■多根果実店 国分寺チーズ

国分寺の老舗果物店、ケーキ屋さんの多根果実店でケーキをいただきました。以前、焼き菓子を買ったことはあったのですが、今回はイートインです。

アド街ック天国でも取り上げられていた多根の名物、国分寺チーズ(800円)とカフェオレ(セット半額で350円)をいただきました。2Fの席は落ち着いた雰囲気です。
チーズケーキは、みっしりした見た目の通り濃厚な味。でももっさりせず、滑らかな味わいでした。スムースなカフェオレとぴったり合っておいしかったです。
多根果実店は1932年創業。ケーキを売り始めたのは2003年に現在のご主人が引き継がれてからのようです。

老舗つながりでもう一つ。久々に白十字でホールのケーキを買いました。シュークリームを買ったり、イベントの時にマフィンを買ったりはしていましたが、ケーキを買うのは久しぶりかも。白十字は1955年創業だそうです。

6号のショートケーキは3500円です。穴が開いているのはお誕生日用でロウソクを刺した跡。プレートも付けてもらいました。
クリーム固めで甘さもしっかり。スポンジはサックリした感じ。昔ながらのオーソドックスなショートケーキという感じでした。イチゴが赤くツヤツヤしていてフレッシュです。いいイチゴを使ってるのでしょうね。
駅舎の赤い箱もかわいらしい感じ。ホールのケーキはお誕生日らしい感じが出ていいですね。
[白十字 MAP]
[多根果実店 MAP]
(Mu-To)
Tanecheesecake Hakujujishortwhole

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■てんや 天丼小そばセット

天丼のてんや。ココブンジイーストの1Fに戻ってきました。以前もちょうど同じくらいの場所にありましたね。新しいビルなので店内もきれいです。

ランチでいただいたのは、天丼小そばセット(790円)。てんやの天丼はタレの甘辛さがちょうどよくておいしいですよね。天丼は海老、イカ、鱚、いんげん、かぼちゃが乗っています。ご飯の炊き具合もいい感じ。自動で天ぷらが揚がる機械があるらしいですが、職人が揚げなくても天丼として十分満足な味です。そばもさっぱりして、セットとして食べるのにちょうどいい感じでした。

次にふらっと寄ったら、てんやの日でした。毎月18日、創業30周年企画として上天丼690円が500円になっています。海老2本、レンコン、いんげん、かぼちゃ。海老2本はうれしいですけど、いつもは値段上げてまで上でなくてもいいかなという気になるんですよね。でも、てんやの日だと普通の天丼より安いです。

さらに、ちょっと気になっていたチーズチキン南蛮天丼(780円)を食べてみました。鶏天2枚とチーズかき揚げ、たっぷりのタルタルソースに温玉付きです。チキン南蛮って唐揚げじゃなかったっけ?と思いながらも鶏天を食べてみると、お肉が柔らかくそのままでもおいしいです。タルタルソースをたっぷり乗せて、鶏天、チーズかき揚げを一緒にいただくと、マイルドでまったりとしたなんとも不思議な味。温玉をご飯に混ぜると、さらにまったり度が増します。チキン南蛮のようで何か違う、でもこれはこれでいけるという感じの面白い天丼でした。ただ表に看板を出していなかったので、早めに消えるメニューかも…。

てんやは他にも時々こういう野心的な天丼を出すらしいので、また試してみようかなと思います。コスパ的には普通の天丼が一番良さそうですけど。ランチタイムは混んでいましたが、回転は早いです。テイクアウトで来る人も結構多いですね。
[MAP]
(Mu-To)
Tenyasobaset Tenyanohi Tenyachiken

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■シロボシ

国分寺駅北口のわりと最近できた居酒屋、ランチのお店。魚しげの系列店みたい。1本路地西側です。お店は割と広々した感じがします。

ランチは日替わりとか、魚の焼き、煮、揚げ定食などがありますが、煮込みハンバーグ定食(1000円)をいただきました。
こちらのランチのポイントは、国分寺産野菜こくベジのサラダバー、というかいろいろお惣菜食べ放題なところです。ご飯とお味噌汁もお替わり自由。セルフのコーヒーも付いています。
この日は、身の分厚いブリのカルパッチョ、子持ちシシャモのフライ、そしてこちらも大きくぷっくりしたカキの煮物など。さすが海鮮が得意みたいですね。メニューのバラエティがいい感じ。あとはサラダや里芋の煮っころがしなど。お味噌汁はアサリがたっぷり入っています。
ハンバーグはごく粗挽きで、肉の味がしっかり感じられるタイプ。よく煮込まれていてデミグラスの味もおいしかったです。ご飯が進む、おいしいランチでした。

実は、ハンバーグを食べたのは2回目。1回目は1時ちょっと前に行ったら売り切れだったので、開店の11時に行ったのでした。初めての時に食べたのは、魚揚げ定食(1000円)でアジフライでした。こちらも出来立てアツアツで、ふっくらした身とタルタルが良く合っておいしかったです。
初回の時も、サラダバーではカルパッチョやポテトサラダ、豚肉とモズクの和え物などをいただきました。ただ、1時くらいになるとお皿が空のお惣菜があって、追加はされるのですが回転が若干遅い感じはありました。やはり開店時を狙っていくのが良さそうです。
あとコーヒーは、一応豆から挽いて作るジョージアのセルフのマシンみたいなのですが、まあ普通かなという感じでした。

私が行った時は、女性のグループが多かった印象です。ビュッフェの種類がいろいろあるのが人気のポイントかなと思いました。
[MAP]
(Mu-To)
Shiroboshi1 Shiroboshi2 Shiroboshi3 Shiroboshi4 Shiroboshi5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■季楽

国分寺駅の北口をちょっと行った、食堂などが集まっている一角。まぜまぜムタヒロの隣にある和食屋さんです。ランチに入ってみました。

焼き魚の定食がいくつかあって、黒むつ照焼き(900円)をいただいてみました。副菜は、卯の花和えにナポリタン味のマカロニ、お漬物など。ご飯おかわり自由です。
黒むつは炭火でこんがり焼かれて出てきました。身がふわっとしていて、脂が乗っておいしいです。焼き加減もいい感じ。お味噌汁も出汁がよくでていました。

カウンターと奥に小上がりがあり、夜に魚を食べながら一杯、という感じのお店ですね。ついついお肉を選びがちな私ですが、健康のためにたまには魚を選びたいと思います。
[MAP]
(Mu-To)
Kiraku

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■讃香製麺所 釜バター明太うどん

お昼を食べ損ねて、国分寺に着いたのが3時過ぎ。駅ビルとかチェーン以外だと、案外この時間にご飯を食べられるお店が少ないですね。讃香製麺所がやっていたので、久々に入ってみました。

注文は釜バター明太うどん(並 380円)。出汁醤油をかけていただきます。ふわっと香るバターに明太子を混ぜると、ちょうどいいねっとり感のマイルドな味になりました。ネギと天かすも適度に混ぜるとさらにいいです。うどんはコシがしっかり目ですね。並だとボリュームはやや少な目かな。
かなり久々でしたが、前回も似たの食べてましたね。玉子とバターの違い。ミーツ国分寺にもうどん屋さんができましたが、こちらの方が安いので価格的に住み分けはできそうです。さすがに6年前からは少し値段は上がってますが。

国分寺駅南口のランチと言えば、笑人の別メニューも試してみました。この日は豚ステーキをチョイス。こちらは1000円でドリンクが付いて、ライス、サラダがおかわり自由なのがいいですよね。ドリンクは白ぶどうソーダ、サラダはシーザーサラダとコブサラダをいただきました。
豚ステーキですが、脂の甘みがおいしくて肉の味もしっかりしていました。焼き加減もいい感じ。辛味噌を少し付けていただくと、どんどんご飯が進みます。グリルのお店らしいランチだと思いました。

[讃香製麺所 MAP]
[笑人 MAP]
(Mu-To)
Sanukamentai Wattonteki1 Wattonteki2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■あぶりゃんせ百干 春の海鮮丼

国分寺セレオのレストラン街にある和食、定食のお店。ニュートーキョー系列みたい。同じフロアにある中華料理の華琳もそうみたいですね。すごく昔に入って以来かも。久々にランチに入ってみました。

いただいたのは春の海鮮丼(1480円)です。春らしいところは、たっぷりの生シラスと桜エビですね。生シラスはニュルっとした食感。桜エビの皮も固くなくて、プチプチした歯ごたえが新鮮な感じです。中トロがいい感じのとろけ具合でおいしかったです。鯛も新鮮。こちらはお魚が得意みたいですね。
切り干し大根と小松菜のおひたしも味がよく染みていました。

やや高めに感じますが、ゆっくり定食をいただけました。他に日替わりなどもう少し安いランチもありました。
ミーツ国分寺が出来て、セレオのレストラン街はどうかなと思いましたが、お昼時、結構混んでいました。ミーツの方もゆったりしたレストランはそんなにないですからね。そのあたりはそれぞれ住み分ける形になりそうです。
[MAP]
(Mu-To)
Hyakkankaisendon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■椿屋カフェ

ミーツ国分寺3Fのカフェ。ダッキーダックや、ぱすたかんの系列店らしい。店員さんがメイド服みたいなのを着ていて、店内も大正・昭和時代的なレトロな感じです。平日のランチに入ってみました。
ランチは、それぞれ値段は違いますがパスタやカレーなどがあり、サラダまたはスープ、コーヒーまたは紅茶がセットになっています。今回は白鱚とタケノコのジェノベーゼのランチ(1230円)にしました。

最初にいただいたのはレタスのサラダ。ドレッシングもいい感じです。下に刻んだ大根が入っていました。ジェノベーゼのパスタは、汁気が多いタイプですね。水菜もたっぷり乗っています。タケノコも固すぎずちょうどいい柔らかさ。ふっくらした鱚の淡泊な味と、タケノコ、バジルの香りが春っぽいさわやかな味わいでおいしいです。春と言うより、段々暖かくなって初夏の陽気になりつつありますが。五右衛門のジェノベーゼと比べると少し薄味な感じでした。

食後はサイフォンで入れたコーヒーをいただきました。写真に白く映りこんでいるのは天井の照明です。喫茶店らしくコクのあるコーヒー。苦みはあまりなく、少し酸味を感じます。量もわりとたっぷりあって、淹れたてアツアツをおいしくいただけました。

4Fのchawanは行列だったのですが、こちらはすぐ入れました。タイミングが良かっただけかもしれないですけど。ミーツは2Fにスタバもあり、駅直結だからかカフェ多めですね。
チェーンの喫茶店としては、高倉町珈琲コメダ珈琲店星乃珈琲店などありますが、こちらのコーヒーは割と好みの味でした。
[MAP]
(Mu-To)
Tsubakiyacafe1 Tsubakiyacafe2 Tsubakiyacafe3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■しゃぶしゃぶ温野菜 食べ放題コース

国分寺駅北口、西武バスの停留所のところにあるしゃぶしゃぶ温野菜で飲み会をやりました。そう言えば、かなり前には国立にもお店がありましたね。牛角の系列店らしい。幹事におまかせだったのですけれど、食べ放題(3218円)にキャンペーンで割引価格の飲み放題(1058円)を付けた形だと思います。

2つに分かれている鍋に、片方は具の入った鍋、もう一方はしゃぶしゃぶ用のスープを選ぶスタイルらしい。今回の場合、幹事さんが先に選んでるわけですが、一つは金のもつ鍋と豆乳だし、もう一つは担々肉鍋と牛テールの和牛だしになっていました。
お肉は、豚カルビ、牛カルビ、牛肩ロース、豚ロース、牛もつなどから選べます。鶏つみれやウィンナー等もあり。お野菜の方も、キノコ、白菜、ニンジン、モヤシ等と当然一通りあります。ヘルシーメニュー的には湯葉も。あとおつまみの種類も豊富です。とりあえず出てきたのは、枝豆とキムチ、肉チャンジャ、がつポン酢、うずらの味玉、梅肉と軟骨など。
うずらの味玉とか、がつポン酢とか、ありそうで普段なかなか食べない感じのおつまみがちょっと気分変わっていい感じです。お鍋の方ですが、もつ鍋も担々肉鍋もおいしかったです。ぷるぷるのモツから出てくる脂とか、豆腐、ニラと肉味噌、ピリ辛のスープの組み合わせとか、うまみが出てくる感じでよかったです。まさにビールにぴったり。お酒はよくあるチェーンの居酒屋風ではありますが、ハイボール、梅酒などいただきました。

しゃぶしゃぶのお肉は、まあそれほどいいお肉ではないですけれど、豆乳で食べたり牛スープで食べたり、いろいろ変化が付けられますし、お腹いっぱいなので満足です。シメには、もつ鍋のスープに一風堂監修のとんこつラーメンを投入しましたが、ピンとした麺が歯ごたえもよくおいしかったです。ミニカレーもいただきましたが、そんなに辛くなく、これはまあ普通という感じでした。デザートも選べるみたいですけど、今回は雪見だいふく。皮が桃味?

ということで、久々に温野菜に来ましたけど、食べ放題メニューはおつまみも鍋の種類もバラエティがいろいろあってなかなかいいと思いました。今回は麺にしましたが、ご飯を入れてチーズリゾットにしたりもできるようです。お肉のレベルはそれほど高くないかもしれないですが、食べ方の工夫で楽しませようとしているのでしょうね。
[MAP]
(Mu-To)
Onyasaicourse1 Onyasaicourse2 Onyasaicourse3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ミーツ国分寺 うどんとぼんた

長らく工事をしていた国分寺駅直結のビルがついに完成し、商業施設のミーツ国分寺が4/7にグランドオープンしました。オープンした週末はすごく混んでいたみたいですね。

駅直結の2本のビルの名前がcocobunji EASTとWESTで、cocobunji WESTの4Fまでがミーツ国分寺。5Fにはcocobunjiプラザという市の施設が入っていて、外に出られるテラスはリオン広場という名前になっていました。補聴器等を作っている国分寺の企業、リオンがネーミングライツを買ったのかな。まちの魅力発信コーナーでは、宇宙開発をアピールする国分寺らしく、アポロ計画の展示をやっていました。

ミーツ国分寺には、クイーンズ伊勢丹、東急ハンズ、hmv book storeなどが入っていて、それ以外にも洋服のブランドとか、それほど広くはないですけれどデパートみたいな感じです。スタバやマックもあり、駅に近くて便利に使えそう。箱根ベーカリーと神戸屋と、なぜかパン屋さんが2つも入っていますね。

4/10のお昼、コンコースにあるうどんとおにぎりのお店、うどんとぼんたに入ってみました。いろいろメニューがある中、特徴がありそうなカルボナーラうどん(中 1150円)を頼みました。
濃厚なクリームソースにたっぷりのチーズ、玉子の黄身。まさにカルボナーラという感じの味です。こんがりしたブロックベーコンとたっぷりのネギも合います。胡椒の具合もちょうどいいです。うどんはモチモチとしつつもコシがあり、中サイズでちょうどいいくらいでした。
おいしいですけど、ちょっと高いですね。以前イリコで食べたカルボナーラうどんはもうちょっと和風の感じでした。
あと、この日はまだオペレーションが安定していなかったみたいで、出てくるのがちょっと遅かったです。かなり混雑もしていましたしね。

なにはともあれ、新しいお店ができるとワクワクします。ミーツ国分寺内のお店もいろいろ使ってみようと思います。
[MAP]
(Mu-To)
Miitskokubunji1 Miitskokubunji2 Miitskokubunji3 Miitskokubunji4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ちゃぷすい亭

国分寺駅南口から殿ヶ谷戸公園前の坂を下り、交差点の少し先に行ったところにある中華料理屋さん。評判がいいと聞いて来てみました。

ランチタイムはセルフサービスでサラダ、コーヒー付きです。ドレッシングがいくつかあって選べます。サラダを食べながらメイン待ち。注文はお店の名前がついた、ちゃぷすい麺(820円)です。いわゆる五目中華そばですね。
アツアツスープにあんかけ野菜。キャベツ、ニンジン、チンゲン菜。シイタケもいい味だしてます。エビ、イカ、豚肉、タケノコもいい感じ。麺もたっぷり、スープの味もおいしかったです。

食後にゆっくりコーヒーをいただきました。お店の感じとしては、オトメに近い印象ですかね。駅からはちょっと離れていますが、近所の方に人気があるみたいで、お昼の時間帯は割と混んでいました。ランチは他に回鍋肉定食やチャーハンなどいろいろありました。裏メニューで、ちゃぷすい麺の小もあるらしく、結構頼んでいる人がいました。
(行ったのが少し前なので、もしかするとセルフサービスの内容や値段が変わっているかもしれません)
[MAP]
(Mu-To)
Chapusuitei1 Chapusuitei2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧