■Monthly Sweets ジャージーヒルズ

国立駅マンスリースイーツ、9月は2店舗登場で、16日からの後半はジャージーヒルズというお店です。前半は2回目のカノザでしたが、ジャージーヒルズとカノザは系列店のようです。

一番人気というジャージーフロマージュ(1728円)を買ってみました。スポンジの上が2層になったチーズケーキで、ふわふわのチーズムースの上にプルプルのミルクプリンが乗っています。真ん中にかかっているのはキャラメルソースです。
ミルクプリンとチーズクリームは、まったりとした甘さがおいしい。キャラメルソースもバランスがいいです。岡山県北部の蒜山(ひるぜん)高原産のジャージー牛乳にこだわっているそうです。
ただやや高めなわりにサイズが小さくて、クローバーチーズケーキとかを考えるとお得感はないですかね。

今月は系列店で2つのブランドでしたが、7月もプリン本舗系列で2店舗、5月もコンディトライ神戸系列で2店舗でした。2店舗の月はそういうスタイルになりつつあるようです。なお、10月は2回目のモンシェールのようです。
[MAP]
(Mu-To)
Monthlyjerseyhills

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ユニコーンベーカリー キャラメルピーカンバー

スイーツがおいしいユニコーンベーカリー。嫁さんのお友達がお手伝いを始めたらしい。奥様がイギリス出身でアメリカに住んでいたということで、海外の雰囲気そのままの味がいい感じです。

今回一番特徴が出ている感じだったのが、写真手前、キャラメルピーカンバー(250円)。ねっとりしてやや歯ごたえのあるキャラメル味の生地に、素朴なピーカンナッツが合います。コーヒーに合いそうな味です。

こちらのマフィンはプディングみたいなプルンとした食感が特徴です。左がチョコチップマフィン(250円)で、上がアップルクランベリーマフィン(280円)。チョコチップは、チョコの味もアメリカ風ですね。コストコで買えるやつみたいですけど。アップルの方は、リンゴの酸味と甘さがちょうどよくおいしいです。
写真右のバナナケーキ(200円)も、素朴な甘さとバナナの味がじんわりおいしいパウンドケーキでした。

以前と比べるとサイズがちょっと小さくなった気がするかな。値段はうろ覚えなので違うかもしれません。スイーツはどれも雰囲気があるので、ゆったりとしたおやつに最適かなと思います。8月末までは夏休みのようです。
国立もますます雰囲気のある街になりつつある気がしますが、大学通りのケンタの隣に、アースミュージック&エコロジーの路面店ができていることに気づきました。6月下旬にできて、近くを通っていたと思うのですけどなぜかこれまで気づかず。大学生とか、主に若い人がターゲットなのかと思いますが、洋服のブランドの路面店ってあまりできてなかったですよね。一方で、長年やっていた富士見通り入口の神戸屋キッチンは7月末で閉店したようです。いろいろ変化がありますね。
[MAP]
(Mu-To)
Unicornpecanbar

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ブリオッシュ・ドーレ ブリオッシュアイス

nonowa国立Westのパン屋、カフェのブリオッシュ・ドーレの前を通った時に、看板に出ていたブリオッシュアイスがおいしそうだったので入ってみました。

ブリオッシュアイス(バニラ)は300円。イチゴのトッピングが付くと+20円です。ジャーに入ったカフェオレは、レギュラー350円ですが、この日はサービスで同じ値段でラージにしてくれました。

ブリオッシュアイスは、ブリオッシュのパンにバニラアイスを挟んだもの。ブリオッシュはややサックリした食感で、もっさりしないところがいいですね。アイスの甘さに粉砂糖も加わって、ブリオッシュとのバランスもちょうどよくおいしかったです。ただイメージよりは若干小さい感じがしますけどね。別のところでブリジェラというのを食べたことがありますが、それとも似ています。

暑い日だったので、ジャーのカフェオレもたっぷり飲めてうれしかったです。カフェスペースは初めて入りましたが、明るくて外の景色も楽しめますし、お店の雰囲気もいい感じだと思いました。待ち合わせに使うのも良さそうです。
[MAP]
(Mu-To)
Briochedoreeice

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■Monthly Sweets ブレッツェリア

国立駅マンスリースイーツ7月の後半はブレッツェリアというブレッツェルのお店です。7月前半は3回目のプリン本舗、6月は2回目のシレトコファクトリー、5月後半が2回目の京都ヴェネトでスキップしていたので、買うのは5月前半以来です。

看板商品っぽいフレッシュバターブレッツェル(370円)と、スイーツ系でシュガークロワッサンドーナツ(280円)を買ってみました。
ブレッツェルはドイツのパンだそうで、ベーグルみたいなもちもちした食感です。ららぽーと立川立飛にアンティ・アンズというお店がありますが、アメリカの甘いタイプのプレッツェルとも違うみたい。固いスナックタイプのものもプレッツェルなのかな。
こちらのフレッシュバターブレッツェルは、手前の太いところの中にバターが入っていて塩加減がいい感じです。まったりとパンの生地の味が味わえます。

シュガークロワッサンドーナツも、いわゆるニューヨークタイプのクロナッツとは違う感じで、パイ皮みたいな固い生地ではなく、ドーナツ生地が層になっているものです。こちらももっちりした食感。割と見た目通りの味ですが、甘いグレーズのコーティングがいい感じでした。
他にもマフィンとかスコーンとかいろいろありました。ブレッツェルは珍しくて面白いですが、値段的にはちょっと高いですかね。

こちらのお店は7月前半のプリン本舗の系列店のようです。5月もコンディトライ神戸京都ヴェネトが系列店でしたが、2店舗出る月は同じ系列の店が基本になったのかな?8月は1店舗に戻って2回目のパステルのようです。
[MAP]
(Mu-To)
Brezeria

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■イチリン クピド

国立から北方面、弁天通りのケーキ屋さんイチリン。よく近くは通るのに使うのは久々でした。

写真左はクピド(440円)。外側はイチゴのムースで、中にはホワイトチョコとフランボワーズのムースが重ねられています。イチゴの味が口の中いっぱいに広がり、すごくさわやかでおいしいケーキでした。

右はモンブラン(500円)。割と珍しい形ですね。前に食べた和栗のモンブランとも形が違います。下のカップの中はタルトっぽいスポンジケーキで、その上に生クリームと砕いたメレンゲが入っていて、さらにそれを包むように濃厚な栗ペーストが乗っています。さらに上には大きな栗。
栗のクリームは少な目ですが、サクサクしたメレンゲと生クリームによく合って、新しいタイプのモンブランという感じでした。

最近ケーキが値上がりしている印象がありますが、イチリンは割と味と価格のバランスがいい感じかなと思いました。
[MAP]
(Mu-To)
Ichirincupid

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■青木屋 武蔵野日誌

府中の和菓子屋、青木屋のお店が国立の北、国分寺弁天通りに新しくできました。6/16にオープンで、3日間キャンペーンをやっているというので土曜日の朝に行ってみました。

9:30のオープン時間頃に行ってみたら、なんと大行列!駐車場もいっぱいの状況でした。1000円以上お買い上げで先着100名様にお赤飯プレゼントということだったのですけど、もらえるかどうか若干不安な感じ。開店してからも入場制限しながらだったのですが、なんとかお赤飯ゲットできました。1000円毎に500円分のクーポン券もいただけました。

今回買ってきたのは、青木屋定番の武蔵野日誌(チョコ140円、ホワイト160円)と、7月末までの季節限定どら焼き、夏どら(180円)です。
武蔵野日誌のチョコは、子供の頃よく食べた記憶があります。改めて食べるとチョコが滑らかで結構濃厚。バームクーヘンによく合うようにできていますね。ホワイトチョコの方も少し風味が変わっていい感じです。今回、モンドセレクション金賞を受賞したそうですが、ちょうど先日、テレビのニュースで社長が授賞式に出ているのを見ました。モンドセレクションって、半分以上日本の商品らしいですけど、国際的な品評会で金賞と言われると気になりますね。

お赤飯は炊きあがりの食感、もちもち感ともよくおいしかったです。夏どらは、割と普通のこし餡のどら焼きでした。アクセントに塩が加わっているみたいですけど、あまりわからず。我が家的には、どら焼きは紀の国屋のおこじゅが好みです。

青木屋は元々、明治26年に大國魂神社の境内で饅頭を売り始めたのが始まりだそうです。国立の大学通り、谷保の方にもお店があります。
行列に結構お年寄りも多かったのが、和菓子屋さんのオープンらしいところだなと思いました。7月からはカフェスペースもできるようです。
[MAP]
(Mu-To)
Aokiyamusashinonisshi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■キィニョン スコーンボックスセット

ゴールデンウィークは結局どこにも出かけずでしたが、nonowa国立のキィニョンでスコーンボックスセット(1080円)を買ってみました。休日などに時々売り出されるセットで、お値段的にも少しオトクみたいです。箱の絵も国立仕様。

スコーンはプレーン、紅茶、マーブルチョコ、よもぎ、宇治抹茶が入っています。
マーブルチョコ以外を一通り味見してみました。どれも生クリーム仕立てということで、外側はやや固い食感ですが、中はしっとりしています。プレーンは以前も食べたことがありますが、甘さ控えめな感じ。紅茶も抹茶も、アールグレイや宇治抹茶の味があまり前面には出ていなくて、食べているうちにふんわり香ってくるような味わいです。バランスとしてはマイルドでいいかなと思います。
個人的には、よもぎ味が一番存在感があっていいかなと思いました(写真右奥)。草団子のようなしっかりしたよもぎの味がして、アクセントに入っている豆も和菓子のようなマイルドさをプラスしています。しっとりした食感も合いますね。

スコーンは以前、少し固めの焼き加減の神戸屋キッチンのものが好きでした。最近あまり食べていないのですが、スコーンは以外に高かったりして、もうちょっとコスパのいいところがあるといいのですけれどね。

キィニョンは国立のお店を使うのは初めてでした。国分寺が本店で立川にもありますね。ボックスを買いたい場合はツイッターで時期をチェックすると良さそうですが、ネットでも買えるようです。
[MAP]
(Mu-To)
Quignonsconebox

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■Monthly Sweets コンディトライ神戸 白いチーズロール

5月前半の国立駅マンスリースイーツは2013年6月以来2回目のコンディトライ神戸です。関西土産の定番というイメージで、大阪の方に出張に行ったときによく買っていたので、あまり久しぶりという感じはしませんけど。
前回は神戸バニラフロマージュを買いましたが、今回は前から気になっていた神戸白いチーズロール(1458円)にしてみました。

ふわふわの白いスポンジに包まれているのはレアチーズケーキのようなクリーム。ねっとりした食感とやや抑え目なクリームの甘さ、クリームチーズの風味もちょうどよく、おいしいロールケーキでした。レアチーズケーキとロールケーキの組み合わせって、ありそうでなかった感じですね。お店だと冷凍でなく冷蔵の状態で買えるのもいいところだと思います。

マンスリースイーツ、4月は2回目の北匠庵だったのでスルーしてました。5月後半は2回目の京都ヴェネトのようですが、コンディトライ神戸の系列店みたいですね。
[MAP]
(Mu-To)
Monthlycondikobecheeseroll

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■もうもう広場 べっかい国立店

国立の大学通り、紀ノ国屋のそばのアイスクリーム屋さん。前までミルクトップでしたが、続けてまたアイスクリーム屋さんになりました。

ミルクトップと同じような感じで、ソフトクリームとアイスクリームがあります。子供と二人で行って、子供はバニラソフトクリーム(350円)、私は抹茶と濃厚ミルクのカップアイス(350円)にしてみました。
ソフトクリームを一口もらってみましたが、ミルクの味がわりとさっぱり。牛乳の自然な甘さという感じです。北海道別海町の生乳を使っているらしいです。
アイスクリームの方も割とさっぱりした感じがします。食感も少し粒だったさっくりした感じ。抹茶も濃すぎずミルク感があります。さわやかな味わいのアイスでした。

長年やっていたミルクトップの閉店は、以前新聞にご紹介したこともあったので残念でしたが、続けてアイスクリーム屋さんになったので、また散歩ついでに寄ってみたいと思います。
[MAP]
(Mu-To)
Moumouhiroba

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■高倉町珈琲 ふわふわシルキーパンケーキ

おいしいパンケーキのお店はいろいろありますが、私のイチオシ、高倉町珈琲に新バージョンのパンケーキが出たようなので、国立駅南口ポポロビルのお店に行ってきました。
ふわふわシルキーパンケーキは500円。セットのカフェオレは50円引きになって+414円です。

人気のリコッタパンケーキとは違ってリコッタチーズは使わず、素朴な玉子の味がベースのパンケーキです。名前の通り、ものすごくふわふわの焼き上がり。
まずはハチミツを付けずにバターだけで食べてみましたが、ほんのりした玉子の甘みがいい感じで、粉砂糖のかかったところの甘さがぴったり一番おいしく感じられました。ハチミツをかけてもおいしいですが、あまりかけすぎないのがオススメです。
特製クリームのリコッタパンケーキも十分ふわふわだった気がしますが、ふわふわのレベルはこちらの方が上ですね。スイーツとしての甘さを追及するなら特製クリームのパンケーキの方がいいですが、パンケーキ単体を楽しみたい場合はこちらの方が合うと思いました。期間限定メニューのようですが定番メニューになる気がします。

ちなみにふわふわのパンケーキと言えば、有名な幸せのパンケーキ吉祥寺店でも食べたことがあります。写真2枚目、幸せのパンケーキは1100円。後ろに隠れているけどアイスリーム添えで+100円です。食べた感じとしては、ふわふわ感はほぼ互角という感じでしょうか。というか、高倉町珈琲は幸せのパンケーキを研究して作ったのではないかと思います。幸せのパンケーキの方が若干高級感がありますかね。

これらを食べた時に思ったのは、ふわふわパンケーキってチーズ蒸しケーキの食感に似てない?っていうこと。ということでセブンイレブンで北海道チーズ蒸しケーキ(90円)を買ってきて、バターで焼いてみました。写真3枚目、右が焼く前、左が焼いた後です。熱したフライパンで片面10秒くらいで焼けてしまいます。
食べてみると、食感は似てるけどパンケーキと蒸しケーキではもっちり感が違いますね。ただ、バターで焼くとチーズの風味が薄れてバターの香ばしさが加わり、フレンチトーストとパンケーキの中間みたいな味になってかなりおいしいです。手間はかかりますけど、やってみると面白いですよ。

久々に高倉町珈琲に行ったら、3Fは閉めて2Fだけでの営業になっていましたが、その分混んでいました。前から2フロア分もお客が来るのかなと思っていましたが、実際のところ1フロアだと狭いけど2フロアほどではない、くらいの感じみたいですね。
[MAP]
(Mu-To)
Takakuramachisilky1 Takakuramachisilky2 Takakuramachisilky3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧