« ■ジミーズダイナー | トップページ | ■オフハウス・ハードオフ、エコ&キッズ アキラ »

■レ・アントルメのモンブランとイチリンのラ・ムール

今月のマンスリースイーツは前にも来た清月なのでスルー(イオンモール多摩平の森にもお店があります)。

さて国立周辺でスイーツと言えば、いろいろお店もある一方でレ・アントルメイチリンが有名ですが、個性の強さより安定感で勝負という感じがします。

アントルメの方ではモンブラン(450円)、チーズタルト(360円)、生ロールケーキ(230円)、シュークリーム(160円)をいただいてみました。どれも他のケーキ屋さんにもあるタイプのものですが、それぞれ特徴があります。
モンブランは栗の味が濃厚で、ほんのり洋酒の香りがします。サクサクしたタルトと、濃厚な生クリーム、栗のペーストとの組合せがすごくおいしい。
チーズタルトはタルトが固いタイプ。チーズクリームが濃厚で甘さはそれほど強くありません。アントルメのロールケーキは、生地のギュッと詰まった感じ、どっしり感が特徴です。シュークリームはクリームのバニラの香りがしっかりしていました。

イチリンではラ・ムール(写真手前 440円)とポワシトロン(写真奥 450円)をいただきました。
ラ・ムールは、固いビスケットのようなタルトに紅茶のムースが乗り、中には洋ナシ、上にはキャラメルがかかっています。紅茶とキャラメルの組合せが鉄板。洋ナシのさわやかな甘みもアクセントになっています。
ポワシトロンは上段がレモン味のムース、下段はこちらも紅茶のムースです。レモンティーのような、こちらもさわやかな味のケーキでした。

さらにバナナタルト(440円)とティラミス(380円)。バナナタルトはサクサクしたやや固めのタルトに生クリームが乗って、中にバナナの実とカスタードが入っています。バナナのインパクトがすごい感じ。
ティラミスはハロウィンバージョンです。昔のとは違って割とオーソドックスなタイプですが、少し洋酒の味がして大人っぽい味付けでした。

以前、誕生日ケーキでアントルメとイチリンの食べ比べをしたことがありましたが、アントルメは固めのタルトを使ったガトーフレーズやどっしりとした感じのクリームや生地、イチリンは濃厚なチョコレートのクラシックやふわっとしたタイプのムース系のケーキに特徴があって、それぞれ基本の延長にレベルの高さが出ている気がします。
今後またそれぞれで定番のケーキを見つけていきたいと思います。
[アントルメ MAP]
[イチリン MAP]
(Mu-To)
Entremontbranc Ichirinlamour Ichirinbananatart

|

« ■ジミーズダイナー | トップページ | ■オフハウス・ハードオフ、エコ&キッズ アキラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71418/62087350

この記事へのトラックバック一覧です: ■レ・アントルメのモンブランとイチリンのラ・ムール:

« ■ジミーズダイナー | トップページ | ■オフハウス・ハードオフ、エコ&キッズ アキラ »