325_3Sakura210325_4Sakura210325_5Sakura210325_6

| | コメント (0)

■大学通りのクリスマスイルミネーション 2020

今年もクリスマスイルミネーションの季節になりました。最近、在宅勤務が多くなったこともあって始まったことに気づいていなかったのですが、今年は12/5~年明け1/4までだそうです。点灯時間は17時~24時前までみたいですが、またコロナ感染者が増えてしまったので、22時以降は停止になるかもしれません。

例年同様、駅に一番近いツリーの色が変化します。木のてっぺんの星の色、今年暖色系なのは向かって右の一番手前と一番奥です。
去年すでに駅舎上部は出来上がっていましたが、ホーム上からだと真ん中のポジションからは見られない状況です。

スマホを変えてカメラが優秀になったので夜景がきれいに撮れるようになりました。写真2枚目は去年と同じカメラ。多分こちらも夜景モードがあると思うのですけれど、スマホの方が簡単です。
今年はコロナもあり、また急に寒くなったので体調管理も大変です。国立のイベント関連で言えば、今年は天下市が中止、一橋祭もオンラインだったようです。年が明けてコロナが収まり、早くおだやかに過ごせるようになるといいですね。
(Mu-To)
Xmas20_1Xmas20_2

| | コメント (0)

■くにたちマルシェ

とある土曜日の午後1時、国立駅北口を通ったら、ちょうどくにたちマルシェが始まるところでした。国立周辺の地元野菜の直売や、その他地元のお店の物販などをテントでやっているイベントです。

さすが採れたてという感じの新鮮なお野菜。ピーマンとナスは150円。小松菜は100円でした。この日はトータル500円以上買うとエコバッグがもらえるということで、小松菜を2束にしてエコバッグをゲット。

新鮮なお野菜は食感やジューシーさが違いますよね。国立駅北口の広場もわりとスペースがあるので、こういうイベントをいろいろやってもらえると楽しくていいなと思います。
(Mu-To)
Kunitachimarche

| | コメント (0)

■旧国立駅舎

くにたちの街のシンボル、旧国立駅舎。中央線の高架化で一度解体されましたが、南口の広場に街の魅力を発信する拠点として再建されました。主に待ち合わせスペース、展示スペース、案内所として使われているようです。
4/6にオープンしましたが、コロナの影響で開業イベントは中止。その後も緊急事態宣言等で休館していましたが、最近は普通に使われるようになったようです。まだ中をちゃんと見ていなかったので行ってみました。

窓口が再現されていたり、昔の駅の写真や模型が飾られていたり、観光スポットっぽくていい感じです。ただすごくレトロな感じに再現されていて、解体の直前はこんな感じじゃなかったですよね?駅の開業当初の雰囲気で、きれいに再建されているようです。

もう14年前ですが、解体される前の国立駅舎に燕の巣を見つけたことがありました。最後の写真、8月上旬に国立駅コンコースを歩いていた時ですが、南側の天井のスピーカーの上にツバメの巣があるのを見つけました。代々このあたりに巣を作っているツバメがいるのかもしれませんね。親鳥が飛んできては、ヒナに餌をあげていました。ヒナが大きな口を開けていて可愛かったです。

駅舎のある風景も季節によっていろいろありますが、や新緑、紅葉の季節、クリスマスイルミネーションなど、いろいろな風情のある姿が見られそうです。
便利な施設というわけではないですが、こういうシンボルのある街っていいなと思います。
[MAP]
(Mu-To)
Kunieki1Kunieki2Kunieki3Kunieki4
Kunieki5Kunieki6Kunieki7Kunieki8

| | コメント (0)

■大学通りの桜 2020

コロナ問題が収まらない状況ですが、今年も国立の大学通りの桜はきれいに咲いています。都心で満開になったという3/22の午後に見に行ってみましたが、6分咲き程度という感じでした。(写真1,2枚目)
暖かい日だったので散歩している人はいましたが、混んではいませんでした。

例年、国立周辺は都心から3日後くらいが満開なので、3/25の朝に見てみたら、ほぼ満開。一昨年が3/27くらいに満開で少し早めと言っていたので、今年はそれより少し早いですね。去年よりは1週間くらい早いです。朝は少し肌寒さが戻った日ですが、よく晴れて空の青さに桜の花が映えています。全体としては今年は暖冬でしたね。

旧駅舎は4/4に開業予定ですが、既に建物は外から見えるようになっていて、以前のような桜と駅舎の風景が帰ってきました。やはり街のシンボルがあるというのはいいですね。
いつもの年なら満開の頃は人で賑わうところですが、今週末は外出自粛要請が出ているので、がらんとした状況になるのかなと思います。早くコロナ問題が収束して欲しいと願うばかりです。
(Mu-To)
Sakura200322_1Sakura200322_2
Sakura200325_1Sakura200325_2Sakura200325_3Sakura200325_4

| | コメント (0)

■オリンピック国立店 オリンピックセラー

スーパーのオリンピック国立店。食料品がわりと安かったりするのでよく使わせてもらっています。昔からありますが昨年11月にリニューアルされて、食品エリアが広がったり、イートインスペースができたりしました。この時、同時にお酒のコーナーもオリンピックセラーという形で拡充されたのですが、最近かなりいいワインを置いているという情報を聞いて、改めて覗いてきました。

確かにお酒のスペースが広くて、ワインの数も多いです。また区画された奥のエリアには、ワインが産地別に並べられています。そしてさらに温度調節されたセラーがあり、その中にはかなりいいワインが並んでいました。高いものは数万円以上、箱入りのドンペリなんかもありました。産地もフランスだけでなく世界各地から来ていて、ラインナップがなかなかすごいです。
日本酒の方も結構揃っています。冷蔵庫の中には、久保田や獺祭など。ちょっといい日本酒だと、うちはこれまでセキヤで八海山を買ったりしていました。流通の関係か、八海山のラインナップはセキヤの方が充実していましたが、かなり種類はありそうです。

国立周辺でいいお酒を買うお店としては、まずセキヤというイメージがありましたが、これからはこちらもチェックしたいと思います。
オリンピック国立店は、夏に立東フェスティバルが行われたり、地元に親しまれている感じのお店です。以前は、もともとボーリング場だった形がなんとなく分かりましたが(そう言えば幸町のいなげやもそんな感じ)、リニューアルで使いやすくなった気がしますね。今クールやっていた、4分間のマリーゴールドというドラマでも撮影に使われて、横浜流星と福士蒼汰が来ていたのが映っていました。よく使っていたマクドナルドはなくなってしまいましたが、オリンピックセラーが今後こちらのお店の目玉になりそうな気がします。
[MAP]
(Mu-To)
Olympiccellar1Olympiccellar2Olympiccellar3Olympiccellar4

| | コメント (0)

■大学通りのクリスマスイルミネーション 2019

今年の国立、大学通りのクリスマスイルミネーションは12/7から年明け1/6までです。例年より若干遅めのスタートでしたが、その分、終了も少し遅めですね。
一番駅に近いツリーの色が変化するのは近年のパターン。去年は一番前のツリーの星だけ暖色系でしたが、今年は向かって右の一番手前と左の3番目。

去年と一番違うのは、三角屋根の駅舎がかなり復旧して、上の方の覆いがほぼ取れたことですね。駅舎の存在感が大きすぎてイルミネーションが若干見にくい感じにはなっていますが。
国立駅の駅舎は2020年4月頃に再オープン予定とのこと。これに向けて、国立市役所等で無料で配布している「三角屋根でまちあわせ 旧国立駅舎History book(歴史本)」「国立市旧国立駅舎マンホールカード」をもらってきました。歴史本はホームページに電子版もあります。

今年は全体的に暖冬と言われていますが、急に寒い日があったり暖かい日に戻ったりと寒暖差が激しい気がします。風邪などひかないように皆さまお気をつけ下さい。
(Mu-To)
Xmas19_1Xmas19_2Xmas19_3Xmas19_4

| | コメント (0)

■天下市 2019

国立の秋のお祭り天下市。今年も11月2~4日でした。2年前から一橋祭とは別日程になっていて、こちらは11月22~24日です。去年は私は行けなかったのですが、今年は2日に昼ごはんを買いに行ってみました。

少し涼しいお出かけ日和の穏やかな晴れの日。11時半くらいに行きましたが、少しずつ混み始めてきたタイミングでした。
屋台で買ってきたご飯、左下は虎テツやきそば(400円)です。もじ蔵がそばロールの屋台を出さなくなってから、なんとなく虎テツが跡継ぎのようなイメージでいます。富士宮焼きそばみたいな弾力のある麺で、ソースの味がしっかりするシンプルな焼きそばです。チャーシュー付き。何年か前のと比べると、スタイルが変わってきてますね。
写真奥はスタ麺(600円)。以前買った時に、おそらくすた丼屋と書いていましたが違うっぽいですね。ヴェルディとか書いてあったので調布の方なのかな?スタ麺は、挽肉にモヤシ、錦糸玉子が入って、二郎のラーメンのようなニンニクが効いたパンチのある味です。背脂も入っているのかも。前に食べた時よりおいしく感じました。虎テツと比べて高いかなと思いましたが、ボリュームもあるしおいしかったのでよかったです。

右下は、夢創庵の焼き小籠包(1個100円)。天下市での出店名は夢創庵ですが、通常は青柳の方で創庵という出前のお店をやっているようです。焼き小籠包は、上を箸でつつくと中からスープがじゅわっと出てきて、肉のうまみも良く皮も香ばしくておいしかったです。子供も焼き小籠包は食べたことがなくて、喜んで食べていました。
そして最後は、わりと良く買っているドイツ亭のピザ。キーマカレー(1100円)です。カレーはそんなに辛くなく、挽肉がじっくり煮込まれている感じでおいしいです。ソーセージもうまみがあって、ふっくらした生地にぴったりです。スライスアーモンドもいい感じのアクセントでした。

翌日3日は嫁さんが、白十字のマフィン(100円)とアップルタルト(200円)を買いに行ってくれました。バナナオムレットも250円で売っていたみたいで、(もともと軽減税率対象ですけど)お値段キープです。相変わらずマフィンは素朴な甘さと生地の弾力がいい感じ。アップルタルトはパリパリの生地が薄くて何層にもなっていて香ばしく、甘みを抑えたリンゴとよく合っていました。どちらもおいしかったです。

特徴のあるお店の品をいろいろ楽しめました。天下市は、季節の変わり目と地元らしさを感じられるお祭りです。
(Mu-To)
Tenkaichi19_1Tenkaichi19_2Tenkaichi19_3Tenkaichi19_4

| | コメント (0)

■国立花園

国立市芸術小ホールの近くにある花屋さん。アンヌ国立の近く、プチ・アンジュの向かいです。

まず外観からおしゃれな感じ。いろんな種類のお花が広々した店内にきれいに並べられています。内装の家具などもアンティーク風でいい雰囲気です。知り合いの方から比較的リーズナブルな値段できれいにアレンジされたおしゃれなブーケを作って下さると伺って、作っていただくことにしました。
今回は、嫁さんがお友達の作品展示会のお祝いに花束をプレゼント。9月中旬、消費増税前で4536円のブーケです。ユリと黄色いバラを中心に、華やかで立体感のある素敵なブーケになりました。

お友達も喜んでくれたようです。やはり地元の方の評判がいいみたいで、お客さんが結構来ていました。国分寺駅北口、だんごの輪島の近くにも国分寺店があるようです。
[MAP]
(Mu-To)
Kunitachikaen1Kunitachikaen2Kunitachikaen3Kunitachikaen4
Kunitachikaen5

| | コメント (0)

より以前の記事一覧