■むさしの森珈琲

谷保駅近く、富士見台にあるすかいらーく系列のファミレス風カフェ。以前、ジョナサンだったところです。富士見台トンネルのあるむっさ21の斜め前。ランチに来てみました。

お店の雰囲気が高倉町珈琲みたいな感じ。ただボックス席も結構あって、ファミレスっぽい雰囲気もあります。
ランチ・カフェ時間帯のお得なメニューという、メインにパンケーキ、ドリンクがついたフォレストスペシャル(1650円)を頼んでみました。私はメインにロコモコ、子供はオムライスを選んでいます。
小さなトマトスープがミネストローネ風でおいしいです。サラダのドレッシングは少しスパイシーでコブサラダ風。ロコモコはタマネギ、ピーマンに、パイナップルが乗っています。デミグラスソースにもっと特徴があるとよかったかなというのはありますが、とろとろの玉子を崩してハンバーグ、ご飯と一緒にいただくとおいしかったです。
オムライスも一口いただきましたが、トマトソースがフレッシュな感じでモッツァレラチーズともよく合っておいしかったです。セットはオムライスの方が好きかも。

さて今回の目当てはどちらかと言うとパンケーキです。すごいふわとろでおいしいという噂を聞いていました。焼くのに20分くらいかかるということで、メインプレートを食べている途中で準備をお願いしました。
さて、出てきたパンケーキは確かにふわふわ。ただナイフを入れてみると、ほぼメレンゲ?というかクリームのような柔らかさです。ふわふわというかシュワシュワという感じ。低温で蒸し焼きにしてるのですかね。食感もパンケーキとクリームの中間みたいで新鮮です。生地の甘みは抑えめで、生クリームと一緒に食べるとすごくおいしいです。メープルシロップもいいのですが、味が負けがちなので少なめがいいと思います。これは確かに、柔らかさに特徴があっておいしいパンケーキですね。ドリンクはブレンドコーヒーを頼みましたが、適度に苦みがあって量もたっぷりでよかったです。

カフェチェーンのブームはコメダから始まっていると思いますが、ふわふわのパンケーキは大阪の幸せのパンケーキが有名になり、伊集院光がラジオで激賞していた高倉町珈琲などが加わって広がった感じがします。えぐぅ~カフェとかも好きです。
私はやはり高倉町珈琲の特製クリームのリコッタパンケーキが一番好きなのですが、こちらはファミレスの系列店なのにこれだけふわふわで特別感のあるパンケーキが出せるのがすごいなと思いました。
店舗もこれから増えるのかな?またパンケーキを食べに来たいと思います。
[MAP]
(Mu-To)
Musashinomoricoffee1Musashinomoricoffee2Musashinomoricoffee3Musashinomoricoffee4

| | コメント (0)

■甘味ゆい かき氷 桃とスイカ

久々に甘味ゆいにかき氷を食べにいきました。国立駅南口から富士見通りをひたすら進み、郵政大学校の手前のところです。
現在は基本当日の電話予約になっています。既に有名になっているので激戦が予想される日曜日、予約開始の朝10時から20分くらい電話をかけ続けて、なんとか15:30の予約が取れました。

定番の抹茶あずきミルクなどもありますが、季節限定のかき氷を4ついただきました。
まずは以前もいただいた桃(1100円)。山梨産の白桃をすりつぶした濃厚なピューレに、桃の実もたっぷり乗っています。濃厚で甘みがしっかり。氷の中にも桃のピューレが入ってたっぷり桃が楽しめます。最後のジュースまでおいしい。改めておいしさを確認しました。
続いて、マンゴーミルク(1000円)。こちらもマンゴーシロップが濃厚。マンゴーそのものより濃縮されたマンゴーという感じです。ほんのりミルク味の氷といい組合せです。

そして、黒みつとパッションフルーツ黒千石豆(1000円)。こちらは他にあまりない、独特な感じがしますね。黒蜜の氷を削っているのでしょうか。じんわり広がるような黒蜜の味の中にパッションフルーツの爽やかさが加わっています。豆の味も加わって、和風で大人な感じのかき氷でした。
最後の、すいかとささげ豆(900円)もかなりインパクトがあります。見た目も味もスイカの爽やかな味がまさに再現されています。スイカの汁を凍らせた粒氷でしょうか、他のかき氷と違って氷が粒々したブロック状になっています。ささげ豆がスイカの種のイメージ。スイカの果肉も入って、食べた瞬間、スイカのおいしい所だけギュッと集めて食べた感じがしました。見た目も涼やかで、上品でおいしいかき氷でした。

久々にゆいのかき氷をいただいて大満足でした。すごく暑い日で、歩いて行くのも汗だくでしたが、逆にいいかき氷日和。すごく爽やかな気分になりました。
[MAP]
(Mu-To)
Kanmiyuikakigoori1Kanmiyuikakigoori2Kanmiyuikakigoori3Kanmiyuikakigoori4

| | コメント (0)

■アンヌ国立スイーツ ももたろう

国立芸小ホールやプチアンジュの近くにあるケーキ屋さん、アンヌ国立スイーツ。こちらにも桃をまるごと使ったケーキがあると聞いて買いに行ってみました。

ももたろう(632円)。名前はル・スリール・ダンジュのものと同じですね。
スポンジの土台の上にカスタードが詰められた桃が乗って、一番上にはホイップクリームが乗っています。とろっとしたカスタードは甘みがしっかり。桃もジューシーで、カスタードに合っておいしいです。やわらかいスポンジもほんのり甘みがあって、カスタード、桃、ホイップクリームに合っています。全体のバランスがすごくいい感じですね。

これまで桃まるごとケーキについては、ア・ビアントももっこ(648円)がイチオシだったのですが、アンヌのももたろうも負けず劣らずいいですね。
どちらも毎年食べたい季節のケーキだなと思いました。
[MAP]
(Mu-To)
Annumomotaro1Annumomotaro2

| | コメント (0)

■富士見台トンネル おはぎびより

谷保駅北口、富士見台団地の商店街むっさ21に富士見台トンネルというシェア商店があります。元々古いお店だったところがリノベーションしておしゃれなスペースになり、カフェや個人商店の方が間借りしてお店を開く場所になっています。
こちらで時々お店を開かれているおはぎびよりさんのインスタを見ていて、苔玉のような緑の抹茶のおはぎを食べてみたい!と思い、営業している日に行ってきました。

2日前くらいまでに連絡すると取り置きもできるようですが、開店時間に行ってみました。長いカウンターのおしゃれな店内。この日はSpice Upというチャイのお店とのコラボでチャイも買えるようでしたが、おはぎのみをテイクアウトしました。
おはぎは、つぶあん(250円)、抹茶(350円)、ナッツ(350円)です。この3つは人気みたいでセットで安くなっている時もあるようですが、この日はバラの形で買っています。
ちょっと失敗したのは、おはぎは揺れにも強いだろうと勝手に思っていたのですが、あんこが柔らかいので自転車で運んでいるうちに形が少し崩れてしまいました。

まずはつぶあん。あんこの甘さが控えめで小豆の味がしっかりして、ねっとりした中のもち米の食感もよく、おいしかったです。粒もわりと残ってるタイプ。ほんのり桜の香りもいい感じです。
そして抹茶。ずんだのようなあんこに、ほんのり抹茶の苦みが加わって、淡い甘みが引き立つ感じでおいしかったです。中には黒豆が入っています。
味としては、ナッツが一番印象的でした。周りにたくさんのアーモンドとカシューナッツ、クルミの粒。中にクリームチーズが入っているのですが、あんことナッツ、もち米とクリームチーズがすごくよく合って、まったりとした味がおいしかったです。ナッツの淡泊な味と塩味があんこの甘みを引き立てているのですね。ちょっと洋菓子感も感じるおはぎだと思いました。

おはぎびよりさんは土曜日の午後に営業しているケースが多いみたいですかね。他のお店もいろいろ特徴があって気になるので、また来てみたいと思います。
[MAP]
(Mu-To)
Ohagibiyori1Ohagibiyori2Ohagibiyori3Ohagibiyori4

| | コメント (0)

■コレ食べ カフェクルゼ

7月前半の国立駅コレもう食べた?は、千葉県市原市のパンケーキ専門店カフェクルゼです。パンケーキデサンドという、パンの代わりにパンケーキを使ったフルーツサンドを売っています。種類はいろいろあるのですが、一番食べ応えのありそうなメロン(600円)とパイン(600円)を買ってみました。

半円形のパンケーキに、大きくカットされたフルーツと生クリームが挟まれています。分厚さがなかなかすごい。ガブッといってみますと、メロンは甘さがしっかりして果汁がジュワッと溢れてきます。生クリームは甘さ控えめ。そしてパンケーキなんですが、味のイメージとしてはヤマザキの北海道チーズ蒸しケーキを思い出しました。チーズスフレパンケーキなんですかね?柔らかくてそれなりに甘みがあります。甘さの組合せが幸せなおいしさです。普通のフルーツサンドと比べると、パンケーキの甘みが加わる分、よりリッチな感じがしますね。
パイナップルの方も甘さがしっかりしていて、パンケーキに負けていません。こちらも厚みがあって食べるのが大変ですが、パインの爽やかな味がおいしかったです。

おいしくて見た目もインパクトがあっていいのですが、1個600円はサンドイッチとしてはちょっと高いですかね。チーズ蒸しケーキを買ってきて手作りしてみたい気分になりました。クルゼと言うと、医学系予備校の野田クルゼを思い出しますが、あちらのクルゼ(Kurse)はドイツ語でコースの意味。こちらのクルゼ(Kruze)はまた別なのかな?
[MAP]
(Mu-To)
Koretabecafekruze

| | コメント (0)

■白十字 大学通り店移転

アニメや映画にも使われて、国立の大学通りのシンボル的な存在となっていた喫茶スペースのある洋菓子店、白十字ですが、7/4に現店舗が閉店となり、7/6からブランコ通りに移転するそうです。私もツイッターで教えていただいた時にはびっくりしました。喫茶スペースはなくなりそうですが、商品ラインナップは変わらない予定とのこと。なくなってしまう前にと言うことで、ランチに行ってきました。

喫茶スペースはグランドピアノがあって、現在は席を間引いて営業していますが、最大150人くらい入れるようです。演奏会などにも使われて、うちの子もこちらでピアノ発表会をしたことがあります。シャンデリアや革の椅子、大きな絵など、レトロで趣きのある雰囲気です。
ランチは軽食とドリンク、400円以下のケーキがセットになります。嫁さんはピザトーストランチ、私はサンドイッチランチを選んで、どちらも850円です。
11年前の記事でも同じものを食べてますね。ピザトーストはふかふかのパンと伸びるチーズが印象的。サンドイッチはハムサンドの懐かしい味がいい感じです。
ケーキは嫁さんがレアチーズケーキ(単品 340円)、私はシブスト(単品 390円)にしました。どちらもオーソドックスな味ですが、シブストのカスタードババロアと甘く煮たリンゴ、タルト生地と生クリームの組合せがおいしくて満足でした。あとは、喫茶店らしい苦みの効いたコーヒーを飲んでのんびり。
席数が多いのでゆったりしていて、ドリンク、ケーキもついて比較的安いので、嫁さんはママ友ランチに時々使っていたようです。こういう落ち着くスペースが無くなってしまうのは寂しいですね。

1955年に開業した時は現店舗から少し北の場所だったようです。その後、1972年に現在の国立ビルに移転し、49年の歴史となりました。お客さんも少しずつですが入って来ていましたが、やはりこれもコロナの影響なんでしょうか。
白十字と言えばシュークリーム(150円)。これは新店舗でも買えると思いますが、おやつ用に買っていただきました。
写真の最後のものは2019年の桜と白十字の看板です。国立らしい風景。空いたところにはどんなお店が入るんでしょう。
追記(6/16):こちらの記事によると、ブランコ通りの後、今の所のちょっと北側に戻るかもしれないようです。
さらに追記(7/3):しばらく喫茶部はなくなりますが、大学通りに戻った際には復活を考えているとのこと。
また追記(7/9):ブランコ通り店にも2階にケーキと飲み物がいただける喫茶部ができたようです。
[MAP]
(Mu-To)
Hakujujidaigakudori1Hakujujidaigakudori2Hakujujidaigakudori3Hakujujidaigakudori4
Hakujujidaigakudori5Hakujujidaigakudori6Hakujujidaigakudori7Sakura190330_1

| | コメント (0)

■コレ食べ タブレス

5月後半の国立駅コレもう食べた?は、タブレス(TABLES)という大阪のスイーツのお店です。バターサンドとチーズケーキが有名ということで、バターサンドのレーズンバターとイチゴミルク、チーズケーキのプレーンとチョコが入ったお試しセット(1250円)を買ってみました。

まずは、堀江バターサンドのレーズンバター(3個セットでは900円、1個あたり300円)。サックリしたクッキーに分厚いバタークリームとレーズンが挟まれています。バタークリームはそれほどしつこくなく、わりとあっさり食べられる感じです。クリームたっぷりで満足感は高いですね。
イチゴミルク(3個セットでは1000円、1個あたり333円)の方はフリーズドライのイチゴが入っています。こちらも爽やかであっさりした味でした。

写真奥は6cチーズケーキ(6個セットでは1500円、1個あたり250円)のプレーンとチョコです。2層になっているレアチーズケーキという感じ。
プレーンは甘みが抑え目で、少し酸味も感じられます。マスカルポーネチーズがクリーミーでおいしいチーズケーキでした。チョコの方は、チョコ味がわりと濃厚。上のクリームチーズとの組合せがいい感じで、こちらもおいしいです。

どれもおいしいですけど、お値段がちょっと高めですかね。バラだから仕方ないのですけど、お試しセットは1250円で中身は約1133円分です。買いたいものが決まっている場合は種類をまとめた方がお得みたいです。
[MAP]
(Mu-To)
Koretabetables1Koretabetables2

| | コメント (0)

■しゅんかしゅんか おやつ屋キキのマフィン

国立駅南口を線路沿いに立川方面にちょっと行ったところにある、地物野菜を扱う八百屋さん、しゅんかしゅんか。アカリベーカリーの斜め前あたり。くにたち村酒場も系列店です。我が家は普段あまり使わないのですが、こちらのお店、お野菜以外にもお菓子や調味料も扱っているようです。
ところで、この国国CityBlog、にほんブログ村という情報サイトの国立国分寺立川ランキングに参加しているのですが、この国立ランキングに出てくるもゆさんという方のブログを読んでいたら、すごくおいしそうなマフィンが紹介されていました。これは是非食べてみたいと思い、しゅんかしゅんかで販売されていると聞いて買いに行ってみました。

おやつ屋キキというところの珈琲とマスカルポーネのマフィン(378円)です。私の写真ではお店のインスタ写真ほどおいしさが表現されていないのですが、私は写真を見た時にコーヒーの香りを感じたのですよね。
食べてみたら、想像通りコーヒーの味、香りがしっかり出ていました。ほんのり甘いマスカルポーネ、ヘーゼルナッツのクランブルとの組合せもよく、コーヒー味の個性が出ているおいしいマフィンでした。生地はもう少しプディング的な弾力がある方が好みでしたが。
おやつ屋キキさんは店舗を持たず、他のお店に置いてもらったりイベントで販売したりしているようです。日水金にマフィンを出しているということで、急遽買いに行って、おいしいおやつにありつけました。

ツイッターやブログを見ていると、国立周辺にはまだまだ買いに行きたいおいしそうなおやつのお店があるのですよね。今後さらに開拓していきたいと思います。
[MAP]
(Mu-To)
Shunkashunkaoyatsuyakiki

| | コメント (0)

■コレ食べ 珀屋

4月後半の国立駅コレもう食べた?は、福岡の和菓子屋さん珀屋(はくや)です。4月前半のカサネオは2回目だったのでスキップしています。

嫁さんにいちご大福とジャンボみたらしを買ってきてもらいました。いちご大福は左から、塩つぶ餡、抹茶、塩こし餡、いちごみるく(各324円)です。私がいただいたのは、塩つぶ餡と抹茶。
塩つぶ餡は、塩豆大福にイチゴが入ったようなイメージ。生地がもちもちして、あんこの甘さもちょうどいいです。甘すぎない感じで、イチゴも大きくておいしい。
抹茶いちご大福は、生地もほんのり抹茶であんこも抹茶餡。抹茶感はそんなに強くないですけど、組合せがいい感じでこれもおいしいです。
いちごみるくは、生地もあんこもイチゴ風味のようでした。なかなかオリジナリティがありますね。
一緒に一番人気というみたらし団子(258円)も。みたらし団子にしては高いですが、サイズが大きいです。もちもちで、タレの甘さもちょうどよくおいしかったです。

コスパ的にはいちご大福の方がお得感があるかなと思いました。コレ食べは、洋菓子より和菓子の方が単価が安い傾向があるので、より賑わっている気がします。
[MAP]
(Mu-To)
Koretabehakuya1Koretabehakuya2

| | コメント (0)

■カフェおきもと

国立駅南口から西国分寺方面、国分寺崖線を登った高台にある洋館を改装したカフェ。雰囲気が素敵という評判を聞いて行ってきました。
入口のゲートから竹やぶを抜けていくと、広いお庭と、洋館、和室の離れがつながったお屋敷が現れます。洋館はアーリーアメリカンスタイルのコロニアル様式。昭和初期に貿易商の方が別荘として建築し、その後海軍少将の沖本氏の自宅になったとのこと。テレビでも紹介されたようですが、沖本家で引き継ぐ人がいなくなり、ご近所の方が管理を依頼され、国分寺市と国指定有形文化財を目指して維持費捻出のためカフェを開店したのだそうです。

金曜~月曜営業。金曜日に開店11時の5分前に行ったら、予約なしで入れましたが、屋内の席はすぐいっぱいになっていました。予約の方が多いようです。まだ寒いので屋外の席は空いていました。
嫁さんは、欧風カレーとキーマカレーのメリメロプレート(1375円)。私は期間限定メニューの鶏ももコンフィのランチ(1958円)にしました。

まずメリメロプレートのサラダドレッシングなんですが、タマネギと生姜が擦り下ろされていてすごくおいしいです。キャロットラペもいい感じ。欧風カレーは辛くないけどスパイスのうまみたっぷり、キーマカレーは辛さがちょうどいい感じでした。
私のコンフィですが、表面がカリカリで中はすごく柔らかいです。骨からホロホロっと肉が取れます。しかもバルサミコ酢のソースとマスタードがお肉にあってすごくおいしいです。パンとご飯が選べるのですが、ご飯で五穀米になっています。
サラダもドレッシングがしっかりついて、紫キャベツの酸味もいい感じです。玉子スープもおいしかったです。
食後のドリンクは自家製ホットレモンとコーヒーを選択。ホットレモンはレモンの酸味と蜂蜜の甘さがほっとしますね。コーヒーも苦みがちょうどよくおいしかったです。
器の彩りも綺麗ですが、料理もレベルが高いですね。

私たちは2階の窓際の席で、お庭が見晴らせました。春にかけてお庭がもっときれいになるのではないでしょうか。1階の部屋もすごく重厚な感じで、クラシックな雰囲気が素敵でした。以前国立の旧高田邸も見ましたが、国立や国分寺周辺には結構こういう立派なお屋敷があるんですよね。ぜひ素敵な体験ができる場所として残していって欲しいです。
[MAP]
(Mu-To)
Okimoto1Okimoto2Okimoto3
Okimoto4Okimoto5Okimoto6Okimoto7

| | コメント (0)

より以前の記事一覧