■旬

国分寺駅北口からちょっと西側に行ったところにある居酒屋。以前橙という名前だったのが旬になりました。地下1Fで猿酔家の斜め前です。1Fにはグリージョがありましたが閉店してしまったようです。少人数の飲み会で入りました。

幹事おまかせだったのですけど、多分飲み放題付き4000円のコース。最初はピッチャーのビールでカンパイ。前菜から始まり、刺身とサラダが出てきました。刺身は新鮮な感じでおいしかったです。
串揚げはカレーチキンとオクラ。これもサクサク感があってよかったです。それから、ジャガイモとトマトのチーズ煮込みみたいなグラタン。後は春巻きと、シメにそば、デザートなどでした。ちょっとメインディッシュ感が不足気味ではありますね。
飲み物は例によって、ジンジャーハイボール、ハチミツ梅酒のソーダ割、グレープフルーツジュース等をいただきました。

リニューアルして、以前座敷だったところがテーブルになったみたいです。比較的大人数でも入れそう。以前からロフトみたいなスペースがありましたが、半個室になっていて今回そちらに入りました。
お店としてはジビエとかが推しなのかな?そう言えば、階段入口の庇の横にカンカルという橙の前のお店の名前が残っていましたが、それもリニューアルで消されたようですね。
[MAP]
(Mu-To)
Shunizakaya1 Shunizakaya2 Shunizakaya3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■オトメ

国分寺の老舗中華料理店。以前からおいしいと評判は聞いていたのですが、ようやくやってきました。国分寺駅南口、和福のちょっと先です。

メニューは肉野菜炒めとか定食ものから、炒飯、焼きそば、ラーメンなどいろいろ。初回はまず、やわらかい焼きそば(918円)をいただきました。
麺は一部こんがり焼かれた感じで、上に白菜やもやし、ニンジン、タケノコ、キクラゲなど野菜たっぷりのあんかけがかかっています。豚肉も結構はいっていて、お肉が柔らかくておいしいです。あんかけの味も上品な感じ。銀座アスターみたいなイメージですかね。
カラシつけるとバランスがいいですね。わりとボリュームもありました。

そして続けて2回目。今度は中華丼(918円)をいただいてみました。丼をイメージしていたら平たいお皿。お漬物とスープ付きです。
これまた野菜がたっぷり。アツアツにしっかり炒められて野菜がおいしくいただけます。あんかけの味はやや濃いめですね。チャーシュー、というか金華ハムも味がよく染みてておいしい。さらに目玉焼きのトロトロ感もちょうどいいです。黄身の部分を崩して、あんかけ、チャーシューと一緒に食べると至福の味です。
こちらもわりとボリュームがありました。スープは少し薄味ですね。

評判通りおいしい中華でした。手軽に高級店の味が楽しめるという感じですね。やきそば等、五目にすると具材のグレードが上がるようです。お店にかかっているヨーロッパの風景のリトグラフなどもいい感じでした。
国分寺の中華は、広さや高級感で言うと駅ビルの華琳もありますし、本場の味という意味では新中華もあります。いろいろ気分で選んでもいいかなと思いました。
[MAP]
(Mu-To)
Otome1 Otome2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■すし 恵比寿屋

国分寺にいくつかある恵比寿屋系列のお寿司屋、寿司系居酒屋のお店。人気のイタリアン、Farm to table De Salitaと同じビルです。こちらも系列店ですね。

ランチと夜の飲み会で2回使いました。2階がカウンターとテーブル席で、3階がお座敷のようです。ランチは握りやちらしが1000円からあるのですが、究極握り(2500円)が魅力的だったのでそちらにしました。ホットペッパーのクーポンで、事前に電話で予約を入れると10%オフになります。
10貫と玉子。どれも職人さんの握りたてでピカピカしています。イクラの粒立ち感がすごいですね。ウニも甘みがいい感じ。上の段、真ん中が中トロ、左端が大トロ。どちらもそれぞれ身がしまっておいしかったです。一番印象的だったのは、のどぐろ(手前左端)。少し炙った白身の香ばしさにふっくらした食感がよかったです。

夜の飲み会は幹事任せだったのですけど、多分2時間飲み放題付5000円のコースです。季節野菜と鮮魚のサラダから始まり、茶碗蒸し、焼魚。白身魚の揚物のあんかけ、野菜の煮物。〆は握り寿司、柚子シャーベットでした。お魚とお野菜の和食メニューなので、やさしくヘルシーな感じでいいですね。お寿司も究極握りとは違いますが、職人さんの握ったおいしいお寿司でした。飲み物はビール、梅酒のソーダ割り、焼酎黒丸ロックなどをいただきました。

お座敷は個室なので接待にも使えそうです。カウンターでのお寿司もちょっと贅沢でいい感じ。恵比寿屋は国分寺以外でもお店を展開しているみたいですが、どこもそれぞれ工夫があって人気があるみたいですね。
[MAP]
(Mu-To)
Sushiebisuya1 Sushiebisuya2 Sushiebisuya3 Sushiebisuya4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■アド街ック天国の国分寺特集

7/15のアド街ック天国は国分寺の紹介でした。国分寺駅と西国分寺駅周辺がメインです。
やはり知っているところが特集されると面白いですね。番組HPにランキングが出ていますが、1位から10位は以下でした。

1位 武蔵国分寺跡
2位 殿ヶ谷戸庭園
3位 ほんやら洞
4位 東京都立 多摩図書館
5位 だんごの輪島
6位 でんえん
7位 作家達の足跡 (椎名誠、村上春樹)
8位 若松屋 (太宰治が通ったうなぎ屋)
9位 多根果実店 (国分寺チーズ)
10位 ムタヒロ

他に出てきたお店で行ったことがあるのは、ハバカーるすぷーん(西国分寺本店)、カフェ スロークルミドコーヒー国分寺甚五郎茂右衛門など。

国分寺は日本のヒッピー文化の発祥の地らしいです。そういうカルチャーを育む土地だからか、縁のある作家さんも多いですね。
もつ焼き うめづとか、行ってみたいお店も見つかりました。またいろんなところを開拓していきたいと思います。
(Mu-To)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■赤べこ亭

国分寺駅南口から西に向かったところにある和牛のお店、赤BEKO亭。以前、鴨錦だったところです。焼肉、肉ずしなど和牛をいろんな形で食べられるようですが、今回ランチで来てみました。

メニューはいろいろありますが、和牛タルタルステーキと煮込みハンバーグのランチ(950円)にしてみました。
まずは左上のサラダから。大根、ニンジンがシャキシャキで、あっさりめのフレンチドレッシングがかかっています。かなりたっぷりあります。
そしてメインのお肉へ。タルタルステーキは粗びきのレアハンバーグみたいですね。こんがりした表面の食感がよく、レアのお肉もうまみがあっておいしいです。また醤油ベースのタレがおいしくて、モヤシと一緒に食べるとご飯がモリモリ進みます。ハンバーグの原型、ハンブルグステーキもタルタルステーキから始まっているそうです。
もう一つの煮込みハンバーグは、右奥、大根のフライに隠れている薄茶色のやつ。豚が少し多めな合い挽き肉という感じで、生姜焼きみたいな和風の味です。これまた肉がジューシーで、味が変わって面白いですね。
その手前の茹でた大根のフライもカラッと揚がって、おいしかったです。スープはあっさりした玉子スープ。ご飯おかわり自由なのですが、最初から結構たっぷり入っていて私には十分でした。

おかずたたっぷり。いろんな種類が食べられて、ちょっとリッチなランチになりますね。メインのチョイスで和牛コロッケもあるのですが、フライがおいしかったので気になります。焼肉とか、夜の方も来てみたいと思いました。
[MAP]
(Mu-To)
Akabekotei

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■餃子酒場 たまりや

国分寺駅南口、味源みやと…の入っているビルにある餃子がメインの居酒屋さん。飲み会で使ってみました。

多分、飲み放題(エビス生付き)込みで4000円のコースです。当然カンパイは生ビールで。やっぱり餃子にはビールですよね。
タレキャベツと豆腐のゴマサラダをつつきつつ、最初に出てきた餃子は、たまりや餃子。お店の名前が付いたオーソドックスな餃子ですが、中身がジューシーな感じです。続いては(写真はないですけど)少し小さめの島唐辛子餃子。こちらは最初は普通なんですが、後から辛さがドカンと来る味です。次の写真はにんにく餃子。これはニンニクのパンチがすごく効いています。次はシソ餃子。シソの風味って餃子に合いますよね。間に鶏唐揚げも出てました。最後も写真ないですが、黒豚餃子。これも豚肉の味がギュッと詰まって、うまみのある味でした。
他には、ホルモン鉄板焼きに雑炊とデザートにアイスなど。飲み物はビール以外には、例によってハイボールと梅酒などをいただきました。

いろんな種類の餃子が食べられるのは面白くていいですね。それぞれ特徴もあります。宴会をするには若干手狭な感じの店内ですが、値段もリーズナブルでいいと思いました。会社帰りのちょいと一杯にちょうどいい感じのお店だと思います。最近、北口にもお店ができたようです。
[MAP]
(Mu-To)
Tamariya1 Tamariya2 Tamariya3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■モス アボカドサラダバーガー

国分寺駅南口、11時くらいに手早くお昼を食べようと思って、久々にモスバーガーに入りました。期間限定のメニューという、アボカドサラダバーガーのポテトSドリンクMセット(840円)をいただいてみました。

まったりとしたアボカドの味って、ハンバーガーに合いますよね。またこちらはドレッシングの味がすごくさっぱりしていて、レモンのさわやかさとパクチーの香りが夏らしくていい感じです。タマネギ、レタス、トマトなど、野菜もたっぷりでいいですね。
ドリンクは日向夏のソーダにしましたが、甘さと酸味がちょうどよかったです。モスのハンバーガーはボリューム少な目な印象ではありますが、ポテトも合わせると案外ちょうどいいくらいになりました。ポテトの揚がり具合もよかったです。

国分寺南口のお店は2階がすごく明るくて、窓際の席も駅前が見晴らせて気持ちいいです。ちょっと気分がリフレッシュできるランチになりました。
[MAP]
(Mu-To)
Mosavocadosalad

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■すぷーん 豚トロ角煮カレー

国分寺駅南口のカレー屋さん。ネットを見ていたら、すぷーん国分寺店がグルメ王 渡部がオススメするやわらかすぎるお肉の名店として紹介されたということで来てみました。

有吉弘行のダレトク!?というTV番組らしい。レポーターのあばれる君のサインが置いてありました。紹介されたのは豚トロがまるごと1枚乗ったプレミアム豚トロ角煮カレー(1200円)のようですが、豚トロがハーフサイズの豚トロ角煮カレー(950円)をいただきました。

ルーはさらっとしていますがデミグラスソースのようなコクがあり、いかにも上品な欧風カレーという感じ。辛さは辛すぎず私的にはちょうどいいところ。
さて話題の豚トロですが、スプーンでつつくとホロホロっと崩れます。脂身の加減もいい感じ。マスタードソースもお肉とカレーに合います。肉をつついて、カレー、ターメリックライス、半熟玉子と一緒に食べるとトロトロ感がMAXでおいしいです。水菜もさっぱりする感じが加わっていいですね。
あばれる君によると「離乳食かマシュマロくらい柔らかい」ということですが、まあ普通より柔らかい角煮、という感じでしょうかね。渡部氏のサインはなかったみたいですが、オススメしてるけど来てはいないのかな?

こちらはコクのあるルーと、素揚げや天ぷら等、揚げ物のトッピングの組み合わせが上手だなという印象があります。元々は西国分寺が本店で、国分寺と三鷹のお店はフランチャイズ的な展開になっているようですね。以前は日替わりやワンコインで方針にブレがあったりしましたが、メニューもきれいになって運営がしっかりしてきた気がします。そう言えばラピュタグッズもなくなっていたかな。
テレビで紹介されると人気も出ると思うので、良さを保ちながら頑張っていって欲しいと思います。
[MAP]
(Mu-To)
Spoontontoro

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■胡桃堂喫茶店

国分寺駅北口、早稲田学園の近くに出来た喫茶店。名前の通り、西国分寺のクルミドコーヒーの系列店です。評判のお店ということで早速行ってきました。

2階建ての古めかしい建物。1階にも席がありますが、2階が広々しています。椅子やテーブルもアンティークな雰囲気です。深煎り珈琲(810円)とバゲットフレンチトースト(648円)をいただいてみました。
珈琲は、深煎り、中煎り、浅煎りが選べるのですが、深煎りは苦いかと思いきや全然苦くないです。ハンドドリップのやさしく深みのある味。スムースでマイルドなコーヒーで、ゆっくり飲むのにいいなと思いました。

バゲットフレンチトーストは、トッピングがカスタード、ホイップ、あんこから2つ選べて、カスタードとあんこにしてみました。パンは皮がしんなりしてるけど固め。噛んでるうちにじんわりした甘味がでてくるタイプです。カスタードは甘さ控えめで、すごくねっとりしています。あんこもやさしい甘さ。アツアツのフレンチトーストとは違って、こちらもほのかな甘みをゆっくり楽しむのにいいなと思いました。
あと、ナイフとフォークが黒くて重くて印象的。カトラリーにもこだわりがあるみたいですね。

以前、西国分寺のクルミドコーヒーに行った時には地下に入れられてちょっと残念だったのですが、こちらは2階が広くて、いつ来てものんびり過ごせそうです。ソファではないのでゆったりくつろぐ感じではないですが、そこもダラっとしすぎなくていいかな。早稲田の小学生が帰る時間帯だとちょっと外が騒がしいかなとは思いました。階段脇に本棚があって、書店というか、文化発信的なこともしていこうとしているみたいです。コーヒー1杯810円はちょっと高いですけどね。
[MAP]
(Mu-To)
Kurumidokissa1 Kurumidokissa2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■なんくるないさー

国分寺駅南口にある沖縄料理の居酒屋さん。以前月と猫、さらに前は三の蔵だったところです。少人数での飲み会で入ってみました。

まずはオリオンビールのジョッキ生(648円)でカンパイ。19時までは半額みたいです。お通しはエビのマヨネーズ和え。
最初は、生ハムとパパイヤのシーサーサラダ(605円)、ニラジャン豆腐(486円)などをいただきます。シーザーサラダ?はパパイヤ感はあまり分からなかったですが、生ハムは結構合いますね。ニラジャン豆腐はピリッと辛くてお酒の友にいい感じ。

2杯目はシークワーサーサワー(432円)で、塩漬け豚のスーチカ(562円)などをいただきます。そして沖縄料理と言えば、ゴーヤチャンプル(626円)。ゴーヤがかなりたっぷり入っていて、スパムの塩味とゴーヤの苦みがいい組み合わせです。写真はないですけど、他にもテビチ(豚足)、ナカミイリチー(ホルモン炒め)、マーミナーチャンプルー(モヤシ炒め)、ソーミンチャンプル(そうめん炒め)など名前だけだと何かよく分からない沖縄料理などいただきました。中ではソーミンチャンプルがオススメかな。

シメに向けて、沖縄そば(ソーキソバ 702円)と海ぶどう(594円)、うちなー焼きそば(ソース 626円)など。沖縄そばは角煮が柔らかく、コシのあるソーキソバが出汁と相まっておいしかったです。うちなー焼きそばはソースの焼きうどんっぽいですけど、スパムが入っているのが沖縄風かな。沖縄料理はスパムを使うものが多いですね。

価格もそこそこリーズナブルで、たっぷり沖縄料理を楽しめました。北口の獅~猿~が若干沖縄料理から離れて行っているっぽいので、沖縄料理に浸りたい場合にはこちらのお店もいいと思います。
[MAP]
(Mu-To)
Nankurunaisa1 Nankurunaisa2 Nankurunaisa3 Nankurunaisa4 Nankurunaisa5 Nankurunaisa6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧