« 2021年6月 | トップページ | 2021年8月 »

■青空食堂

国分寺駅南口の町中華のお店。殿ヶ谷戸庭園の手前、みずほ銀行の角を曲がった所です。前は串カツ屋さんでしたかね。以前、メランツァーネの手前のところで唐辛子というカレー屋さんをやっていた方が、移転して町中華を始めたそうです。

半チャンラーメン(750円)をいただきました。ラーメンが500円で半チャーハンは250円で付けられるのですが、安くていいですね。
ラーメンはオーソドックスな醤油味。スープはわりと薄味ですが、胡椒のような強い味付けがない分、じんわり味が出ていておいしいです。
チャーシューは肉の味がしっかりして、脂身がおいしい。縮れ麺にネギ、青菜、メンマ、ナルト。シンプルだけどおいしいラーメンでした。
炒飯も、ややしっとりした薄味なタイプ。こちらも胡椒の味でごまかしてない感じです。具のホタテとチャーシューがおいしくて、玉子の味も感じられます。他にはナルト、ネギ。ラーメンより炒飯の方がおいしいかなと思いました。

半チャーハンも結構ボリュームがあってお腹いっぱいになりました。値段も安くて、がっつり食べたい時にいいですね。
[MAP]
(Mu-To)
Aozorashokudo1Aozorashokudo2

| | コメント (0)

■くにたち 桜花

国立駅南口、ロージナ茶房の向かいの地下にある和食屋さん。前から来たいと思っていたのですが、嫁さんは来ていたものの私はなかなか機会がなく、今回初めてランチに来ました。

ランチは桜花堂(1500円)という、9種類のおかずにご飯とお味噌汁、甘味のセットです。+400円でご飯を鯛飯に替えることができ、私は鯛飯にしてもらいました。
この日のおかずは、水菜のおひたしに冬瓜の煮物、茄子とえのきの和え物、里芋、ゴーヤのツナ和え、ポテトサラダなど。ゴーヤは適度な苦みがツナに合っていいですね。冬瓜や茄子もお出汁の味がジュワッと出ておいしかったです。
白身の魚は幽庵焼き。サワラですかね。紙の上に乗っているのが野菜のさつま揚げなんですが、出来立てでふわっとしていておいしかったです。鶏つくねもタレの感じがよかったです。
そして鯛飯。たっぷりの鯛の身と出汁のご飯の味がすごくおいしいです。少し乗ったイクラとの組合せもいい。ねっとりしつつ香ばしさもあるところもよかったです。ホウレン草のお味噌汁も出汁がとても上品な味でした。甘味は最後にココナッツプリンをいただきました。

またプチ贅沢なランチをいただいて、確かな和食の腕を堪能できました。六味もそうなんですけど、さすが国立にはレベルの高いお店があります。ちょっとした会食やママ友ランチなどにいいですよね。
[MAP]
(Mu-To)
Ouka1Ouka2Ouka3

| | コメント (0)

■煮干し鰮らーめん圓

立川駅南口、らーめんたま館にあるラーメン屋さん。前回、こちらの立川たんぎょう 菜花に来た時に、圓が食べログの東京百名店に選ばれていると知って改めて来てみました。どちらも鏡花の系列店でポイントカードが一緒になっています。

券売機左上の法則で濃口煮干鰮ラーメン(950円)にしました。
見た目オーソドックスな醤油ラーメンという感じですが、着いた時から煮干しのいい香りがします。スープは油が浮いてアツアツ。煮干しの出汁がしっかり出ていますが、それほど苦みはありません。ピンとした細麺によく合います。
具はザクザクしたメンマに茎ワカメ、海苔。肉の味がしっかりした大きなチャーシュー。あまりインパクトはないですが、シンプルでバランスのいいおいしさのラーメンだと思いました。

もうちょっとこってり味が好きな場合は、背脂をトッピングしたラーメンもあります。たま館では立川マシマシがいつも混んでいる感じがありますね。
[MAP]
(Mu-To)
Iwashiramenen

| | コメント (0)

■コレ食べ 牛乳食パン みるく

7月後半の国立駅コレもう食べた?は、足立区の牛乳屋さんが手がけるパンとスイーツのお店、みるくです。名前は同じですが立川ルミネの1Fにある生クリーム専門店ミルクとは別です。あちらも食パンは扱っているみたいですけど。

生食パンの東京みるく食パン(900円)と牛乳屋さんのなめらかプリン(380円)を買ってみました。
生食パンは、焼かずにそのままとトーストで半分ずつ食べてみました。ミルク感と甘みがしっかりしていますね。中身がぎゅっと詰まったどっしりしたタイプ。牛乳屋さんこだわりの牛乳にバター、生クリーム、はちみつが加えられているそうです。トーストにすると甘みがさらに引き立つ感じがします。
私はあまり食パンにこだわりがないのですが、家族の感想では、きめの細かさやしっとり感はに志かわの方が好き、生で食べた時のミルク感はサミットのみるく仕立て生食パン等よりある、という感じでした。

なめらかプリンは、濃厚で玉子の味がしっかりします。とろける食感でカラメルは少なめ。牛乳瓶に入っているのはかわいいですけど、ちょっと食べづらいですね。おいしいですし好きな味なんですが、64円で買える栄屋乳業の極プリンを買いためている我が家としては、約6個分と思うと高いですね。極プリンのコスパが良すぎなんですけど。

パンもプリンもおいしかったです。コレ食べでは取扱いがないのですが、パンフに載っていたソフトクリームが食べたかったです。
[MAP]
(Mu-To)
Koretabemilk1Koretabemilk2

| | コメント (0)

■麺食堂くにを

国分寺駅北口バス通り沿いにオープンしたラーメン屋さん。玄品ふぐの隣です。御茶ノ水にあった、ゆきふじというお店が移転してオープンしたとのこと。

看板には「つけないつけ麺と、麗しの塩ラーメン」とあります。今回は、つけ麺(並 880円)にしてみました。
出された時に、「最初はシラスと麺だけでどうぞ」と言われます。「つけないつけ麺」というのは、麺にタレが和えてあってそのままいけるからなんですね。タレの味はそんなに濃くなくて、ほんのり醤油味の出汁が加わった油のような感じです。言われたとおり、シラスと麺だけをいただいてみると、歯ごたえのある麺とタレのうまみに、さっぱりしたシラスの味が加わっておいしかったです。
つけ汁は、鰹節の香りがしっかり出た醤油味。麺と一緒にいただくと、こちらも味が濃すぎずさっぱりいただけます。麺の食感もいいですね。低温でじっくり茹でられた感じのチャーシューも柔らかくておいしいです。シラス、メンマ、チャーシューとも、麺と醤油味のつけ汁にぴったり合っていました。

そのままでも、つけ汁で食べてもおいしい、上品な感じのつけ麺でした。お昼のピークタイムに行ったので少し並びましたが、食べ終わる時にはすぐ入れる状態でした。いずれ塩ラーメンの方も食べてみたいと思います。
[MAP]
(Mu-To)
Kuniwo1Kuniwo2

| | コメント (0)

■日本橋屋長兵衛

立川ルミネ1Fの和菓子屋さん。nonowa国立にも入っています。結構あちこちにあるイメージですが、直営店は日本橋本店と、日野バイパスの角上魚類の近くにある日野万願寺店のみのようです。源吉兆庵の系列で、清閑院とフルーツゼリーの鹿鳴館も同じ系列なんですね。
今回、日本橋最中のお試し食べ比べセット、通常4個648円が486円というのがあったので買ってみました。粒あんと抹茶が2個ずつ入っています。

いわゆる手作りするタイプの最中。最中の皮にあんこを乗せて挟んでいただきます。作りたてなので皮がサクサクです。粒小さめのあんこで甘さは普通程度。食べやすい最中という感じです。
抹茶は、濃厚という感じではないですがじんわり抹茶味。皮との組合せがマイルドな感じでおいしかったです。嫁さんも抹茶の方が好みだった様子。

日本橋屋長兵衛は、急にお土産が必要になった時とか、駅でパッと買えるので便利です。お試しの機会に味を知っておくのもいいですね。
[MAP]
(Mu-To)
Nihonbashichobei

| | コメント (0)

■富士見台トンネル おはぎびより

谷保駅北口、富士見台団地の商店街むっさ21に富士見台トンネルというシェア商店があります。元々古いお店だったところがリノベーションしておしゃれなスペースになり、カフェや個人商店の方が間借りしてお店を開く場所になっています。
こちらで時々お店を開かれているおはぎびよりさんのインスタを見ていて、苔玉のような緑の抹茶のおはぎを食べてみたい!と思い、営業している日に行ってきました。

2日前くらいまでに連絡すると取り置きもできるようですが、開店時間に行ってみました。長いカウンターのおしゃれな店内。この日はSpice Upというチャイのお店とのコラボでチャイも買えるようでしたが、おはぎのみをテイクアウトしました。
おはぎは、つぶあん(250円)、抹茶(350円)、ナッツ(350円)です。この3つは人気みたいでセットで安くなっている時もあるようですが、この日はバラの形で買っています。
ちょっと失敗したのは、おはぎは揺れにも強いだろうと勝手に思っていたのですが、あんこが柔らかいので自転車で運んでいるうちに形が少し崩れてしまいました。

まずはつぶあん。あんこの甘さが控えめで小豆の味がしっかりして、ねっとりした中のもち米の食感もよく、おいしかったです。粒もわりと残ってるタイプ。ほんのり桜の香りもいい感じです。
そして抹茶。ずんだのようなあんこに、ほんのり抹茶の苦みが加わって、淡い甘みが引き立つ感じでおいしかったです。中には黒豆が入っています。
味としては、ナッツが一番印象的でした。周りにたくさんのアーモンドとカシューナッツ、クルミの粒。中にクリームチーズが入っているのですが、あんことナッツ、もち米とクリームチーズがすごくよく合って、まったりとした味がおいしかったです。ナッツの淡泊な味と塩味があんこの甘みを引き立てているのですね。ちょっと洋菓子感も感じるおはぎだと思いました。

おはぎびよりさんは土曜日の午後に営業しているケースが多いみたいですかね。他のお店もいろいろ特徴があって気になるので、また来てみたいと思います。
[MAP]
(Mu-To)
Ohagibiyori1Ohagibiyori2Ohagibiyori3Ohagibiyori4

| | コメント (0)

■ブルプルテンシン

ミーツ国分寺のタピオカドリンク店ブルプルが少し業態変更をして点心も出すようになりました。夜はお酒も飲めるようですが、ランチに使ってみました。

ランチは餃子定食、汁なし担々麺定食もありましたが、魯肉飯(ルーローハン)が気になり魯肉飯定食(1078円)にしてみました。セットで小籠包と焼き小籠包が選べて、焼きの方にしています。
セットにはお茶とワカメスープも付いています。魯肉飯、大きな豚角煮の塊をイメージしますけど、こちらのものは細かく刻まれています。高菜とゴボウの漬物が一緒に乗っているので、よく混ぜていただくと、豚肉とタレ、ご飯とお漬物がいい感じに組み合わさっておいしいです。甘辛のタレと豚の脂がこってりする一方で、漬物がさっぱりしているので、トータルでマイルドになる感じです。途中に挟む味玉もいい感じ。
焼き小籠包ですが、焼きたてで中からアツアツの汁が飛び出るので注意が必要。こんがりした皮と肉汁の組合せがおいしかったです。少し醤油をかけてもいいかも。
最後にセットの冷茶をいただきましたが、ジャスミン茶のようなすっきりした味わいの中に少し苦みが加わって、さっぱりおいしくいただけました。

タピオカ屋さんが始めたランチはどうなのかなと思っていましたが、結構しっかりしていました。内装もランタンがぶら下がって、台湾っぽい雰囲気が出ていていい感じでした。
点心を出すブルプルは国分寺店が初めてっぽいのですが、以前もブルッペやサブスクに早期に対応していたり、フランチャイズ店だけど攻めてます。
[MAP]
(Mu-To)
Bullpulutenshin1Bullpulutenshin2

| | コメント (0)

■アンダーザカスケード

立川グリーンスプリングスの1Fにあるアメリカンダイナー。イケアに近い北の方の場所で、名前の通りカスケードという段々の人工の滝の下にあります。ランチに来てみました。
入口近くの席は窓が大きくてすごく明るい感じ。奥の方の席は落ち着いた感じになっています。

ランチメニューから、私はウィークリーグリルプレートA(1490円)、嫁さんは1番人気というアボカドチーズバーガー(1440円)にしました。
最初にセットのスープが来ました。ベーコンとタマネギのコンソメスープ。そして嫁さんのアボカドチーズバーガーですが、グルメバーガーらしく高さがあります。一口いただきましたが、粗挽きのパティにとろけるチェダーチーズ、マイルドなアボカド、じっくり焼かれたタマネギなどが組み合わさっておいしいです。ミディアムレアで焼いてもらったのですが、香ばしさの点ではもうちょっと焼いてもらった方がよかったかも。コールスローは酸味が強めでした。
私のグリルプレート、この日のお肉はアメリカ牛のミスジ肉です。こちらもミディアムレアですが、グリル感と言うか、こんがり焼けた香ばしさがあって、お肉も柔らかくおいしかったです。またタマネギベースで少しスパイシーなソースが肉に合ってご飯が進みます。ソースはフライドポテトにかけてもおいしい。玉子のマカロニサラダとコブサラダもいい感じ。コブサラダのドレッシングもスパイシーでした。

個人的にはグリルプレートの満足感が高いかなと思いました。国立だとWavesとか、手近なところだとららぽーとにはJ.S.フーディーズがありますが、うちはグルメバーガーやアメリカンダイナーが好きなので、こういうお店が増えてくれるのはうれしいです。
[MAP]
(Mu-To)
Underthecascade1Underthecascade2Underthecascade3Underthecascade4

| | コメント (0)

■コレ食べ カフェクルゼ

7月前半の国立駅コレもう食べた?は、千葉県市原市のパンケーキ専門店カフェクルゼです。パンケーキデサンドという、パンの代わりにパンケーキを使ったフルーツサンドを売っています。種類はいろいろあるのですが、一番食べ応えのありそうなメロン(600円)とパイン(600円)を買ってみました。

半円形のパンケーキに、大きくカットされたフルーツと生クリームが挟まれています。分厚さがなかなかすごい。ガブッといってみますと、メロンは甘さがしっかりして果汁がジュワッと溢れてきます。生クリームは甘さ控えめ。そしてパンケーキなんですが、味のイメージとしてはヤマザキの北海道チーズ蒸しケーキを思い出しました。チーズスフレパンケーキなんですかね?柔らかくてそれなりに甘みがあります。甘さの組合せが幸せなおいしさです。普通のフルーツサンドと比べると、パンケーキの甘みが加わる分、よりリッチな感じがしますね。
パイナップルの方も甘さがしっかりしていて、パンケーキに負けていません。こちらも厚みがあって食べるのが大変ですが、パインの爽やかな味がおいしかったです。

おいしくて見た目もインパクトがあっていいのですが、1個600円はサンドイッチとしてはちょっと高いですかね。チーズ蒸しケーキを買ってきて手作りしてみたい気分になりました。クルゼと言うと、医学系予備校の野田クルゼを思い出しますが、あちらのクルゼ(Kurse)はドイツ語でコースの意味。こちらのクルゼ(Kruze)はまた別なのかな?
[MAP]
(Mu-To)
Koretabecafekruze

| | コメント (0)

« 2021年6月 | トップページ | 2021年8月 »