« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

■BAKE

自由が丘で行列ができるチーズタルトのお店として有名なベイク。前から気になっていたのですが、立川グランデュオの一角、JR改札の内側にお店ができていたことをつい最近知って、早速行ってきました。

焼きたてチーズタルトは216円。1個その場でいただくことにしました。
焼きたてアツアツかと思いきや常温。チーズの甘さをちょうどよく出すために少し冷ましているようです。一口食べると、チーズクリームがふわふわでとろとろ。クリームの甘さ、さわやかな軽い酸味もちょうどいいです。タルトもクッキーみたいにカリッとしてほんのり甘さがあります。
さすが行列のできるお店だけありますね。特にクリームのふわふわ感が格別でおいしいです。

このサイズのタルトはパブロのタルトミニとか、FLOのタルトミニョン、カスタードマニアの窯出しエッグタルト、アンドリューのエッグタルトなどいろいろありますが、こちらのものが一番クセになりそうなおいしさがあります。

話題のお店が都心の次として立川に進出してくる例が結構ありますね。エッグスンシングスとかもそうかな。アンド・ザ・フリットは撤退してしまいましたが。
昨年8月にオープンしていたみたいなので、特に行列はありませんでした。改札の内側というのは、国立から行くのを考えると便利といえば便利かな。またスイーツお土産の候補が一つ増えました。
[MAP]
(Mu-To)
Bake1 Bake2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■浪花古市庵

nonowa国立Westにある関西風のお寿司のお店。梅の花グループらしい。おいなりさんがおいしそうだったので買ってみました。

半分に切って並べてみました。写真左からプレーン(65円)、野沢菜わさび(113円)、鶏ごぼう(113円)です。
お揚げの甘いタレがいい感じ。やさしい酢飯の味。プレーンはシンプルなおいなりさんで、鶏ごぼうは筑前煮の鶏が入ったような感じです。中でも一番おいしかったのは野沢菜わさびでした。わさびの辛みが効いていて、さっぱりした野沢菜の味が、お揚げのタレの甘さを引き立てている感じでした。
新幹線で出張に行く時、東京駅地下にある豆狸というところのおいなりさんを時々買っていましたが、こちらのもなかなかいい感じです。

サイズもちょうど食べやすく、お値段もちょうどいいですね。浪花寿司という賽の目に敷き詰められた押し寿司がきれいだったので、また買いに来たいと思います。
[MAP]
(Mu-To)
Naniwakoichian

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■グリージョ 牛ハラミのグリルランチ

国分寺のおいしいイタリアンのお店。久々にランチに来てみました。
こちらはやはりグリルがオススメです。前回ポークがおいしかったですが、今回は牛ハラミにしてみました。牛ハラミのランチは追加料金かと思ったら、120gとやや少な目だけど同じ1200円でした。

最初にサラダが出てきます。ドレッシングはさっぱりした感じ。グリルは少々時間がかかりますが、ぐっと待ちます。
そしてお待ちかねの牛ハラミです。見た目は、ややレアのステーキみたいですが、一口食べてみると噛んだ時の肉汁にうまみがあって、肉の味がちょっと違うなと感じさせてくれます。焼き加減の香ばしさもちょうどいい感じ。バルサミコをベースにしたタレもおいしくて、深みのある肉の味にマッチしています。付け合わせのシイタケ、カブ、ホウレンソウもおいしかったです。焼いた梅?はちょっと微妙な感じもしますが。
自家製フォカッチャもふかふかでおいしいです。お肉は120gでも十分満足でした。

最後は苦みの効いたコーヒーで〆。優雅なランチをいただけた感じでした。ポークもいいけど、牛ハラミもいいですね。
会社の同僚とランチに来る方や奥様ランチの方々など、グリルやパスタをシェアして食べてる方が結構いました。
[MAP]
(Mu-To)
Grigiogyuharami1 Grigiogyuharami2 Grigiogyuharami3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■九龍點心

ららぽーと立川立飛の点心食べ放題のお店、くーろんてんしん。いつも行列が出来ていて気になったので日曜日のディナータイムに入ってみました。休日のディナーは大人2482円、小学生1186円です。90分制。

お腹を空かして行ったので、最初から大量のお皿を並べています。こちらの目玉はやはり小籠包でしょうかね。エビ、フカヒレ、蟹玉子、豚などの種類があります。どれも肉汁たっぷりで、生姜と酢醤油をつけてレンゲの上でジュワーっと溢れ出るのを楽しむことができます。ただ、フカヒレや蟹玉子の具材の違いは今一つ分からず。高級店ほどではないですが、作り立てアツアツでかなりおいしい小籠包だと思います。
写真左下のラーメンはカウンターで注文します。こちらは担々麺。コーンやザーサイ、ワカメ等をトッピングできます。辛さもほどよくおいしかったです。

中華の定番、写真中段のコーンスープやエビチリ、ピータン豆腐に麻婆豆腐も安定したおいしさでした。四角い器の白菜とキノコ、蟹のクリーム煮もおいしかったです。蟹はあまりたっぷりではありませんでしたが。
ついつい食べたくなるのが炭水化物系。鮭炒飯と上海焼きそばも好きな味でした。隣の青椒肉絲もおいしかったです。

デザートに行く前に蒸篭の焼売。筍焼売とエビ焼売がありましたが個人的には筍焼売が好きでした。肉の味がぎゅっと詰まっています。
デザートは、マンゴープリンに杏仁豆腐、ゴマ団子に愛玉子(オーギョーチ)、白玉あずきをいただきました。どれもおいしいですが、杏仁豆腐はアンニンの味がしっかりしていてよかったです。
タピオカドリンクも自作可能。タピオカ適量にシロップとミルクティーを入れます。ドリンクバーも付いているので、最後にカフェラテもいただきました。

ということで、つい元を取ろうと頑張ってしまって、お腹パンパンになって帰りました。種類がいろいろあり、小籠包もアツアツでよかったです。
入る時少し並びました。E-PARKのサイトで混雑状況は見られますが、順番待ちはお店の前の機械でチケットを出す必要があるようです。
[MAP]
(Mu-To)
Kowloontenshin1 Kowloontenshin2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■イチ

すた丼の店ムタヒロ国立店の2Fにあるステーキとハンバーグのお店。去年の12月頃までシジュウという名前で、札幌のお店の暖簾分けだったようですが、独立してichiという名前になったようです。以前、Yume×Time Cafeがあって、その後アジア料理屋さんになっていた場所です。

ハンバーグランチ(150g 1100円)をいただいてみました。サラダ、ドリンク付き。ご飯大盛です。
牛100%でつなぎなしのハンバーグ。アツアツの鉄板で出していただきました。お肉は粗挽きで、肉の粒がしっかり味わえるタイプです。タレは甘辛なんですが、胡椒がたっぷりでかなりスパイシーでした。でもお肉の味に合って、ご飯が進みます。
感じとしては、テキサスのハンバーグに近いですかね。見た目は違いますが、肉の感じはWish Boneにも似ているかも。
付け合わせのポテト、タマネギもよく焼かれておいしかったです。食後のコーヒーも苦みがしっかりしてよかった。

最後の写真はシジュウの時に行ったもの。全く同じでした(ご飯は普通盛り)。
店内がすごく明るくていい感じです。結構人気があるみたいで2回とも混んでいました。焼くのに時間がかかるので料理が出てくるまで少し待つかもしれません。
[MAP]
(Mu-To)
Ichi1 Ichi2 Ichi3 Ichi4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■すし屋 銀蔵

国分寺駅ビル セレオのレストラン街にあるお寿司屋さん。ランチに入ってみました。

この日の日替わりセットは天ぷら、握り、うどんのセットで1000円です。冷たいうどんにしてみましたが、かなりボリュームたっぷりです。握りは炙りサーモン、びんとろマグロが結構おいしい。他にはマグロ、イカ、イクラに玉子。天ぷらもまあ、それなりですかね。アツアツではないですがちゃんと揚がってる感じはします。エビ、キス、舞茸。緑のはインゲンだったかな。茶碗蒸しも付いてました。1000円でいろいろ食べられてうれしいと思いました。

こちらのお店は、昼も夜もどのネタも2貫280円均一です。せっかくなので大トロを追加でいただくことにしました。
サイズはちょっと小ぶりですけど、ネタはそこそこ厚みがあります。トロの甘味もばっちり。1貫140円としては満足な大トロでした。

平日のお昼でしたが結構混んでいました。国分寺は町の飲食店も比較的充実していると思いますが、やはり駅ビルは便利なようで、レストランフロアは他のお店も結構にぎわっていたように思います。
[MAP]
(Mu-To)
Ginzo1 Ginzo2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■キハチイタリアン

立川伊勢丹のレストラン街にあるイタリアン。やや高級めな感じですが、伊勢丹レストラン街で使える食事券があったので、こちらに入ってみました。

今回いただいたのは、ランチコースのデライト(2700円)です。前菜とパスタを選んで、デザートとドリンクが付きます。
まず前菜は、柔らかく蒸しあげた伊達鶏肉と冬大根のサラダ仕立て柚子明太子風味(写真2枚目)。鶏は胸肉のようですが、メニュー名のとおり柔らかいです。野菜も赤と白の大根、エシャロット、山芋、キュウリ、プチトマトとどれもシャキシャキしておいしい。
タレはすりつぶしたタマネギに柚子と明太子、オリーブオイルでしょうか、結構辛みがあるのですが、鶏肉と野菜によくあっていました。

選べるパスタは、柔らかく煮込んだ豚肩肉とグリーンオリーブのリングイネです。こちらもまたメニュー名のごとく豚肉が柔らかく煮込まれていて、口の中でホロホロっと崩れる感じです。胡椒とオリーブの香りにチーズがねっとり絡んで、うまみがギュッと味わえます。マイルドなニンニクの味もいいですね。フォカッチャもふかふかでよかったです。
最後はデザートとコーヒー。手作りプリンとシャーベット。シャーベットは洋ナシだったかな。シメにちょうどいい感じのデザートでした。

確かにおいしいランチだったのですが、2700円というのはちょっと高いですね。立地にもよるかもしれませんが、1000円台でもこれくらい頑張るお店はあるような気がします。
立川駅北口はタクロスがオープンしてヤマダ電機LABIが入りましたね。スペースが広々して、家電をゆっくりみられる感じでした。おもちゃ売り場の階には、有料ですが子供が遊べる遊具のスペースもありました。ビックカメラも少しリニューアルして、あまり雰囲気は変わりませんが少し通路に余裕ができた感じ。ecuteの2Fもリニューアルされて、同じフロアにスタバとタリーズが入りました。
今年も立川はどんどん発展していきそうです。
[MAP]
(Mu-To)
Kihachiitalian1 Kihachiitalian2 Kihachiitalian3 Kihachiitalian4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■オールドカフェ ときの木

国立富士見通りの喫茶店。遅めのランチを食べに入りました。
縦長の店内は、いかにも喫茶店という感じの落ち着いた雰囲気で、木のぬくもりが感じられる内装です。キノコのカレー、サラダ、コーヒーセット(1250円)をいただきました。

カフェのカレーって、ほんやら洞とかロージナ茶房とか、かなり辛いのをイメージしますが、こちらはスパイスは効いてるけどそんなに辛くないです。名前通り、エリンギ、シメジなどキノコがたっぷり入っています。パプリカもアクセントでいい感じ。マイルドだけどカフェらしさを感じるカレーでした。
食後のコーヒーも、さすが喫茶店らしく香りがよく、コクはあるけどそんなに苦みはない味でした。

ゆっくり本を読んだり、のんびり過ごすのによさそうなお店でした。
[MAP]
(Mu-To)
Tokinoki1 Tokinoki2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■Farm to table De Salita

国分寺北口のイタリアン、ファームトゥテーブル デ サリータ。まぜまぜムタヒロシレーナふうみどう等の近くです。人気があると聞いて、ランチに来てみました。
サラダバフェ、スープ、デザート、ドリンクがついて、メインがピザ、パスタ等から選べるランチは1200円です。私は、あえて定番でなく限定と書いてあったアサリと白菜のリゾットにしてみました。

まずサラダバフェですが、お野菜がたっぷり並んで、キュウリや大根、ヤングコーンなど、どれもシャッキリした感じが新鮮さを感じます。ドレッシングもおいしかったです。豆、ポテトサラダ、イタリア風オムレツはフリッタータかな。薄焼きピザ、バーニャカウダもありました。種類豊富で満足感が高いですね。
この日のスープはニンジンのスープ。すったニンジンの食感など、こちらもおいしかったです。

そしてメインのリゾットですが、アサリの出汁にチーズのまろやかな味、さらにニンニクのパンチが効いていて、とてもおいしいです。白菜も出汁を吸っていていい感じ。お米の食感もツブが立っていておいしかったです。レベルの高い一皿と言ってよいのではないでしょうか。最後にドリンクのコーヒーとサラダバフェのところにあるデザート、この日はココナッツプリンをいただきました。

1200円でこれだけ揃っているのはかなりお値打ちですね。この日は雨の日で空いているかと思いきや、ランチ会っぽい奥様方がかなり来ていました。2F席もあるのでスペースは結構あります。
恵比寿屋の系列のようです。すごく前に行った立川の一砂もそうだったらしい(昔マイレージ貯めてた時に行きましたが、今はプログラム自体が変わっています)。
国分寺のイタリアンは、カレラシレーナグリージョジャポリボタニカ等、いろいろありますが、こちらも人気がある理由がよくわかりました。
[MAP]
(Mu-To)
Farmtotabledesalita1 Farmtotabledesalita2 Farmtotabledesalita3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■軽井沢ファーマーズギフト

ららぽーと立川立飛は元日から営業していたようですが、1/2の遅い時間にちょっと行ってみました。好きなブランドがある方は洋服等の福袋を狙うと思いますが、我が家的には食品等のお得そうなものを狙うことが多いですね。今回は、軽井沢ファーマーズギフトの2000円の福袋を買ってみました。

こちらのお店は割と凝った食材を扱っているので、お中元等の贈り物に使ったことがあります。福袋の中身は、ブルーベリージャム、アボカドわさびマヨネーズ、ドライクラッカーのアンチョビマヨポテト、お漬物のサラダニンニクバジル風味、子持ち野沢菜昆布、お菓子のマドレーヌ、パイで約3700円相当です。こちらのお店の特徴的な商品が揃っていて、お試しセット的な感じになっています。
アンチョビマヨポテトはジャガビーみたいな感じですが、マヨとアンチョビの味がクセになりそうなおいしさ。アボカドわさびマヨネーズもお店で試したことがありますが、クラッカー等に付けて食べるとピリッとした辛さがいい感じです。他の食材も楽しみです。

食品の福袋でうちがよく買うのは、ビアードパパと銀だこですかね。
ビアードパパは、パイシュー3個、イチゴシュー3個、2000円分の引き換え券が付いて2000円。銀だこはたこ焼き引換券2枚、タコ飯の素、割引クーポン付きカレンダー等が付いて1000円です。
あと、うちは子供がすみっコぐらしにハマっていて、去年喫茶すみっコのイベントにも行きましたが、西国分寺のロッテリアで売っていた、すみっコぐらしの福袋も買いました。すみっコの紙皿、紙コップ、ランチョンマット(シート)、トート、ミニブランケットと、ハンバーガー、ポテト等の約2000円分の引き換え券が付いて2000円。正直、グッズのクオリティはイマイチな感じなんですが、子供は喜んでいます。

nonowa国立でも福袋を用意しているお店がたくさんありました。新しいお店が増えると、福袋もどこで買うか迷ってしまいますね。
[MAP]
(Mu-To)
Karuizawafarmer Sumikkofuku

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■nonowa国立のスイーツたち

あけましておめでとうございます。今年の一本目はnonowa国立のスイーツをご紹介。いつもよくマンスリースイーツを使っていますが、今回はnonowa国立Westの3つのお店で買ってみました。

まずはアントルメ国立のチョコプリン(324円)と国立焼きプリン(324円)です。チョコプリンはチョコがすごく滑らかで濃厚な味。ややビターで生クリームが合いますね。
国立焼きプリンの方は、いわゆるとろけるプリンですが、濃厚さ滑らかさのレベルは高いです。甘さはやや強め。個人的にはイチリンプリンの方が好きかな。ただコンビニプリンのレベルも上がってきているので、コスパを考えるとなかなか侮れません。最近売られ始めたスタバのミルクカスタードプリンがおいしいと聞いたので食べてみたのですが、346円の割にはコンビニのちょっといいプリンという程度でケーキ屋さんのプリンにはかないませんでした。

続いては桔梗屋黒蜜庵の桔梗信玄餅アイス。写真右がオリジナル(291円)で左がプレミアム(346円)です。どちらもきな粉味のアイスで真ん中に黒蜜が入っています。オリジナルの方は小さいお餅(というか求肥)がアイスの中に入っていて、プレミアムの方は大きいお餅が上に乗っていて、さらにきな粉がかかっています。確かに蜜とアイスを混ぜて食べると信玄餅みたいな味。プレミアムの方は確かにお餅は大きいのですが、切りにくいので若干食べづらい感じ。きな粉はたっぷりでいいのですけどね。

最後はブリオッシュ・ドーレのトロペジェンヌ(350円)です。ポスターでフランスの女優が愛した味、とすごいプッシュしていたので買ってみました。
シュークリームのような見た目ですが、ブリオッシュパンにやや固めのカスタードが挟まって、上に砂糖の粒がたくさん乗っています。カスタードに入っているオレンジの粒がさわやかな味わいになっていました。

nonowa国立Westのオープンは昨年の4月でしたが、すでに生活の一部になってきたなという感じがします。
ちなみにマンスリースイーツの方は1/6まで12月のお店が続いて、1/7から新しいお店(3回目のドゥリエール)になるようです。
[MAP]
(Mu-To)
Nonowasweets1 Nonowasweets2 Nonowasweets3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »