« ■ミスターワッフル | トップページ | ■フルーツピークス 果樹園のパフェ »

■扇の牛 TOKYO

長江菜館や、くにたちサイクル(昔は国立ビーエス商会という名前だったと思いますけど)のところにある焼肉屋さん。高級そうなお店で気になっていたのですが、ランチ営業を始めたと聞いて行ってきました。

ランチは焼肉セットなどもありますが、肉寿司がメインのようです。並(1274円)、上(1598円)、特上(2030円)とあって、今回は上炙り寿司(1598円)をいただいてみました。スープとお新香付き。
上は2貫ずつ5種類のお肉が味わえます。ご飯は酢飯でなく普通のご飯のようで、少し小さめですが10貫食べるので結構お腹にはたまります。写真右側手前から、ハラミ、とろタン、芯ロース、左が手前から、さっと焼き生ロース、カルビです。

タンは塩だれ、ハラミは生姜醤油、カルビはタレでいただく形ですが、どれも柔らかくちょうどいい感じに焼かれています。タンは歯ごたえもよくいい感じ。ハラミとカルビもそれなりかな。わりとタレが薄味なので、タンは塩を、ハラミとカルビは少し醤油をかけるとちょどいいと思います。
そして、こちらの中で一番おいしいと思ったのは、左手前のさっと焼き生ロースと右奥のウニが乗った芯ロースです。A5ランクの銘柄メス牛を使っているということで、歯ざわりから柔らかく、肉のうまみもギュッと出てくる感じです。特にさっと焼き生ロースの柔らかさは抜群。少しワサビを足すと、さらに肉の甘みが感じられておいしいです。芯ロースの方も、ウニがまったり濃厚で贅沢なおいしさでした。

特上はカルビじゃなくてトモ三角になったり、トリュフがかかったりするようですが、個人的には上が一番バランスよさそうに思いました。さすがお肉にこだわりがあるお店という感じです。焼肉屋って、ついついカルビに目が行きがちですが、こちらのお店の場合はロースですね。座敷のほか、テーブル席もあります。夜にも一度来てみたいと思いました。
[MAP]
(Mu-To)
Ouginoushi1 Ouginoushi2

|

« ■ミスターワッフル | トップページ | ■フルーツピークス 果樹園のパフェ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71418/65647414

この記事へのトラックバック一覧です: ■扇の牛 TOKYO:

« ■ミスターワッフル | トップページ | ■フルーツピークス 果樹園のパフェ »