■焼肉トラジ 生タン塩

たまには焼肉を食べたいということで、久々にトラジ。肉の日にもらった3000円割引券を使うと、割とお得に食べられるのですよね。

今回のお肉は、生タン塩(1600円)、ヒレぶつ(980円)、生カルビ(1300円)。写真右手前のタンが、厚みがあってお肉の歯ごたえもよくおいしいです。タンと言えば、山水の生タン塩がうまいですけど、結構いいお値段。トラジのもなかなかいいと思いました。
ヒレぶつは淡泊な味。カルビは脂がしっかりのってとろけるおいしさでした。嫁さんに運転を任せて、ビール(680円)がうまい。

サイドに4代目トラジサラダ(700円)、白菜キムチ(480円)、元祖きゅうり一本(1本280円)。こちらのきゅうり、シャッキリ新鮮な感じがしておいしいですよね。もろみ味噌があいます。シメに石焼ビビンパ(1300円)。こちらの石焼ビビンパも、おこげとナムルの味の感じがおいしくて好きです。最後にアイスバーとお茶をもらって終了。別途サービス料10%がかかります。

おいしく焼肉がいただけて満足でした。車で来られる高級焼肉屋さんというのがいいところです。
[MAP]
(Mu-To)
Torajitan1 Torajitan2 Torajitan3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■初代 修 (移転後)

国立富士見通りのラーメン屋さん。修とかいて、のぶと読みます。以前は旭通りにあって、昨年こちらに移転したようです。そう言えば以前あった場所はマンションになっているのかな。

久々に中華そば(680円)をいただきました。鰹節の味がしっかりする豚骨醤油のスープ。麺はコシのあるストレート麺。あっさりしていて飲み干せる感じのラーメンです。やわらかいチャーシューと、シャキシャキしたメンマもいい感じ。
前と変わらずですが、誰にでも受け入れられる、安心して食べられる安定した味でした。

最近、旭通りのお店の引っ越しがいくつかありますね。いんでぃ庵とか、マフィンフィールドとか。新店舗にまだ行っていないのですが、いずれ行ってみようと思います。アルバイトの時給上昇等で、小規模な飲食店は以前より大変になってきているというような話も聞きますが、個性あるお店には是非頑張って欲しいです。
[MAP]
(Mu-To)
Shodainobuiten

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■名物スタ丼 サッポロラーメン

国立の富士見通りにあるスタ丼発祥のお店。スタ丼は国立発祥と聞いて、旭通りにあるお店が最初なのかと思っていたら、元祖はこちらでした。
もともと1971年にこちらの「サッポロラーメン」がオープン。店を始めたオヤジさんが若者に安くてお腹いっぱいになるものを、ということでスタ丼が生まれたそうです。その後、旭通りと国分寺にお店ができて3店舗に。オヤジさんが亡くなった後、弟子の方が旭通りのお店国分寺のお店をチェーン店化して「本家すた丼屋」「伝説のすた丼屋」になりました。こちらの「サッポロラーメン」の方は別の弟子の方が引き継いでお店を続けているという状況のようです。

お店はいかにも昔のラーメン屋さんという感じ。赤いカウンターのテーブルがそれらしいですよね。
当然、名物のスタ丼(550円)をいただきました。旭通りのお店国分寺のお店と比べてみると、豚、ネギが炒められているのは同じでも、わりとシンプルに見えます。ご飯の盛りは一番多いかも。
豚バラにニンニクの効いたあっさり目の醤油ダレが染みて、ご飯と一緒にかき込むとこれがうまい。タレに秘密があるのでしょうかね。スタ丼のお店も広がっていますが、チェーン店化されるのもわかります。玉子が一緒についているのもうれしいです。ご飯と玉子、肉が混ざったところが一番いい感じになります。ご飯がやや固めの炊きあがりで、私の好きなタイプでした。もやしの味噌汁もちょうどいい組み合わせです。

550円でお腹いっぱいになりました。デカ盛りチャレンジがあるみたいで、クリアした一橋の学生さんの色紙などがたくさん貼ってありました。国立の三大名物(デカ盛りの店?)と呼ばれるものがあるらしく、こちらのお店と、あと2つはロージナ茶房深川つり舟だそうです。
[MAP]
(Mu-To)
Sutadonganso

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■バーンキラオ

国立旭通りのタイ料理屋さん。有名店で、天下市の屋台で買ったりしたことはあったのですが、私は初めての来店。嫁さんはランチ、夜とも何度か来ているらしい。今回は人気のランチバイキング(1人1080円)です。

開店すぐくらいに行ったのですが、すでにお客さんが入っていました。お店はやや狭めですが、料理をすぐ取りに行ける良さはありますね。
早速の一皿目。生春巻、シャキシャキレタスにプリッとした皮とエビがおいしいです。生春巻って手間がかかってる分、リッチな感じがしますね。その上のビーフンも辛くなくやさしい味。手羽の唐揚げも人気の一品で、カラッと揚がったお肉がおいしいです。その左は汁パッタイみたいなもの。ちょい辛。その手前の鶏とニンニクの芽の炒め物も、ちょい辛、やや甘めのソースでした。
左のスープはトムヤムクンですが、これがエビの出汁がすごく出てておいしい。辛みは結構ありますが、うまみがグッと出ていてスープとしてはちょうどいい感じ。タイ料理屋の本気のトムヤムクンという感じがしました。

続いて炭水化物系。パッタイは以前も天下市で食べてますけど、かなり甘く感じる味ですね。それからチャーハン。器に入っているのはグリーンカレーです。いわゆるさらっとしたタイカレーですが、タケノコが煮込まれていて、ほんのり酸味とかなりの辛味。さらっとしている分、喉に直接来る辛さでした。オレンジジュースで緩和します。
三皿目は、手羽とパッタイ、チャーハンをおかわりして、料理の入れ替えで出てきた豚肉とタケノコ炒めをいただきました。これもそんなに辛くなく、ご飯に合う味でした。
デザートはタピオカココナツミルクにココナツソフトクリーム、タイティーと一緒に。ソフトクリームが冷たくて甘くて、ココナツの味もちょうどよくおいしかったです。

つい食べ過ぎてしまいましたが、タイ料理のバイキングって割と珍しいですよね。料理も本格的でおいしいので、平日のランチタイム、満席でした。子供が辛いものが苦手なので来るタイミングが難しいのですが、また来たいと思います。後で知ったのですけど、ぐるなびにランチでも使える10%オフクーポンがあるようです。
[MAP]
(Mu-To)
Baankirao1 Baankirao2 Baankirao3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■カフェ コクブ

国立駅から北方面、国分寺第二小学校やトトロの木の近くにある、カフェ兼スタジオのお店。嫁さんがママ友ランチをした時のことを書いておこうと思います。

ランチは、パンのランチとごはんのランチの二択のようです。嫁さんはごはんのランチで、この日のおかずはスペアリブ。サラダ、スープなどがついて1100円です。手作りの感じがいいですね。スペアリブの味もよかったようです。

見た目が、外国の田園地方の家みたいで気になりますよね。スタジオが併設されていて、パーティーとかコンサートもできるようです。この辺りはカフェ等があまりないので、ゆっくりすごせる場所があるのはいいですね。
[MAP]
(Mu-To)
Cafekokubu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■萬月

国立駅北口をちょっと行ったところ、光ショッピングセンターにある和食のお店。平日のランチに入ってみました。釜飯と魚が自慢のお店みたいです。

私は豚の角煮と葱の釜飯(1512円)。釜飯は種類がいろいろあって迷ったんですけど、こちらは結構正解だと思いました。角煮が柔らかくてホロホロっとしています。ほどよくタレが染みていて、しばらく蒸すとおこげもこんがりしておいしいです。ネギも混ぜるとバランスがよくいい感じ。ボリュームもあってお腹もいっぱいです。
水炊きも鶏肉の出汁でいい味が出ていました。揚げタマネギが乗った豆腐も付け合わせとしていいですね。
嫁さんは、ぶりの刺身定食(1080円)。こちらも水炊き付き。逆から写真撮っているので見えにくいですけど、身のぷりっとしたお刺身の定食でした。

ランチタイムは近所にお勤めの方々が次々と来ているみたい。安心して食べられる和食という感じですね。いろんな人にオススメできるお店かなと思います。
[MAP]
(Mu-To)
Mangetsu1 Mangetsu2 Mangetsu3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■鳥貴族 鶏釜飯

国立駅南口、富士見通りの入口のダイソーの地下。鳥貴族に久々に行きました。前回は一人飲みでしたが、今回は家族で入りました。

一皿280円(税込302円)均一で焼き鳥がメインですが、他にもあります。ビールでカンパイしつつ、最初はさっぱりサラダと豚串。タブレットで注文するようになっているのですけれど、鶏より焼く時間が短いのか先に出てきました。小学生以下はソフトドリンクを頼むと他の種類も含めておかわり自由です。こちらもジョッキで来ます。

続いて、つくねチーズ焼きと皮塩。つくねはチーズとの組み合わせがいい感じ。皮はこんがり香ばしく、歯ごたえがプリプリです。そして名物、もも貴族焼き(たれ)。肉の味はわりと淡泊かな。前にテレビでやっていましたが、こちらは毎日お店で串を手打ちしているのが、肉の新鮮さを保つポイントらしいです。
続いて写真手前が砂肝、奥が三角(ぼんじり)。コリコリした砂肝は定番ですが、三角は脂があってすごくジューシーな味わいでした。ボリュームもあっていい感じです。

〆は鶏釜飯と皮たれ。釜飯は作るのに25分くらいかかるのですけれど、やさしい出汁の味に鶏肉も入ってなかなかいいです。これも結構ボリュームがあって、こんがりしたおこげも〆にいい感じです。
他にも、ポテトサラダ、みたれなど、飲み物はみかん酒のソーダ割などいただきましたが、リーズナブルな価格でお腹いっぱいになりました。

日曜日、開店の18:00過ぎに入ったのですけれど、次々お客さんが入ってきて、かなり混んでいました。前回来た時はまだ消費税が5%でしたが、今回も定価自体は変わらず。ただ10月からついに定価298円、税込321円に値上がりするようですね。あと、こちらのお店は席で喫煙可で分煙されていないので、そこも気を付ける必要があります。
[MAP]
(Mu-To)
Torikizokukama1 Torikizokukama2 Torikizokukama3 Torikizokukama4 Torikizokukama5 Torikizokukama6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■扇の牛 TOKYO

長江菜館や、くにたちサイクル(昔は国立ビーエス商会という名前だったと思いますけど)のところにある焼肉屋さん。高級そうなお店で気になっていたのですが、ランチ営業を始めたと聞いて行ってきました。

ランチは焼肉セットなどもありますが、肉寿司がメインのようです。並(1274円)、上(1598円)、特上(2030円)とあって、今回は上炙り寿司(1598円)をいただいてみました。スープとお新香付き。
上は2貫ずつ5種類のお肉が味わえます。ご飯は酢飯でなく普通のご飯のようで、少し小さめですが10貫食べるので結構お腹にはたまります。写真右側手前から、ハラミ、とろタン、芯ロース、左が手前から、さっと焼き生ロース、カルビです。

タンは塩だれ、ハラミは生姜醤油、カルビはタレでいただく形ですが、どれも柔らかくちょうどいい感じに焼かれています。タンは歯ごたえもよくいい感じ。ハラミとカルビもそれなりかな。わりとタレが薄味なので、タンは塩を、ハラミとカルビは少し醤油をかけるとちょどいいと思います。
そして、こちらの中で一番おいしいと思ったのは、左手前のさっと焼き生ロースと右奥のウニが乗った芯ロースです。A5ランクの銘柄メス牛を使っているということで、歯ざわりから柔らかく、肉のうまみもギュッと出てくる感じです。特にさっと焼き生ロースの柔らかさは抜群。少しワサビを足すと、さらに肉の甘みが感じられておいしいです。芯ロースの方も、ウニがまったり濃厚で贅沢なおいしさでした。

特上はカルビじゃなくてトモ三角になったり、トリュフがかかったりするようですが、個人的には上が一番バランスよさそうに思いました。さすがお肉にこだわりがあるお店という感じです。焼肉屋って、ついついカルビに目が行きがちですが、こちらのお店の場合はロースですね。座敷のほか、テーブル席もあります。夜にも一度来てみたいと思いました。
[MAP]
(Mu-To)
Ouginoushi1 Ouginoushi2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■プチ・アンジュ クリームパン

国立の芸術小ホールに用事があり、ちょっと休憩にプチ・アンジュでパンを買って外のテーブルでいただきました。

スイーツ系ばかり3つ。写真左のマーブルフレンチトースト(152円)は、生地にキャラメルが練り込まれていて、しっとり甘いフレンチトーストです。外側はメープル味でこんがり香ばしい味。リーズナブルなのにかなりおいしいですね。
真ん中はチーズタルト(180円)。皮は薄いパイ生地風。これはまあ普通かな。

右はクリームパン(162円)です。クリームパンは以前も食べているのですが、改めて食べるとカスタードのふわふわ感がすごいですね。ふわっとした食感という意味では、アカリベーカリーネイバーズブランチにも近いです。味としてはカスタードが濃厚で、その点ではパンパティにも似ています。
トータルで言うと、パン生地がパサッとせず、薄目でクリーム感がしっかり味わえるところがかなりいいと思いました。上記のパン屋さんのクリームパンはどれもおいしいですが、こちらもレベルの高いおいしさだと思いました。

パックコーヒーは108円。外でのんびりパンを食べるのもなかなかいい感じでした。
[MAP]
(Mu-To)
Petitangecremepan

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■シエル・ドゥ・リヨン 若鶏のロースト

国立の有名なフレンチのお店。嫁さんはママ友のランチで何度も来ているのですが私は全然行っていないなと思い、一人でも行ってみようと決意して行ってみました。どれぐらい久々かと思ったら前回は2005年でした。12年ぶりって…。

ランチは3種類ですが、若鶏のロースト(1100円)を選択。一緒に新タマネギのブイヨンスープ(450円)も頼んでみました。
まずスープですが、煮込まれたタマネギがシャキシャキして甘みもちょうどよく、ブイヨンスープとぴったりでした。他の具材はニンジンなど。上に乗った白胡椒もいいアクセントでした。
そしてお待ちかねのチキンのロースト。まずカリッと焼きあがった表面の皮。食感と香ばしさがいいです。鶏肉は下味が付いていて、マスタードのソースとぴったりあっておいしいです。フレンチはソースが勝負といいますが、少しピリッとしつつも、うまみがじゅわっと出てくる感じのソースが鶏肉に合っていいですね。チキンの下にはマッシュポテトが添えられていて、ソースにも合ってボリューム的にもいい感じです。この味で1100円はお値打ちですね。

11:30の開店少し前に行ったらすでに行列が出来ていて、すぐに満席になる感じでした。お料理が出るまでは少し時間がかかります。3種類のランチの中で嫁さんの定番はオープンサンドみたいですが、若鶏のローストもかなりオススメです。前回来た12年前からは消費税増税もありましたし100円上がったみたいですね。中央線も高架化前の話です。
[MAP]
(Mu-To)
Cieldelyon1 Cieldelyon2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧