■イレブンカット

ららぽーと立川立飛にある安いヘアカット、美容院のお店。子供のカットに、以前大学通りのピュアカットに行きましたが、車で行くのを考えるとららぽーとの方が便利ということで、こちらに来てみました。

1分コンサルティング、10分カットで計11分なのでイレブンカットという名前になっているようです。子供1080円、大人1620円。ピュアカットも子供1080円でした。
お店は広々しています。休日だったのでちょっと混んでいましたが、1時間程度買い物しながら時間をつぶして、戻ったら手早くきれいに仕上げてもらえました。

向かいにQBハウスがあって、そちらは大人も子供も10分1080円みたい。系列店ではないみたいですが、床屋さんと美容院的なすみ分けなのでしょうかね。そう言えば、以前イオンモール武蔵村山のイレブンカットも使ったことがありましたが、そこもQBハウスと隣り合わせでした。
結構人気があるみたいですが、安くて早いのが助かりますね。ただカットしてもらう人は選べないので、若干当たりはずれがあるかもしれないな、という気はしています。
[MAP]
(Mu-To)
11cut

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■果香 冷やし麻辣麺

立川ルミネ7Fの中華スイーツ・ランチのお店。久々にランチで入りました。

私はランチセット(1188円)で冷やし麻辣麺とグァバジュース。杏仁豆腐が付きます。嫁さんは酸辣麺(900円)とドリンクセットB(324円)でオーギョーチー(愛玉子)のレモンジュースを選びました。
写真手前が冷やし麻辣麺。結構辛いですが、うまみがある辛さです。薬膳みたいな香辛料がいろいろ入っていて、ネギ、ラー油、挽肉と、本格的な冷やし担々麺のような感じ。水菜やエビと一緒に食べるとさっぱりした味わいになります。
酸辣麺の方はかなり酸味があって、辛みは割とマイルドです。中華料理で時々ありますが、わりと珍しい味。すっぱい系のスープが好きな人向けかなと思いました。

こちらはやはりスイーツがおいしいですね。オーギョーチーのプルンとした食感とレモンジュースのさっぱり感がすごくいい感じ。杏仁豆腐のとろっとした感じもかなりよかったです。
昔と比べると、小籠包を選択性にしてランチの価格を下げたみたいですね。レストランフロア以外のランチの選択肢として穴場的な感じでいいと思います。
[MAP]
(Mu-To)
Kakamara1 Kakamara2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■羽衣ねぶた祭 2017

立川市羽衣町で行われる、ねぶた祭りに久々に行ってきました。2012年以来です。今年は8/18,19,20に開催で20日の日曜日に行きました。

例年ものすごい暑い時期で、人もたくさん来るので混雑もあって汗だくになるのですが、今年は割と涼しかったので快適に見られました。並んでいるねぶたは青森県黒石市のお祭りに使われたものを買ってきているらしいです。青森市の「ねぶた」が一番有名ですが、弘前や黒石のものは「ねぷた」と呼ばれるようです。
写真1枚目は悪源太義平の霊、2枚目はスサノオ。浮世絵等がモチーフになっているのだと思います。前に飛び出てくるような立体感がいいですね。

いろんな屋台が出ていて、焼きとうもろこし(300円)などをいただきました。青森の物産展をやっていたり、商店街の方がお店を出していたり。
ねぶたの点灯は19時からで、お祭りは21時まで。その間にねぶたの移動や、お囃子や踊りがあります。コンパクトにまとまっていて、気軽に行けるところがいいです。久々に夏らしいお祭りを体験できました。
[MAP]
(Mu-To)
Hagoromonebuta17_1 Hagoromonebuta17_2 Hagoromonebuta17_3 Hagoromonebuta17_4 Hagoromonebuta17_5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■フルーツピークス 果樹園のパフェ

ららぽーと立川立飛の果物屋さんがやっているケーキ屋さん。前にタルトを買ってきたことがありましたが、今回はイートインでいただきました。

私は、三井ショッピングパークカードを見せると100円引きというキャンペーンに誘われて、果樹園のパフェ(830円 カードで-100円)です(写真右)。フルーツの上にバニラアイスがもりもり。
最初は若干食べづらいですけど、このバニラアイスが濃厚で、てっぺんのラズベリーと一緒に食べるとすごくいい感じ。メロンもさすが果物屋さんという感じの甘さ。
下のグラスの中にはパイナップルやオレンジ、グレープフルーツなどが入っています。こういうフルーツ、パフェにすると酸味が際立ったりする場合がありますが、そこはさすが果物屋さん、甘みがしっかりしてアイスにもあっておいしいです。パフェ食べるのも久しぶりでしたが満足できる味でした。
嫁さんは写真左のフルーツティアラ(540円)。薄いタルト生地の上にカスタードが乗り、さらにその上にオレンジ、キウイ、メロンなどフルーツがたっぷり乗っています。こちらもフルーツがたくさん楽しめていいですね。

カフェスペースも広く、入りやすくてよかったのですが、こちらのカフェは8/27で閉店なのだそうです。おいしい分だけ、値段もちょっと高めではあったからでしょうかね。
ららぽーと立川立飛も、最近いろいろお店の入れ替わりがあるようです。オリオン書房が閉店して、別の区画に有隣堂が入りました。向かいに文具や雑貨のセレクトショップも期間限定で出来ていて、ラインナップがおしゃれな感じでよかったです。
[MAP]
(Mu-To)
Fruitspeakskajuen

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ミスターワッフル

立川ルミネ1F、成城石井が前の場所に戻った跡地(その前はスタバだったかな)の所に出来たワッフル屋さん。試しに買ってみました。

テイクアウトの場合、1分ほどトースターで温めて、少し待つのがいいそうです。表面がカリッと、中はもちっとなります。電子レンジは使わない方がいいみたい。
写真左から、プレーン(170円)、焼きリンゴ(190円)、アーモンド(190円)です。まず基本のプレーンは、表面がほんのりメープルかハチミツのコーティングがされていて、ちょうどいい甘さです。生地の甘みや、もちもち感もいい感じです。焼きリンゴは、中に入っているリンゴの粒が甘酸っぱくて、これまたおいしい。アーモンドはアーモンド粒がたっぷりかかって香ばしい味わいでした。

ベルギーワッフルにはブリュッセルワッフルとリエージュワッフルがあって、こちらのものやマネケンのものはリエージュワッフルのタイプ。ブリュッセルワッフルは長方形でわりとカリッとしたタイプのものらしいです。
今回の中では、私は焼きリンゴ、嫁さんはアーモンドが好みでした。ちょっとしたおやつにいいですね。イートインスペースもあるので、お店なら一番いい状態で食べられそうです。
[MAP]
(Mu-To)
Mrwaffle

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■天下一品

京都の有名なラーメン屋、天下一品の立川店に行ってきました。できたのは後ですけど、蒙古タンメン中本の近くです。かなり昔に都内のお店に行って以来でした。

天一と言えば、こってりラーメン(720円)です。鶏ガラと野菜をじっくり煮込んで作られた濃厚なスープ。豚かと思っていたら鶏なんですね。ポタージュのようにねっとりしていて、野菜のうまみも感じられます。この濃厚なスープが麺に絡んで、さらにたっぷりのネギ、チャーシューと頬張ると至福の味。スープが独特で、他では真似できないおいしさになっていると思います。少し唐辛子が入っているのもアクセントになっています。ご飯が欲しくなる味で、+80円の定食セットにすればよかったと思いました。

あっさりラーメンの方は普通の鶏ガラスープの醤油ラーメンみたいな感じですね。こってりとあっさりの中間もあるようです。
一蘭等もそうですが、有名店の支店がちゃんとあるところが立川のいいところです。WINSのおかげでこの近くにラーメン屋なんかが多いのかな、という気はしますけれど。こちらのお店は6月に内装が新しくなったようです。
[MAP]
(Mu-To)
Tenkaippin

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■立川マシマシ

立川の次郎インスパイア系のラーメン屋さん。南口の、たま館に入っています。今回はラーメンではなく、こってりした味がやみつきになるというマシライス(750円)を食べに来てみました。

ライスの量が選べますが普通(350g)にしています。最大700gまで無料みたい。まずはご飯と肉そぼろを混ぜ混ぜします。一口いってみると、まず最初に来るのは甘さ。背脂の甘さでしょうかね。でもすぐ後に唐辛子の辛さが来て、結構辛いです。味としてはテーブルのニンニクを足すとパンチが出ていい感じ。
全体としては、甘さと辛さと肉のうまみが来て不思議な味です。印象として一番近いのは汁なし担々麺ですかね。国分寺のあひるのたまごで孔明の罠麺にご飯投入したものを思い出しました。花椒の香りはないですけど。
スープはモヤシ入りで、わりとあっさりだけど胡椒が効いてる感じでした。

マシライス、私にはちょっと辛さが強いこともあってハマる味ではなかったですが、濃厚背脂好きの人にはいいかもしれません。バランスとしては豚マシ(150円)でチャーシューを加えるのがよさそうだと思いました。
[MAP]
(Mu-To)
Tachikawamashimashi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■貢茶

立川ルミネ1Fのスターバックスの隣にできた台湾のお茶のお店。ゴンチャと読みます。以前紀伊国屋のパイを売っているお店だったところです。

いわゆるタピオカミルクティーとかが定番っぽいですが、新しいスタイルということで、ミルクフォームウーロンティー(Mサイズ 453円)にしてみました。シロップなし、氷少な目にしています。上に抹茶が少し乗ります。

飲み方のオススメは、まずミルクフォームをちょっと飲む、下のお茶を飲む、混ぜて飲むというステップだそうです。普通のミルクティーよりは、さっぱりした感じですかね。お茶はウーロン茶なので、紅茶よりすっきりしていますが香りはしっかり出てる印象です。ただ、台湾茶らしさを楽しむならシロップやタピオカをトッピングしてデザートっぽくする方が合いそうな気がしました。
一緒にエッグタルト(270円)も頼んでみましたが、サクサクのパイ生地で、玉子の味と甘みがしっかりしたカスタードタルトでした。

さっぱりしたお茶は夏に良さそうですね。Gong chaのロゴが昔のGoogleのフォントに似てると思いました。立川ルミネは、アンド・ザ・フリットとかフライングタイガーとか、新しいおしゃれなお店ができるものの案外長続きしなかったりするので、頑張って欲しいところです。
[MAP]
(Mu-To)
Gongcha

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■グリル ドミ コスギ

ららぽーと立川立飛の洋食屋さん。家族で夜ご飯に入りました。

私は看板メニューっぽい、シチューハンバーグ(1490円)です。サラダ、ライスまたはパン付き。アツアツの鉄板に乗って、ハンバーグはホイルに包まれて出てきます。ハンバーグのお肉は合い挽きで、柔らかい中に肉の粒々感があり食感がいいです。またドミグラスソースが濃厚で、ビーフシチューのような感じで煮込まれていて、ご飯と一緒にハンバーグがおいしくいただけました。
付け合わせのジャガイモもほくほく、大根も柔らかくてよかったです。セットのサラダもドレッシングがよく馴染んでいて、ひと手間加わっている感じでした。

嫁さんは帆立貝のクリームコロッケ(1328円)。こちらはサラダに、パンを選択。洋食屋さんらしいカラッと揚がった濃厚なクリームのコロッケでした。
子供のお子様セット(950円)は、チーズハンバーグ、エビフライ、チキンライスなど子供が好きなものが乗って、しかも大人のものと同じ料理です。
タルタルのタマネギの粒々感など、ソースに力が入っているのがいいですよね。

我が家的に一番ヒットだったのは、オムライスドミグラスソース(1328円)でした。こちらもサラダ付き。上の子が頼んだのですが、ふわふわ玉子に濃厚なドミグラスソース、チキンライスと、定番ですがレベルの高い組み合わせにハマったようです。

ハマってしまった子供のリクエストで再度来訪。子供二人は当然オムライスです。
私は二度目はチキンカツカレー(サラダ付き、1166円)にしてみました。カレーはほどよい辛さで、チキンカツがふっくらジューシーに揚げられていておいしかったです。ただ、親しみがあると言うか、どこかで食べことがある印象のルーの味でした。
嫁さんは月見テリヤキハンバーグ(1274円)にサラダとパン。一口もらいましたが、やはりふっくらしたハンバーグの味とトロッとしたテリヤキソースがおいしかったです。

そう言えば以前はポップオーバー(ふわっとしたパンみたいなやつ)を推していた時期もあったと思いますが、今はしていないようです。しっかり煮込まれたデミグラスとか、ハンバーグとか、洋食屋さんの昔ながらの手作り感がいいですね。名前のドミはドミグラスのドミかな?
子供が気に入ったので定期的に来そうな気配。家族向けにいいお店だと思います。
[MAP]
(Mu-To)
Grilldomikosugi1 Grilldomikosugi2 Grilldomikosugi3 Grilldomikosugi4 Grilldomikosugi5 Grilldomikosugi6 Grilldomikosugi7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ネイバーズブランチ

立川まんがぱーくの北側にあるベーカリーカフェ。表参道のパン屋さん、パンとエスプレッソと、とコラボしたお店だそうです。評判を聞きつけてやってきました。

お店はカフェの方がメインのようで、パン売り場は少し小さめです。パンを3つほどテイクアウトしました。
写真左奥は、日本の食パン名品10選に選ばれたというムー(300円)。ネットで見た時は普通の食パンの大きさかと思いきや、10cm立方くらいの小さいサイズです。
生とトーストで食べてみました。生地としては、ほんのり甘味を感じるような味。耳の方に細かい気泡の層があるような食感で、ふんわりもっちりしています。パンの名品に選ばれているということで、他の食パンとすごく違うかというと、そうでもない気はしますかね。サイズも小さいし。どちらかというと軽い感じなので、個人的にはどっしりした一本堂の方が好みかなと思いました。

写真右手前はバターシュガー(110円)。プチアンジュで言うとエンサイマダ風の甘さです。ただこちらはもちもち感はない感じですね。
こちらで一番おいしかったのは、写真左手前のクリームパン(170円)です。中のクリームがふわっとしていて、甘さもちょうどいい感じ。そしてパンの生地がもっさりすることなく、タピオカ粉が入ってるみたいなもちもち感があります。これはかなりおいしいクリームパン。アカリベーカリーともいい勝負かなと思います。

ということで、価格は少し高めにも感じますが、どれもおいしいパンでした。カフェの雰囲気がおしゃれで、ムーを使ったフレンチトーストなども食べられるようです。場所的には立川よりは西国立の方が近そうです。
[MAP]
(Mu-To)
Neighborsbrunch

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧