« 2021年3月 | トップページ | 2021年5月 »

■イケア プラントカツカレー

部屋にいる時間が長くなるので、椅子を買い替えたり部屋を整理したりしています。収納棚はサイズ的にIKEAのものが良さそうだと思って立川店に行ってみました。
ところがなんと目当てのものが売り切れ。やはり巣ごもり消費で家具が売れているのですかね。ネットでメアドを登録しておくと入荷したら連絡がくるみたいなので、この日はランチを食べて帰ることにしました。

平日だったのでレストランも座れなくて困るほどではありませんでした。
私がいただいたのはプラントカツカレー(499円)とアップルケーキ(199円)。植物性食品は動物性食品より環境負荷を下げられるということで、イケアはこうしたサステナブルな取り組みに力を入れているそうです。
プラントカツは結構カツっぽい感じがして、違和感はないです。トンカツとは違いますが、チキンカツっぽいというか、イカフライっぽいというか、わりと淡泊な味で歯ごたえもあり、カレーにも合っておいしかったです。
アップルケーキ(199円)は甘く煮たリンゴのケーキにクランブルがたっぷり。これも安いのにおいしいです。1Fで冷凍したものを485g 499円で売っていてお土産に買いました。

嫁さんはスウェーデンミートボール(レギュラー8個 599円)。ミートボールもプラントベースがあるのですが、こちらは普通のお肉のものです。以前も食べてますが、肉の味付けがしっかりしていて、リンゴンベリージャムを付けるとちょっと甘みも加わっておいしいです。
他にラザニアもミートソースがプラントベースになっているみたいですね。

さて後日、入荷通知をもらって平日の夕方に再び買いに来ました。夕方でも案外駐車場に車があって、お客さんも来ているのですね。
この日は家具を買った後に、1Fビストロでプラントベースアップルソフト(50円)を食べてみました。こちらもプラントベースということは、牛乳ではなくて豆乳のアップルソフトなのかな?爽やかなリンゴの甘みでおいしかったです。

イケアは家具や雑貨を見るのも楽しいですが、食べ物も安くてちょっと気が利いているので、買い物に楽しさをプラスしてくれている気がします。
[MAP]
(Mu-To)
Ikeaplantkatsucurry1Ikeaplantkatsucurry2Ikeaplantkatsucurry3

| | コメント (0)

■デリコメール

nonowa国立に出来たオムライスとサラダの専門店。キューピーの関連会社のようです。ランチに買ってみました。

見た目もおしゃれな感じですよね。どれも玉子はややしっかり目。
グリルチキンとオムライス(880円)は、チキンがしっかり香ばしく焼かれていてハーブの香りもよくおいしいです。チキンライスと玉子にも合います。ケチャップ味のオムライスもシンプルでいいですね。こちらが一番人気のようです。付け合わせはカボチャの素揚げと紫キャベツの酢漬け。

牛肉入りデミグラスソースのオムライス(751円)はデミグラスソースが濃厚。ビーフシチューみたいなお肉も入っておいしいです。わりと他でもありそうではありますが、個人的に好きな味です。
濃厚オマールソースのオムライス(751円)は、見た目の通りオマール海老のビスクみたいなソースがかかっています。中のご飯もチキンライスじゃなくてピラフっぽいです。クリーミーで、こういうエビ味のオムライスもいいですね。

種類を絞ったテイクアウトというのが今時っぽいかなとも思いました。またサラダ等も試してみたいと思います。
[MAP]
(Mu-To)
Delicomer1Delicomer2

| | コメント (0)

■アマンキッチン

国分寺駅南口にあるインド料理屋さん。この辺りだと北口のパナスアダルサには行っていましたが、こちらも本格的と聞いてやってきました。
オトメ和福の間、ちょっと急な階段を登った2階です。

ランチミールス(1300円)を頼んでみました。ミールスはダバクニタチでもいただきましたが、南インドの定食ですね。
写真1枚目がミールス、2枚目が説明書とセットドリンクのラッシー。3枚目はセットのサラダ、4枚目はサービスでいただいたマンゴーソースのヨーグルトです。
サラダはカレー風味のサウザンアイランドみたいなドレッシングがかかっていておいしかったです。ミールスは説明書とは配置がちょっと違って、4つの器の中身は左上からラッサム、サンバル、選んだカレー、ポリヤルです。上の小さな器はチャツネ。

まず説明の通り、おせんべいのようなパパドをご飯の上で砕いてふりかけのようにします。最初は辛味と酸味の効いたスープ、ラッサムから。香草の味がしっかりして風味がいいですね。続いてサンバルはスパイスの効いたスープカレーみたいな感じ。ちょい辛でごはんに合います。
選べるカレーはバターチキンカレーにしました。バター風味たっぷりでマイルドな辛さでした。こちらはナンにぴったり(なお、ナンは+150円でロティに変更可能だそうです)。ポリヤルは野菜のカレーで、サツマイモやナスなどが煮込まれていました。うまみがあっておいしいのですが、かなり辛くて汗がでました。
チャツネは2種みたいで、トマトとプラム。これがすごく辛くて、ご飯やナンに付けていただきました。
ご飯とナンでおいしいカレーがたっぷり楽しめます。結構辛いものもあるので、時々玉ねぎピクルスをかじったり、濃厚なラッシーで口をさっぱりさせたりしつついただきました。ライスは1回お替わり可能なのですが、ナンもあるのでお腹いっぱいでした。
食後のヨーグルトもよかったです。ドリンクはチャイやコーヒーも選べます。

ミールスはカレーのいろんなタイプが楽しめてよかったです。金曜日限定でビリヤニランチがあるそうなので、次は金曜日に来てみたいと思いました。
[MAP]
(Mu-To)
Amankitchen1Amankitchen2Amankitchen3Amankitchen4

| | コメント (0)

■コレ食べ 珀屋

4月後半の国立駅コレもう食べた?は、福岡の和菓子屋さん珀屋(はくや)です。4月前半のカサネオは2回目だったのでスキップしています。

嫁さんにいちご大福とジャンボみたらしを買ってきてもらいました。いちご大福は左から、塩つぶ餡、抹茶、塩こし餡、いちごみるく(各324円)です。私がいただいたのは、塩つぶ餡と抹茶。
塩つぶ餡は、塩豆大福にイチゴが入ったようなイメージ。生地がもちもちして、あんこの甘さもちょうどいいです。甘すぎない感じで、イチゴも大きくておいしい。
抹茶いちご大福は、生地もほんのり抹茶であんこも抹茶餡。抹茶感はそんなに強くないですけど、組合せがいい感じでこれもおいしいです。
いちごみるくは、生地もあんこもイチゴ風味のようでした。なかなかオリジナリティがありますね。
一緒に一番人気というみたらし団子(258円)も。みたらし団子にしては高いですが、サイズが大きいです。もちもちで、タレの甘さもちょうどよくおいしかったです。

コスパ的にはいちご大福の方がお得感があるかなと思いました。コレ食べは、洋菓子より和菓子の方が単価が安い傾向があるので、より賑わっている気がします。
[MAP]
(Mu-To)
Koretabehakuya1Koretabehakuya2

| | コメント (0)

■サミット みるく仕立て生食パン

サミットストア立川羽衣いちょう通り店で、みるく仕立て生食パン(通常540円 セールで518円)を買いました。
我が家はパンパティのパンドミだったり、高級食パンは国立駅北口のに志かわだったりをよく使うのですが、ちょうど焼きたてのタイミングでセールもやっているということで買ってみました。

名前の通りミルクの香りがしっかりします。高級食パンみたいな感じで、耳も柔らかく、焼かずにそのまま食べてもおいしいです。もっちりした食感で生地に甘みもあります。中身もぎっしり詰まっている感じですね。
価格もまあ手頃かな。他の高級食パンとの比較という意味では、あとは好みの問題かなと思いますが、スーパーの買い物ついでに買えるのはいいですね。

同じくサミット内のパン屋さんダンブラウンで、フルーツサンドいちご(通常387円 セールで348円)も買ってみました。イチゴがたっぷり入っておいしいです。ただ個人的にクリームはもうちょっと多い方がいいかなと思いました。
イチゴのフルーツサンドは、イチゴの甘さが決め手ではありますが、クリームの量も差が出やすいポイントではありますよね。これによってパンの味とのバランスが決まってくる気がします。イチゴやクリームの味はどこもそれぞれ良かったりはするので。

サミットで我が家が好きなのは8種の具材ビビンパ丼(430円)です。牛肉と温玉も入って結構本格的なんですよね。コチュジャンも付いて、ナムルの味もおいしいです。ご飯は雑穀入りもち麦ご飯。ある時とない時とありますが、手軽に済ませたい休日のお昼などによく買っています。

こちらのお店、土曜日にデザートやヨーグルトが2割引になったりするのですが、実は府中西原店では3割引になっている時もあります。ロピアがすぐ近くにあるからなのでしょうか。スーパーの仁義なき戦いという感じがします。
[MAP]
(Mu-To)
Summitmilkpain1Summitmilkpain2Summitmilkpain3Summitmilkpain4

| | コメント (0)

■ザ・ガーデン まい泉 ミニメンチカツバーガー

国立駅でnonowa口の改札を出ると、南側に出る出口の前にザ・ガーデン自由が丘のパンやお弁当を売るスペースがあります。閉店間際になるといろんなお店がセールをしたりしますが、こちらもパン等が最大半額になるので、帰り際に通りかかった時にチェックしたりしています。

今回半額でゲットできたのは、まい泉のミニメンチカツバーガー(152円→76円)とポケットサンド ヒレかつ(451円→225円)です。
ミニメンチカツバーガー、小さいですけど、まい泉らしくメンチカツのお肉の味がすごくいいんですよね。ソースの染み具合もいい感じでおいしい。うちの子が特に好きで、時々買っています。
もう一つのポケットサンド。ヒレカツの上に半熟玉子が乗っかって、柔らかい食パンで挟まれたサンドイッチです。半熟のとろける黄身と柔らかいヒレカツ、ソースがマッチしておいしいんですよね。カツ丼のサンドイッチ的な感じですかね。当初は東京駅のお店だけ限定発売だった気がするのですが、人気が出たのか定番商品になったみたいですね。

ザ・ガーデンがまい泉のサンドイッチを扱ってくれるのは、手軽に買えてありがたいです。セール品はタイミング次第ですけど、買えるとうれしいのでいつもチャンスを狙っています。
[MAP]
(Mu-To)
Thegardenmaisen1Thegardenmaisen2

| | コメント (0)

■笹らぎファクトリー

立川の押し寿司のお店。テイクアウト専門です。西国立駅の西側でRisuruホールの北側。以前、ネイバーズブランチがあったところのちょっと東側です。立川の名産と聞いて買いに行ってみました。

立川の有名なお寿司屋さん、あら井鮨が作ったお店とのこと。押し寿司の笹らぎ4種ミックス(1836円)を買ってみました。小鯛、穴子、エビ、サバが2個ずつ入っています。お寿司は笹に包まれ、パックされていますが、日持ちは常温で翌日くらいまでのようです。
小ぶりではありますが食べやすいサイズ。いわゆる押し寿司ですが、どれもうまみがしっかり出ている感じです。鰹節の味がよく出ている佃煮が入っていて、ネタといい具合に合います。最初カブか大根かなと思いましたが、ネタの下にあるシャキシャキしたウドの食感もいいです。
個人的には、エビとサバが特においしいと思いました。エビは佃煮との相性が抜群。サバは脂の感じがまったりして酢飯と合ってすごくおいしいです。小鯛もさっぱりした味わい。穴子もあっさり目のタレ味がいい感じでした。

少しお値段高めかもしれませんが、クオリティの高い押し寿司だと思います。地元の名産として、手持ちのお土産などによさそうです。
[MAP]
(Mu-To)
Sasaragifactory1Sasaragifactory2

| | コメント (0)

■はやし田

国立から西国分寺方面に行ったところ、日吉町交差点の角に新宿が本店の有名ラーメン店はやし田ができました。以前、ステーキけんだったところです。混んでそうだったのでしばらく様子を見ていましたが、ようやく行ってきました。
お昼時にいったらやはり行列でしたが、お店は広いので割とすぐに入れます。ラーメン出るまではちょっと待ちますが。カウンターもボックス席もあります。カウンターは仕切りのパネルあり。

醤油らぁめん(800円)をいただきました。昔ながらの正統派醤油ラーメン。スープは見た目ほど濃すぎない醤油味で、鶏ガラのコクがしっかり出ています。脂も適度に浮いてアツアツです。麺はコシのあるストレートな細麺で、全粒粉が使われていて麦の味がしっかり感じられます。
チャーシューは2種類。ローストポークのような半生豚チャーシューと、とろっとした鶏チャーシューです。どちらも低温調理で作られ、すごく柔らかいです。穂先メンマもザクザクした食感がいいですね。

丁寧に作られたおいしいラーメンでした。量もちょうどよかったです。鶏と豚のチャーシューの組み合わせは、今は閉店してしまったようですが武蔵小金井のむらさきを思い出しました。
駐車場もそれなりに広さがあるので、車でパッと来れるところもいいですね。
[MAP]
(Mu-To)
Hayashida

| | コメント (0)

■鶏眞

国分寺駅北口から西国分寺方面に行った所、セブンイレブンの向かいに出来た居酒屋さん。昼はランチやテイクアウトもやっています。以前、富士山の形をしたカレーをやっていたJ's dining いち膳のあったところです。その前はグリージョでしたが、ここの豚肩ロースのグリルはおいしかった。入りにくかった入口の扉は取り換えられていました。

ランチに入って、鶏塩白湯ラーメン(850円)をいただきました。
濃厚な鶏白湯スープ。ポタージュのような見た目です。とろっとしたスープに鶏のうまみがたっぷり出ていておいしいです。刻みタマネギがスープに合いますね。中太麺にスープがよく絡みます。香りづけに柚子皮も乗ってる。
柔らかい鶏チャーシューと豚チャーシューの2種類が乗って、どちらもスープと麺に合っておいしかったです。ネギもたっぷり入っています。
ご飯は50円で、濃厚なスープに追い飯したくなりましたが食べ過ぎてしまうのでセーブ。こういう鶏白湯のお店ってこの辺りにはあまりない気がするので、特徴があっていいですね。

昼間はラーメンメインで、夜は焼鳥を中心とした居酒屋。この前テレビでステルスFCというのを紹介していたんですが、そのタイプでしょうかね?お店でもスープを仕込むけど、材料は手配されて、一般的なチェーンとは違って店名や経営は個別という形態。実際どうか分かりませんが、ラーメンはおいしいと思いました。鶏醤油味もあるようです。夜の焼鳥も食べに来たいと思いました。
[MAP]
(Mu-To)
Torishin

| | コメント (0)

■国立ブルワリー せきやタップスタンド

クラフトビールの人気が広がっている昨今ですが、国立の酒屋さんセキヤが国立ブルワリーという醸造所を作り、国立駅南口の西友の入っているセキヤビルにテイクアウト用のスタンドを開きました。
国立で作られた地ビールを飲んでみたいということで買ってきました。

富士見通りに面したスタンドで、カップで買ってその場で飲むこともできます。グラウラーというビール用の水筒みたいなのも売っていますが、結構いいお値段(950ml 6500円、592ml 6000円)するので、500mlのペットボトルにします。
各地のゲストビールもありますが、やはり国立ブルワリー(略称くにぶる)のビールを飲みたい。この日は、「1926」「るつぼヘイジー」「世界は点滅するモザイク模様のように」の3種類がありました。

1926は、国立駅の赤い三角屋根の駅舎ができた年ですね。ケルシュスタイルというピルスナーのようなケルン発祥のすっきり系ペールエール。アルコール 4.5%。
るつぼヘイジーは濁りのあるHazy IPA。ホップの香りと苦み、アルコール強めなインディアンペールエールです。アルコール 5%。
うちはビールは好きでもアルコールは強くないので、一番度数の低い、世界は点滅するモザイク模様のように、にしました。こちらはSession Hazy IPAで、少しアルコール度数が下がって 3.5%。モザイクという名前のホップが使われていて、フルーツのような香り、ジューシーな味わいが特徴です。500mlペットボトルに入れてもらって1150円でした。

この日は鍋に合わせてビールです。適度な濁りと少し濃いめの色もいい感じ。口当たりはすっきりフルーティ。グレープフルーツかマンゴーのような香りがふわっと広がります。苦みはあまり強くないですね。爽やかで飲みやすく、すごくおいしいです。食事にも合うと思いました。
値段は、缶ビール等と比べてしまうとちょっと高いですが、お店で飲むのと同等くらいでしょうか。オープン当初は国立で醸造したビールが少なかったのかもしれませんが、今はたっぷりあります。お店の味を家で楽しめるのはうれしいですね。
[MAP]
(Mu-To)
Kunitachibrewerytapstand1Kunitachibrewerytapstand2Kunitachibrewerytapstand3

| | コメント (0)

« 2021年3月 | トップページ | 2021年5月 »